シグマ30mm F2.8 EX DN は開放からとてもシャープなレンズ

superflexible.comに、シグマ30mm F2.8 EX DN(m4/3用)のレビューとサンプル画像が掲載されています。

Sigma 30mm F2.8 EX DN Review by Tobias Giesen 
 (via 43rumors、サンプル画像はPage2に掲載されています)

  • レンズの感触は良好で、AFは速く無音に近い。AFはパナソニックの20mm F1.7より明らかに速く、より静かだ。フォーカスリングはプラスチック製で、ラバーの無いいくつかのパナソニックのレンズと同じような感触。インナーフォーカスなので、フォーカシングでレンズは動かない。
  • MFでは無限遠から近距離側にフォーカスするとモーター音が聞こえるが、逆方向のフォーカスでは音はしない。従って、このレンズはオリンパスやパナソニックのベストなレンズほど静かではない。MF時の(モーターの動く)ステップは非常に細かいので、至近距離でも狙ったところにピント合わせができる。
  • 描写はF2.8からF8までを通して、画面全域でかなりシャープだが、際立ってシャープなわけではない。F11からは回折の影響で画質が甘くなり始める。
  • 周辺光量落ちのテストは行なっていないが、このレンズは大きなイメージサークルを持っていることもあり、テスト撮影では問題はなさそうだった。
  • 問題点は色収差で、興味深いことにパナソニックのボディでも色収差が自動補正されない。このことはDMC-G3で確認した。
  • オリンパスのボディに装着すると、ライブビュー中に絞りの音(クリックノイズ)がする。私はこれはレンズの問題だとは考えていない。面白いことに、AFモーターの音は絞りの駆動音よりもずっと静かだ。
  • サンプルはE-P3で撮影し、カメラ内でJPEGに現像したもの。

 

サンプルは絞り開放で撮影されていますが、本棚の写真を見る限りでは、四隅が若干甘いのを除けば開放からしっかりとした描写のようですね。記事で指摘されているように、周辺部の倍率色収差は少し目立つように感じます。あとは、遠景を絞り込んで撮ったサンプルも見てみたいところですね。

色収差はパナソニックのボディでも補正されないということですが、サードパーティー製のレンズでは収差の自動補正は機能しないんでしょうか。

2012年2月24日 | コメント(18)

コメント(18)

Eマウント版はまだ発売未定なんですねー
最短30cmというのは少し厳しいな
発売されたら純正の30mmマクロと比較して欲しい

最近のシグマレンズと同様、中央は非常にシャープですね(まあ、m4/3で使えばなおのことでしょうけど、、汗)

ただ、もう一段明るく、寄れるレンズだと、撮影の幅が広がるのにと思います。
そこが残念..


AFも比較的速いようですし、60mm equiv.になるm4/3では屋外スナップ用レンズとしては良い選択肢かもしれませんね^^

マイクロ4/3賛同企業ですので、サードパーティーとは言えないでしょう。

マイクロフォーサーズより早くEマウントを出して欲しいです。

二枚目のページの下にある、左の列のサンプル(Kinkelという文字)を見る限り、絞り開放の解像度がいちばん高く見えるのはいいことですね。

鏡胴のデザインも同じシグマのフルサイズやAPS-Cのレンズ(ちょっと下品な金のラインが通っている)より高級感があるようにみえます。もしかすると、マイクロフォーサーズのレンズではいちばんいいデザインかも。

いくら安いとはいえ、mFTには25mm f1.4(最短撮影距離も同じ)があるわけで、
積極的にこのレンズを選ぶ意味は少ないかも。

もうちょっと広角寄りの標準が良ければ20mm f1.7があり、
望遠側に伸ばしたければ45mm f1.8があるという・・・(どちらも十分安価で、かつ明るい)。
それだけmFTはレンズの選択肢が豊富、ということでしょうか。

回折現象というのはこんなに像を甘くするのでしょうか?
F22ともなると顕著ですね。
やはり、F1.8か、1.4ぐらいのレンズも出して欲しいですね。かっての標準レンズのように使える・・・。
F2.8ならもう少し?薄く、パンケーキを目指して欲しかったと思うのは、私だけでしょうか?

