富士フイルムX10のサンプル画像が多数掲載

LensTipに、富士フイルムX10の製品版で撮影されたサンプル画像が多数掲載されています。

Fujifilm X10 - sample images

  • ワルシャワで富士フイルムポートランドによって開催された記者発表の間、我々は、富士X10の最終バージョン(製品バージョン)を使って何枚かのサンプル画像を撮影する機会があった。全てのサンプル画像は、JPEG撮って出しで、シャープネスの設定を最低にし、ノイズリダクションで最も弱い設定を選択している。

 

LensTipのサンプルは、素材性を見るためなのか標準設定以外の設定で撮影しているので、全体的にソフトで画質の傾向が少々分かりにくいですが、レンズは周辺部までよく解像しているようですし、自然な絵作りで画質はなかなか良さそうですね。

ノイズはISO800くらいからザラザラした感じ(ノイズリダクションを弱めに設定していることもあると思いますが・・・)になるので、高感度はセンサーサイズなりと言ったところでしょうか。

2011年10月 8日 | コメント(37)

コメント(37)

ほんと外人さんはぼかさないですね(^_^;
ISO800のバーの画像では遠くのボトルもしっかり見えるし、街並みの遠景もコンデジとは一線を画す印象です。
一昔前のハイエンドコンデジに使われていた2/3インチCCDと比べると若干眠いけど設定次第で良くなりそうで期待できます。
あと気になるのは視野率85%の光学ファインダーの使い心地だけです。

http://digicame-info.com/2011/09/x10x100g12sn.html
「ISO100での解像力はX10がトップで、APS-Cセンサー+単焦点レンズのX100の値を上回っている」という記事を読んでかなり期待しておりましたが・・・サンプルを見る限りでは少々期待はずれですね。レビューや他のサンプルを見て購入するかどうか判断します。

記事本文にも記載してありますが、LensTipのサンプルはいつもシャープネスを最低(最もソフト)に設定して撮影しているのでご注意ください。

サンプルを見る限りでは、高感度は確かにISO800~はノイズが乗りますがISO3200まではISO800とほぼ同程度のノイズ量に見えますね。しかし、絵の方は今一歩パリっとしてなくて眠い感じです。この辺はX100の絵作りを真似たのかもしれませんね。でもこの絵だったら6万も出して買うより他のコンデジでもいい気もしてきますね。デザインが欲しい方は買いでしょうけど。

個人的にはすごく好み
ノイズはたしかにありますがデジタル臭さが無く
フィルムスキャンに近い素材重視の絵

女性の唾液、生え際、鳥肌が立っている腕の微妙な
ディテールがうそ臭くなく再現されています

高速の動体を撮ってるわけでもないのに、明所でわざわざ高感度画質を見せる意図は?
暗所など、実際に使用するシチュエーションでのサンプルが見たいですね。

六本木、富士フィルムスクエアで、X10をいじってきました。ボディ関連は素晴らしく上質。でも光学ファインダー内に表示が無いのはちょっと残念。

話題の絵作りですが(背面の液晶で見ただけなので、印象というか思い込みかもしれませんが)、コンデジにありがちな「シャープネスバリバリでコントラストくっきりで、無理やりキレイに見せている」絵とは、一線を画する上品で上質な絵、と感じました。ここらへんはX100に通じるものがあるという印象です。
もっとも、現代的なクッキリハッキリな絵が好きな方には、薄らぼやけたハッキリしない腑抜けな絵、という印象を持たれるかもしれない、と感じました。
まあ、そこらへんは設定でどうにでもなる領域ですが。
あくまでも背面液晶を観て、の感想です。

画作りは個人的に好感が持てるなあ,と思いました。
志鎌さんがおっしゃるように,上品さと上質さを感じます。
サブ機で使うなら,こういう味わいのカメラがよいかな,と思います。
欲しくなってきました。

個人的思うのは、FinePix X100 よりこっちの方が、発色や解像感が良く見える、ということと、これ以上の高画質は、もはや自分には不要、と思えるレベルだということです。意外と、2/3 センサーが自分にとってのベストバランスなのかも知れません。結局、なんだか、こういうカメラをずっと待っていたような気がします。大センサー信仰みたいのからは、完全に足を洗えそうです。

綺麗ですね

でも、いまさら2/3センサーかあ
DMC-LC1がいるので、今回はパスです。

>全てのサンプル画像は、JPEG撮って出しで、シャープネスの設定を最低にし、ノイズリダクションで最も弱い設定を選択している。


なるほど! それで・・・

標準設定での晴天下での風景写真が見たいね。

パナのGF1,GF2の異常なシャープネス設定も嫌ですが。

贔屓目で見たとしても、正直並ってとこじゃないです?

