4月4日にNEX-C3と何らかの"サプライズ"の発表がある?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーの次の新製品の発表に関する噂が掲載されています。

(SR3) New Sony announcements/releases around April 4? With surprise? (SR5) No A77 or fullframe camera in April

  • ソニーの記者発表に関する情報を入手した。4月4日にソースが新しいNEX-C3とPLカムコーダーを発表するかもしれない。そして"サプライズ"が登場する可能性もある。このサプライズはα77ではなく、新型のフルサイズ機でもないと確信している。新規のソースからいくつかの情報を入手しているが、ここで公開する前に信頼できるソースから更なる情報の入手を試みている。

 

NEX-3後継機(NEX-C3)はこれまで4月発表で5月発売という噂が流れていましたが、今回は4月4日という具体的な日付が出てきました(信憑性はSR3なので確定ではないようです)。NEX-C3は16MPセンサーを採用して、NEX-5と下克上(?)が起きるという噂もあるのでスペックが発表されるのが楽しみです。

あと、「サプライズ」が何なのか気になりますね。Sony Alpha Rumorsの言うように時期的にα77の発表には少し早いですし、α900後継機は来年(?)と言われているのでこちらも関係なさそうです。また、NEX-7やα55後継機も夏から秋と言われているので、予想がつかないですね(レンズ交換式カメラのボディではないのかもしれませんが・・・)。

2011年3月 8日 | コメント(8)

コメント(8)

ソニーの潤沢な開発リソースには驚かされます。

企画段階でもう少し練って、決定版的な商品を出せば二強のシェアも脅かせそうですが、良くも悪くも電気屋さんなのが残念です。

とはいえ、サプライズが何かなのは楽しみですね。
ここ一年間くらいソニー発サプライズの連発ですので少々では驚きませんけど。

もしNEX-C3とカムコーダ、だとしたら共通点は、イメージセンサーくらいになってしまいますが。

だとすると、三層?それとも例の?
三層でPLマウント、三層でNEX?

ダイナミックレンジ拡張のアレやらを投入してくるつもりですかね。
もしそうなら、α33/55のときにやりそうな気がするのですが。

現実的にはEマウントのレンズをいくつか、
そんなもんじゃないかな、と思うのですが。

他社のミラーレスが増えてくる前に低感度も綺麗な裏面CMOSで差を付けて欲しい。

3層はないでしょ。FOVEONにパテント料払わないかんし・・・・。

それよりも、NEX-5のアップデートをもう一回ほど・・・。

レンズの同時発表じゃないでしょうか・・
実際、それを一番期待しています。

新開発のなんちゃらかんちゃかは、後でいいです。

3層ということだけで特許になるのですか?もし4層で作ると特許にならないのですか?同じ3層でも製造方法はいろいろあり、その方法が特許になるのと解釈しているのですが誤解でしょうか?

Sonyは、foveonのパテントを参考にした特許出願してなかった?受理されたかはわからないけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年3月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスのインタビュー記事が掲載「PENはプロ用機の市場にも投入される」」です。

次のブログ記事は「ニコンの3本の35mmレンズ(35mm F2D、DX35mm F1.8G、35mm F1.4G)の比較レビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る