キヤノンEF70-300mm F4-5.6Lは望遠端の解像力の低下が大きい

POP PHOTOに、キヤノンEF70-300mm F4-5.6L IS USMのレンズテストが掲載されています。

Lens Test: Canon 70-300mm F/4-5.6L IS USM

  • 300mmとしては適度にコンパクトで、総金属製の丈夫な造りの割りには軽い。キヤノンのこれまでのズームと異なり、フォーカスリングとズームリングの位置が入れ替わっている。三脚座は付属していない。
  • AFは完璧な速さと静音性。フォーカスリングはスムーズで適度な重さがある。フィートの距離目盛りは暗いグリーンで、とても明るい場所以外では見づらい。
  • スタジオでのSQF(解像力・コントラストの)テストでは、70mm~200mmでは期待通り最高(Excellent)レベルの値だが、300mmでは解像力とコントラストは"良い(good)"のレベルに2段階落ちていることに驚いた。これはニコンやシグマの70-300mmと同等のスコアで、キヤノンのEF70-300mm(非L)よりも若干甘い。
  • 歪曲はわずかで、歪曲の目立つ非Lの70-300mmよりも顕著に改善している。周辺光量落ちは300mmではF8で改善し、素晴らしく良好な値ではないが、非Lの70-300mm のF11よりは良い。手ブレ補整は我々のテスターでは3段分以上の効果があり、良好な性能だった。
  • このレンズは100-400mmよりは手軽で、70-200mm F2.8L ISよりも安価だ。光学性能は多く点で水準を大きく超えている。もし、L レンズの堅牢な造りが不要なら、300mmでは少しシャープで、そして近接性能も若干すぐれている非L の70-300mm F4-5.6 ISを使い続けたほうがいい。

 

キヤノンの望遠Lズームにしては解像力がそれほど高くない(EF70-200mm F4L ISやF2.8L IS II が優秀すぎるのかもしれませんが・・・)ためか、海外のレビューではやや辛口の評価もあるようですね。

とはいえ、デジカメWatchなどのサンプルを見る限りでは、このレンズは結構いい写りをしていて、少なくとも私が以前使用してた非LのEF70-300mm ISよりはずっと優秀なレンズという印象です。

2011年4月11日 | コメント(5)

コメント(5)

どうもこのレンズの海外レポートの評価は低いですね。

私はEF70-300F4-5.6LISを使い始めましたが、EF70-200F4LIS+×1.4エクステンダーの280mm域よりこのレンズの300mm域の方がシャープに感じているぐらいなので、ちょっとこのレポートには違和感を感じます。


どうしてもLレンズとしては疑問符が残る70-300ですが、デザインもちょっと微妙かと感じてます。性能も微妙なら10年先まで銘玉となる逸品ではなさそうですね。どうもキャノンのレンズはネームバリューに依存していて、ユーザー本位の良質なレンズが少ないですね。ゴーストやフレアのことももっと積極的に改善すべきだし、非USMの単焦点もリニューアルするべきです。カメラの進歩だけでは良い絵は撮れません!

このレンズも非Lも所有していますが、
非Lと比較すると周辺画像は比べるまでもなく、
望遠端も素晴らしい解像度です。
ASAKAZEも使ってみられることをお勧めします。

このレンズは防塵防滴にどれだけ支出できるかだと思う。

70-300DO ISと100-400 ISとを持っていますが、どちらも解像度、コントラストともに低く、いやになっていました。
とりわけ70-300DO ISは小さいだけが取り柄の使い物にならないレンズでした。それと比べて70-300Lは、コントラストも高く非常に良い写りをしています。300mm域の評価があまりに低い点に疑問を感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年4月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマSD15はRAWでの撮影が必須のカメラ」です。

次のブログ記事は「パナソニックG3は5月の第2週に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る