カメラの性能が分かるような作例も期待したいですね。もっと寄った写真とか、ボケを活かしたポート、階調再現能力が分かるようなものを見たいです。

でもカメラのデザインだけで買っちゃいそう。
取り敢えず、ニコンのフルサイズの仕様と販売時期の発表を待って判断しようと思います。

購入するとしたら、フードとケースも一緒にかなぁと考えているのですが、フードしたらケースの蓋は出来るか知りたいです。

フジには酷かもしれないが、所詮2/3型センサー機でキヤノンG12等1/1.7型センサー機のブラッシュアップ版で4/3以上のセンサー機とは別ジャンルでしょう。
使いどころを考えると、もうちょっと沈胴してほしかったというところでしょうか。
キヤノンやニコンの次期ハイエンドコンデジの動向が気になります・・・

色はペラペラしたデジタルっぽい写りだけど、細部まで良く解像してるのはさすがX100の弟分といったところかな。シャープネスを弱めると小型センサーのノイズによる粒状感が和らぐ一方でネムくなるので、デフォルトのJPEG画質は他社のコンデジ同様に輪郭強調がきつめなのかも。X100は標準(プロビア)でもこれくらいネムい。
高感度は初期のM4/3並で案外健闘してるけど、さすがにX100と比べると2段は落ちる。便利なズームはあれど、X100ユーザーとしては絶対的な安心感があるX100と比べるとうーん、という印象。このセンサーならF2を切るような単焦点と組み合わせたコンパクト機の方がサブとしても使い勝手よさそう。

かなりの曇天で、シャッキリしない天気なのが惜しまれますね。
そのせいか、風景写真が、ほとんどF2.2などで、絞り込んでいない全体的にボヤケたフォトで、本来のレンズ描写性能がまったく見れないのが残念です。

低感度・晴天・絞り込んだ状態で、三脚などを使ってしっかり描写条件を整えた風景写真が見たいですね。

それでも少なくともセンサー性能は判別できますね。
ISO800以上の感度では、F31fdと比べると格段の進歩をしています。
フジで、F31より画質で上だったのは、S100FS (注意:F100fdではありません)のみで、APS-Cのものを除けば、あれがコンデジ史上トップの画質だったと私は思っていますが、そのS100FSよりさらに高感度画質が向上しています。

ISO1600/ISO3200のセンサー性能はコンデジ史上、例を見ない画質でしょう。(くどいようですがAPS-Cセンサーのものを除けば)
1/1.7CCDとは完全に一線を画していると思いますよ。

もっともX100とは比べちゃダメですね。あれは一眼の中に混ぜて比較しても上位の写りですから。

カメラ側の設定がソフトということもありますが、皆さん言われているようにデジカメにありがちな変にカリカリしたデジタルさを感じる部分が皆無で、等倍ではかつてのフィルム写真をそのまま拡大して見ているかのような雰囲気が私にはすごくアナログチックで心地よいです(今のフィルム現像もマシンがデジタルになりカリカリ傾向になってしまいました)。ただデジタル全盛の今となってはこれをピントが甘いと見る向きもあるでしょうね。(今回はソフト設定だそうですが)ソフトでも芯をきっちり感じる描写と思いますし、私は懐かしさすら感じてしまいましたが。

天気の良い日に撮ってもらいたかった

高感度は目を瞑るとしても低感度のノイズ感は皆さん気にならないのでしょうか、シャープネスよりも気になります。
一部の画像の周辺部にフリンジと流れが見受けられますけど、これが最終版としたら2/3型センサー機として割り引いてもとても無理、Qなら用途次第で使えるとは思うのですが。

分かるんだけど、日本人ってどうも引き算の評価しか
しないなあ・・・

わずかでもノイズがある絵は叩かれがちで、
ディテールが残ってるとか諧調が自然に出る
ってのはあまり評価されない
メーカーもそういう意見を訊いて結局
ノイズリダクションで上手く化粧しちゃう

