シグマSD15はRAWでの撮影が必須のカメラ

PhotoReviewに、シグマSD15のレビューが掲載されています。

Sigma SD15

  • ボディの造りとエルゴノミクスはSD14とわずかしか変わっていない。ボディのサイズもSD14と同じだが、重さは20グラム軽くなっている。造りはSD14と同じく頑丈だ。手応えのある実のあるカメラが好みなら、SD15のホールド感と使用感はとても快適に感じるだろう。
  • 操作性は他社製のカメラと異なっており、ユーザーインターフェースは風変わりだが、いったん慣れれば直感的に操作できるようになる。
  • SD14同様にSD15もスチル用に設計されており、動画はサポートせず、ライブビュー機能も搭載していない。
  • AFシステムは極めて基本的なもので、5点しかセンサーがなく、いずれもクロスタイプではない。AFは少々遅く、暗所では迷う傾向がある。AFアシストランプが届く距離は限られているので、夜景ではたいていMFが必要となる。
  • 画像処理エンジンTRUE II は処理速度が向上しており、バッファーも2倍に増えているが、新型機としては連写速度はとても控えめ(3コマ/秒)だ。
  • Foveonセンサーは比較的低い解像度にもかかわらず、ベイヤーセンサーよりも、よりクリーンで、より豊かな色だ。
  • JPEG出力はデフォルトの設定では少々ソフトな画質。Foveonのベストの色を引き出すには、Vividの設定を使ったほうがよい。
  • 長時間露光の結果はSD14よりもよくなっている。高感度はISO1600ではノイズが目立ち、ISO3200では画質が酷く劣化する。
  • オートホワイトバランスはSD14よりも顕著に性能が向上している。白熱灯下で暖色に転ぶ傾向は比較的少なく、その上、蛍光灯下でも自然なカラーバランスを維持している。
  • カメラのレスポンスはSD14よりも若干良くなっているが、AFは良いところと悪いところがあり、明るい場所では速いが、暗くなると迷いに悩まされる。暗くなったらMFを使うのが賢明だ。
  • SD15では多くの機能が進歩しており、JPEGが劇的に改善しているものの、センサーは以前のままだ。このカメラでは、ベストの結果はRAWファイルでないと得られないので、ユーザーは現像作業をする覚悟をしなければならない。他社のデジタル一眼レフと比べるとSD15はかなり高価で、購入を検討している人は、このカメラの利点と多くの機能が搭載されていない(または限定されている)点を天秤にかける必要があるだろう。
  • お勧めできる人:シャープで色彩豊かな画質のカメラが欲しく、RAWファイルの現像作業の覚悟ができている人。P/A/S/Mモードの撮影モードが必要で、他の付加機能は不要な人。
  • お勧めできない人:動画が必要な人。簡単に使える自動撮影モードが必要な人。RAW+JPEGの同時記録がしたい人。

 

SD15はSD14よりはかなり改善されたとはいえ、一般的なベイヤーセンサーを搭載した他社の一眼レフと比べると、まだ色々な点で気難しいカメラのようですね。 とはいえ、Foveonから得られる画像はそれを補って余りある素晴らしい画質ですね。

現在国内では、SD15が大幅に値落ちしていて、ボディが5万円台になっている販売店もあるようなので、以前に比べるとかなり気軽にFoveonの描写を味わうことができますね。ただ、より高性能なSD1の登場が間近に迫っているのが悩ましいところではありますが・・・。

2011年4月10日 | コメント(8)

コメント(8)

気持ちはすでに SD1
早く発表されることを願っています。

SAマウントで無ければ使いたいところです。せめてF,EFマウントでSDシリーズを用意してくれれば多分販売台数は3倍以上になるのではないでしょうか。

SD15のAFは中央がクロスタイプで、レビューが間違っていますね。

SD1はRAWデータがかなり重くなるため調整用現像モードが導入されるそうですが、
この調整用モードにはいろいろ制限があるそうです。
開発中のSD1ではRAW1枚のCFへの書き込みに10秒かかっているそうですし、
現像も含めるとSD15以上に気難しいカメラになるかも……。

現像も含めるとSD15以上に気難しいカメラになるかも……。

おっ~SD9の再来だね・・・4コマ進んで元に戻る(笑)

SD15はEF改造してる業者いなかったかな?

SD1が出るのが2年後ならSD15買うかもしれないけど、
今回はCP+で実際に使える状態まで持ってきていて、珍しくスムーズにSD1が出そうだし。(でも、ここでまた裏切られるかなw)

きっとSD1のマウント改造をする業者が出そうな気はしますが、でもキヤノンユーザでSIGMAレンズを使っている人も多いのでちょっと面白いですね。(共用できるようにしたいというのは理解しますが)

SD1待ち。

絶対有り得ないけどフォーサーズマウントで、センサーの左右がイメージサークルからハミ出る仕様なんて面白いんだけどね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2011年4月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L ISは古参だが今でもなお良いレンズ」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF70-300mm F4-5.6Lは望遠端の解像力の低下が大きい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る