何か、中途半端な印象が免れませんネ。
レンズ専門メーカーは、まだ、ミラーレス用レンズに慣れていない(ノウハウが蓄積されてない)のでしょうか?

あえてM4/3ユーザーが選ぶレンズではないだろう。とにかくEマウント用を早く出して!

個人的には単焦点ならば最低でもf1.8クラスの
明るさは欲しかったです........と言うか、
f2.8ではズームレンズでも対応できる場面も
多いので大きさも焦点距離も更に微妙かな。
小さくするならパンケーキサイズに、大きくするなら
手振れ補正込みとか、そのどちらでもなく、
安いだけでは、単焦点って目的がある人以外は
買わないので、売れないと思うけど........。

コシナに目を向ければf0.95なんていうレンズも
同時期に発表されると、更に中途半端な感じが残ります。

m4/3用も、Eマウント用も、ボディのレンズ自動補正に対応しなさそうなのが気になりますね。
収差が補正できない、小型軽量化を図れない、または逆に同じ大きさでも明るくできないなど、
小型なミラーレス機用としてはデメリットの方が大きい意かも。

ボディのファームアップで
サードパーティ製のレンズにも自動補正対応する可能性はあるような

Eマウントではレンズ収差のデータをレンズ側に持たせてるなんて話を聞いたこともあるけど、コレはどうなのかな?
タムロンズームでは補正できてるらしいですが

Eマウントと共用・・・・・・
これが一番の制約だろうね。

それにしても
マイクロのレンズにしては魅力が乏しすぎる。

皆さん書かれているように、μ4/3専用設計でない(Eマウントと共用)な時点で、コンパクトさに欠ける。周辺部には余裕あると思うけど、画角的にも20mm/F1.7、25mm/F1.4、45mm/F1.8を持っていると、あえて買おうという感じにならないですね。

さらには、35mm/F2.4マクロも予定されているし、SLR
Magicからは26mm/F1.4なんてのもありましたね。

シグマには、Eマウント共用の設計ではなくμ4/3専用設計で、収差の補正もできるレンズを投入してほしいですね。

共用設計にするのなら、いっそのことEマウント/μ4/3マウント変換アダプタでもつけて…(爆)

Eマウントのために設計されたレンズと言っても過言ではないし.....
いくら市場の割合的に多くてもμ4/3用は売れんだろ。

むしろなぜEマウント用を出し渋っているのかわからない。
調整に時間がかかっているのかもしれないけど、ただないがしろにされているだけな気もする。早く出してほしい。

Emountは例のマゼンタ被りが出てたりして。

OM-Eでマイクロフォーサーズデビュー予定の者です。
シグマの技術力をもってすれば、純正でなかなか出ない「ニッパチ標準ズーム」を実売4万円台、重さ400g台で実現できると思うんですが……。これ出たらまちがいなくオリパナにプレッシャー与えますし、しばらくの間はステップアップの定番レンズとなるでしょうに。
単焦点はすでに純正で20mmF1.7・25mmF1.4・45mmF1.8をはじめ、サードでもコシナのF0.95が2本、トキナーの400mmミラーレンズなど、いろいろ揃っていますので、シグマの存在感を示せるとすればむしろ明るいズームだと思います。

手振れ補正が付いていれば欲しかったかも。
あんまり明るくないのだから、室内撮りではあると便利なはず。
パナユーザー限定のご利益ですが、手振れ補正があって当たり前
のコンデジステップアップにもウケるのでは。ぜひ次はお願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年2月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD800とD700の高感度の比較サンプルが掲載」です。

次のブログ記事は「EOS 5D Mark II 後継機は7Dとの統合機で名称は5DX?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る