X100は素性はいいんですが、なんかつるっつるの絵で
デジカメ初心者向けじゃないか?と思ってるんですが

確かに拡大してみればノイズありますけど、この種類のノイズは自分はあまり気になりませんね。殆どの人が最終的に各チャンネル8ビットの環境で見るのでしょうから、ディザの無い状態ではトーンジャンプが出てしまう以上自然な諧調感や質感再現のためにはノイズは非常に重要な要素です。もちろん、14bitRawをネイティブで表示できる環境がある、なんて人なら別でしょうけど。

でものこテストみたいに、設定を標準からいじってテストするって、何か意味があるのでしょうか?最低設定が各メーカー共通基準で作られているわけでは無い以上、かなりナンセンスなテスト方法に感じます。

画作りとか印象とか、そういう心の目で見るようなマネをしようとすると、暗黒面に堕ちます(笑)。あなたの心を欺くのなど簡単です。最新の画像処理エンジン怖いです。
レンズよりはセンサーの特性を分析的に探るような作例が多いと感じます。4/3勢とはおおよそ1段分の差(G3比だともうちょっとあるかも)。NR強度最低との事ですが、色NRだけはキッチリと掛かってますねこれは多分。
ただこれは偽色抑制のためかもしれなく、そうなるとローパス強度をうかがえるような作例がないのはなんとも残念。

期待していただけにこの残念画質はいただけませんねぇ…。
性能そのままで他のコンデジよりお高めなのはデザイン料ってことですか…?

シャープネスをあまり弱められてしまうと、解像度がつかみにくいですね。
もっとも自然に見えるシャープネスの強さというのが必ずありますから。
ディテールはよく残っていますが、コンデジ臭い描写の甘さも見えますね。ノイズ除去はこれくらいでいいと思います。

このカメラ、単に作りが高級なだけの、なんちゃってX100なのかと思って公式サイトを見たらビックリ。ソニー顔負けの飛び道具(パノラマや高速連写)が満載なんですね。ポーランドの写真も他のコンデジとは別次元です(人物の目にピントが合ってない写真が多いのは??ですが)。

画質にがっかりというご指摘も多いようですが、こと絵の眠さという点では、私が使っているトランスルーセントミラーandCMOSセンサーのα55も撮って出し写真はけっこう眠たいですよ。

連写や高感度特性の良さ、100ミリ相当を超えるテレ側の焦点距離、大型外付けフラッシュが装着可能、それでいて軽いなど、私が追い求めてきた「仕事カメラ」としては最高の製品だと思います。デザイン面も含めて。これまでこのジャンルの最高だったオリンパスのXZ-1を上回る出来じゃないでしょうか。

コニカミノルタ_ディマージュA200の画像かと思った。
やはり映像センサーの大きさの影響か、ニコン1の方が画質良さそう。

残念です。出すのが遅かった感がある。

瞳にピントがあっていないような・・・でも何となくいい感じ。
それよりも気になったことが、ひとつ。(機構面で)
ダウンロードした取説をよく読むと、光学ファインダーには「一切の情報表示はありません」!!!ということはAFエリアもないってことですよね。こりゃ考えものです。。。購買意欲がややそがれました、、、少し高くてもいいからX100のような情報表示が欲しい!

確かに眠い写真で、その割にノイズはあるのですが、
ノイズの素性がよくて、違和感がないところには好感を持てます。

浅めの色合いと眠い画はfujiの特徴でしょうか?
細部の解像はそれなりに高そうですが、パッと見、印象の薄い写真ですね。


しかし、このカメラの最大の特徴は、デザインと光学ファインダーじゃないでしょうか。
持った時/シャッターを切った時のフィーリングがよければ、多少の画の悪さも吹っ飛んでしまい、皆さん購入されるのでは?(^^;


画像を見ていると、シャープネス最低というのは文字通りの意味ではなく、ソフトネス+のような印象を受けます。
斜型配列センサーなので単純にこれがセンサーの素ですという絵は原理的に出せませんし、プロセッシングの味付けを変更するという意味合いと取ったほうが良いかと思います。
作例の絵は見たままを自然に落とし込んだように見えて、とても好感触です。
個人的に本命のDRモードはどんな絵なんでしょうねー。

