オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm F4.8-6.7はライバルと比べて価格が高すぎる

PHOTOGRAPHY BLOGに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm F4.8-6.7のレビューが掲載されています。

Olympus M.ZUIKO Digital ED 75-300mm f/4.8-6.7 Review

  • インナーズームではないので、望遠側では鏡筒はかなり伸びる。ズームリングは十分な幅で固くも緩くもない。ズームの自重落下の問題はない。フォーカスリングは狭く、モーターによって駆動される(機械的に連結されていない)。フィルター枠は回転しない。
  • AFはE-PL2との組み合わせではとても早いが、瞬時に合うというわけではない。静物やゆっくりと動く被写体の撮影に限れば、AFは十分な速度だ。コンティニュアスAFで飛ぶ鳥のような被写体を撮影するにはAF速度が足りない。
  • 色収差の問題はなく、RAWファイル上で色収差の痕跡を見つけるのに苦労した。周辺光量落ちは開放では見られるが、大きくはなく、目立ちやすい被写体でのみ気付く程度。絞りは7枚羽根の円形絞りで、ズームレンズとしてはとても素晴らしいボケ味を実現している。
  • 75mmではF4.8で中央はとても良好な解像力(very good)で、F5.6まで絞れば素晴らしい解像力(excellent)になる。75mmでは周辺部も基本的に中央と基本的に同じシャープさだが、レンズに若干の偏芯があったため反対側の四隅はいくらかソフトだった。
  • 150mmでは中央はF5.6では良好(good)の結果で、F8では非常によい(very good)解像力になる。周辺部はここでも中央と基本的に同じ解像力だが、偏芯の影響がさらに大きくなり、反対側の周辺部はかなり甘い。
  • 300mmでは中央は開放(F6.7)から良好(good)で、F8では非常によい(very good)解像力、周辺部はF6.7とF8ではとてもシャープ。偏芯の影響は目立たなくなるが、周辺部は右側のほうがシャープだ。
  • 我々が遭遇した偏芯の問題を無視するなら、解像力は、ほとんどのF値と焦点距離で非常に良好と言っていいだろう。特に75mmでは単焦点と張り合うほどだ。ボケはズームとしては良好で、色収差は問題がなく、歪曲も許容範囲内だ。AFは早くはないが遅くもない。最も大きな問題は価格で、パナソニックの100-300mmと比べると価格が高すぎるように思える。

 

サンプルを見る限りでは、この大きさのレンズで換算600mmでこれだけ写れば上出来と言ってよさそうです。価格は確かにパナソニックの100-300mmと比べると高いですが、75-300mmはEDレンズを3枚(100-300mmは1枚)も使用しているので、光学系は75-300mmのほうが贅沢な作りですね。

2011年2月24日 | コメント(5)

コメント(5)

でも、このレンズどんな人がつかうのでしょうかね…一般的なPENユーザーが使うには随分マニアックでブサイク(望遠時)。写真愛好家が使うには微妙なスペック。どうせ上位版(HGかSHG)も出すんでしょうから、もっとロースペックでグッとお安くしとけばよかったのに。

換算600mmF6.7をレンズ内手振れ補正なしで、PENのボディで
使うのって何だかなぁ〜!
この焦点距離だと軽過ぎても売にはなりにくいでしょう。
やっぱり、この値段なら撮影像安定用でレンズ内手振れ補正を入れないと、
購入対象にはなりにくいですね。
私なら素直にライバルとなるパナソニック100-300mmがいいな。

私のようなものが普通に使っています。PENはボディ内手振れ補正もあるし、日中屋外なら特に問題ありません。
仮にHGやSHGが出たとしても、海外旅行に持っていくならこの小さいレンズになります。
近所の山や車で出かける先ならSHGでもかまいませんが、荷物を減らしたい時にはとても重宝するレンズです。といってもSHGは一本も持っていませんが。

発売されるのを楽しみにしつつ、発売後に価格見てひっくり返った一人です。まさかαのGレンズより高いとは…。しかもF6.7…。

でも、デキ自体はいいと思うので、価格が下がるのをのんびり待っときます(笑)。

 FTにおいての撒き餌とも言えたZ.D.70-300は、換算焦点距離から考えれば驚異的な価格であり、かつ0.5倍(換算では等倍)のテレマクロ機能を有していました。

 今回のM.Z.D.75−300は、FTユーザーから見れば、ちょっと微妙です。
 が、オリMFT機には、VF-2と言う強みがあるため、おそらく、私がFT機で撮影したよりも、ジャスピンな写真が量産される事でしょう。
 ただ、お値段は正直お高いと思います。ある程度以上の小型化には、やはりコストがかかると言う事ですね。

 安価な手抜きレンズを出しても叩かれるだけなのでしょうから、描画性能に妥協しなかった事は評価したいと思います。

 オリサイドは、マクロと魚眼が出れば(とりあえずコンバーターで対応?)、やっと一揃いになりますね。

 オリ公式コミュの住人が、一般的な方々なのか否かは判断いたしかねますが、MFT機で小鳥とか撮影されていらっしゃる方は少なくないですよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年2月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの次の新製品発表は3月2日?」です。

次のブログ記事は「ソニーがVario-Sonnar T*DT 16-50mm F2.8 SSMを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る