ツァイスDistagon T* 35mm F1.4は軸上色収差が唯一の欠点

LensTipに、ツァイスのDistagon T*35mm F1.4 ZF.2のレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Distagon T* 35 mm f/1.4 ZE/ZF.2 - lens review

  • フォーカスリングは、快適で申し分のない重さがある。
  • 中央の解像力は期待通りで、開放から既に十分に実用になる。F2に絞ると40lpmm(D3Xできちんとした画質の基準となる値は30-31lpmm)に近い非常に高い解像力になり、更に絞ると、D3Xのセンサーで記録した最高の値(レコード)を破る値になる。
  • 周辺部は開放では甘いが、1段絞ればAPS-Cでもフルサイズでもしっかりとした画質になる。ここでは、価格が1/4のSamyangの35mm F1.4が開放ではツァイスと同等の解像力で、絞るとツァイスを超える解像力になるという点を除けば、(ツァイス35mm F1.4)の性能に全く文句はない。機械的な造りの点では、Samyangはツァイスに全く及ばないが、光学性能においては張り合っている。
  • 軸上色収差に関しては、これまでテストして同クラスの全てのレンズで問題が見られたが、ツァイスも同様で、同クラスのレンズの中でもよくない。この問題は深刻で、白い被写体を開放付近で撮影すると、容易に紫の色と縁取りが付いてしまう。
  • 倍率色収差は開放付近では中程度のレベル、絞った場合は中~低いのレベルで、軸上色収差に比べればずっとよく補整されている。ここでは、ツァイスはニコンやキヤノン、ソニーのライバルに勝っているが、Samyangには負けている。Samyangの倍率色収差の補整は、このクラスでベストだ。
  • 歪曲はAPS-Cで-0.74%、フルサイズで-1.48%のタル型で、どのライバルもよく似た値だが、ツァイスが最も優れている。歪曲はフルサイズでさえ問題はないレベルで、賞賛に値する。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは開放で32%(-1.1EV)で顕著だが、F2では大きく改善し17%(-0.53EV)になる。F2.8以上に絞れば問題は解消する。レンズが大きいので、もっと良い結果を期待したが、ツァイスはSamyangや小さなソニーの35mm F1.4に負けている(ニコン、キヤノンとは同程度)。
  • フルサイズでの周辺光量落ちは、開放で55%(-2.29EV)で容易に目立つが、ライバルと比較すると(APS-Cの時よりも)若干良くなっている。F2でも36%(-1.27EV)で、周辺光量落ちはしっかり認められるが、F2.8とF4では17%と8%で"低い"~"気にならない"レベルになる。
  • 逆光耐性は特別に悪くはないが、感心するほど良いわけでもなく、ニコンや安価なSamyangに負けている。
  • このレンズは中央は際立ってシャープだが、一方で周辺部は安価なSamyangに負けている。過度に悲観的な結論は出したくないが、おそらく、我々の期待(ツァイスにすべてのライバルを打ち負かして欲しいという)が大きすぎたのだろう。テストでは多くのカテゴリーで素晴らしい結果で、鏡筒のクオリティは実に素晴らしいが、軸上色収差が大きいことが唯一の欠点だ。

 

結論はあまり肯定的な口調ではありませんが、テストの結果はとても良好だと思います。光学性能は、カテゴリーによってライバル(ニコン、キヤノン、ソニー、Samyangの35mm F1.4)に勝ったり負けたりですが、ライバルも高性能なレンズばかりなので、数値での圧勝を期待するのはレビュアーも言っているように、期待のしすぎかもしれませんね。後は、数値に表れない"味"の部分での違いが気になるところです。

2011年7月 5日 | コメント(7)

コメント(7)

CanonのF1.4Lと比較して優位を語られても、旧世紀のモノ(1998年発売)なんだから勝って当然かと。
そのけなされたCanonはリニューアルの噂が出ては消えていますねぇ、周りが出揃ったところで来てくれるのでしょうか?(^_^;)

>K’さん

レビュアーはキヤノン35mm F1.4Lをけなしていませんし、
キヤノンに勝った(優位)と結論づけてもいませんよ。
今一度、レビューの内容をご確認ください。

うーん。
ツァイスにしてはあまりよろしい評価ではないですね~。

やはりF1.4の大口径レンズは設計が難しいのでしょうかね。

しかし、さりげなくSamyangのレンズが優秀なのには驚きました。

キヤノンのレンズは決して時代遅れでは無いと思いますけどね。
レビューにあるように勝る点もあれば劣る点もあるわけで…。

むしろソニーの35F1.4こそ旧ミノルタの遺産で、以前のレビューでボロくそに言われていました。

CONTAX時代のレンズと比べて、どのくらい違いがあるのか知りたいですね。

Samyang製品、知らなかったですが
これ見てると少し使ってみたくなりました。笑

期待してただけに、様子見ですかね、、、

今は、Zeissだからズバ抜けて良いと言う事は無いですからね。レンズの味は、どうなんでしょうか? ZeissよりもSamyangレンズが少し驚きですね。たまにオールド・レンズM42/Kマウントで韓国製を見かけますが、Samyangと関係あるんでしょうか?
> CONTAX時代のレンズと比べて、どのくらい違いがあるのか知りたいですね。
富岡光学の血を受けついでますから、私も知りたいです。でも、今のコーティングに比べて古いからどうなんでしょう...

Samyang評判良いですね。あの価格でこの性能は素晴らしいかもしれません。ある意味Samyangの性能を浮き上がらせましたね。

サムヤンは85や魚眼だか超広角は店頭に並んでるんですが
35mmは見かけません。
35mmはミノルタ2型(モールド非球面)、
ソニー版と使ってますが
人物中心なので描写としては好ましいですが、
スッキリした絵が撮れるモノも魅力的ですね。
(α35/1.4は像面湾曲が大きいのだか良くボケる)
平面やチャートはからっきし苦手のレンズw
サムヤンはあと5000円高くて良いから鏡筒など仕上げが良いと
欲しいかも。
むしろ光学系をOEMのほうが変なバイアスや視線も気にせず
みんな使いやすのかな。
レンズは韓国製、組み立て調整品質保証は日本みたいな。
それか無国籍なブランド名。
MFでもAFレンズ並に大きいのが唯一マイナス要因でしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムの常務がレンズ交換式ミラーレス機の発売を検討中であることを明言」です。

次のブログ記事は「パナソニックG3の高感度の画質はAPS-C機(D5100、Kiss X5)と同等かそれ以上」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る