ある意味これも(高級)フィルムカメラがデジタルになっただけ
ですのでシンプルで良いです。
使い出のあるカメラで秋の購入候補です。

普通この手の光学ズームファインダーには表示は出ませんよ~
そもそも位相差AFのようにフォーカスエリアすらないですし。

画像は標準ではなくあきらかにソフト描写にゲージが
入っているのでしょう。
サンプルでソフト最大、標準、シャープ最大と
あれば良いのでしょうが。
どう考えてもセンサーサイズとレンズから言えば
MFT以下パワーショット以上のところに落ち着いて
当然だと思います。
悲観するのはまだ早いでしょう。

ある意味差別化なのかもしれませんが、X100のように凝らずに良いから、ファインダー内に絞り、シャッター速度、露出モードぐらいの情報表示があると良かったですね。
また、実際に確認するしかないですが、光学ファインダーでもピントの山を確認出来るか気になります。

デジ一眼は、OVFがいいですけど、コンデジの場合、機能性が落ちるならEVFでいいかなぁと思います。視野率も低いし。

撮像前にヒストグラムが確認出来たり、一歩進んだ部分もあるから、期待しているんですが。

最初は予約するつもりでしたが、お店で実機を触ってから、判断しようと思います。

>エルリックさん
ピントの山は確認できないと思いますよ。
というかただ画角が変わるだけの素通しファインダーだと思いますので。
絞りを変えようが、ピントを調節しようが、なにも変化のないファインダーかと思います。

蛇足ですが

ピントのピークがわかる光学機構だと
【2眼(レフ)】と同じでしょう。
接岸部にプリズムでも入ってれば冗談で「レフです。」
といってみるのもいいかもw(カメラ談義として)
その光学を電子的にピント確認できる用に置き換えたのが
X100で良いかと。

あくまでも画角確認用、後付け(ズーム)ファインダーが
内蔵されてるだけでしょう。
なんらサプライズはないと思います。
スナップならAF中央固定か広角域で固定焦点に深深度絞り、
むしろ今そこにある、即写せるが基本でそのために手動操作部が
多く、作品撮りで拘りたければ背面液晶でじっくり撮ることも、
スタジオで大型ストロボ使えば一眼の大フォーマットとも変わらない写真が撮れるカメラのつくりです。
その懐の深さと作りの世さと可搬性の世さがポイントかと。
GRやX100ほどエッジでもないところが良いのでしょう
(明るいズームとか対応できるものも多い)

なんでも電子的に出来ちゃうと考えてる方多いいのかな。
どうでしょうコンタックスG1、G2あたりを
覗くと理解しやすいのかな。

接岸部にプリズムでも > 接眼 です

深さと作りの世さと> 良さ です


スミマセン。

JPGでこれなら、RAWで弄り甲斐がありそうな素直ないい画像だ。
期待できそうな気がする。
なんかフィルムで撮ったような感じなのがとてもよい

10日ほど前、六本木のFUJIFILMで実機を触ってきました。
先ほども店頭で発売された実機を改めて確認しましたが、コンパクトデジタルとしてはなかなかの出来栄えだと思いました。
画質についてはいろんなご意見がありますが、昨今のデジタルカメラでしか写真を撮ったことのない方からすれば致し方ないのかもしれません。
ただ、デジタルカメラは逆に言えば設定次第で様々に画質も変更できる領域が大きいため(現像ソフト側でも広範囲に表現変更できる)、細かい点をあげつらうこと自体ナンセンスな気さえします。

むしろ、このカメラは写真を撮る道具として優れていると思いますが、その点については写真に対するスタンスによって異なってきますね。
光学ファインダーは、外付けのものが内蔵されてさらにズームがついたと思えばとても便利だし値打ちのあるものだと思います。
そもそもレンジファインダーの外付けファインダーにはなんの表示もされていませんでしたからね。
なんでもカメラにフルオートで写真を撮らせるというスタンスからすれば、ファインダーに表示をという要望も出てきてしまうんでしょうが、撮影前に設定してあとは被写体に向かうことに専念するというスタイルならば、X10のファインダーでも十分だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2011年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが近日中にDistagon 16mm F2.8を発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがオランダで10月18日のイベントの招待状を配布中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る