富士フイルムXF18mm F2Rは中央は素晴らしいが四隅は絞らないと甘い

photozoneに、富士フイルムXF18mm F2R のレビューが掲載されています。

Fujinon XF 18mm f/2 R (Fuji X-Pro1) - Review / Test Report

  • 鏡筒は、金属製のパーツがしっかりと組み立てられており、造りはとても良好だ。フォーカスリングはスムーズに回転する。フォーカシングでレンズは若干繰り出すが、前玉は回転しない。
  • AFは内蔵のマイクロモーターによって駆動されるが、作動音は若干ある。AFスピードは良好だが絶賛するほど速いわけではない(特にm4/3と比べた場合には)。動体追尾は、あまり頼りにはならない。AF精度はとても良好だ。MFはバイワイヤ(モーター駆動)だが、被写体との距離はEVFと液晶モニタで確認できる。
  • 歪曲は自動補正されている状態では1.5%の穏やかなタル型だが、サードパーティー製の現像ソフトを使って未補正の状態で計測すると4.8%の極めて大きな値だった。高価なレンズとしては若干残念だが、m4/3やサムソンNXのレンズも同じようなアプローチだ。
  • 周辺光量落ちは開放で0.8EV(RAWでは1.1EV)の良好な値で、絞ると改善するが、F8まで絞っても中程度の周辺光量落ち(0.5EV)が残っている。とはいえ、これはそれほど問題になる値ではない。
  • 中央の解像力は開放はとても良好(very good)で、周辺部も良いが、四隅は非常に甘い。F2.8に絞ると四隅の解像力は向上するが、四隅で良い(good)~とても良い(very good)の解像力を得るにはF4-F8に絞る必要がある。このレンズには若干像面の湾曲があり、これを埋め合わせるためには、少なくともF8に絞ったほうがいい。
  • 倍率色収差は富士のレンズの弱点だ。開放では穏やかな値だが、中程度まで絞ると色収差は1.8ピクセルに達し、色収差が目につき画質の低下を感じるだろう。
  • 最近では小さいことは良いことだとされているが、性能の面からはこのレンズには良い点と悪い点がある。中央の解像力は素晴らしく、周辺部もきちんとしているが、四隅はF2とF2.8ではあまり芳しくない。F4まで絞れば改善するが、像面湾曲があるので、よい結果を求めるならF8まで絞るべき。AF速度は富士のウィークポイント。光学性能を考えると価格は少々高目だ。

 

光学性能の評価は5点満点で2.5~3点と平均レベルですが、最新の単焦点としては若干厳しめの評価かもしれませんね。ウィークポイントとして四隅の解像力が指摘されていますが、サンプルを見る限りでは、ある程度絞れば風景等でも問題はなさそうです。

2012年6月18日 | コメント(5)

コメント(5)

安くない単焦点としては、若干物足りない評価でしょうか。
しかし、新しいレンズはまだでしょうかねぇ。

この広角レンズの性能がいまいちなのがX-Pro1の購入を思いとどまらせる

35mmは文句なしだが換算50mmだけでは扱いづらいし、
早くX100相当の23mmレンズ出せばいいのに

APS-Cはテレセン性が追い付かないねぇ。。。

フィルムでは非の打ちどころがない描写のG Biogon 21mmも、アダプター経由の作例では周辺が盛大に流れていました。
なのでXF 18mmがことさら悪いというより、(ケレラさんのいうテレセンも含めて)おそらくはボディ側(Xマウント)の問題ではないかと思っています。
昔のデジカメに比べれば改善されているとはいえ、ここまで短いバックフォーカスは、やはりムリしているのではないでしょうか…。

ワイコン付のX100とどれくらい違うのだろうか?
気になる...


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年6月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスOM-D E-M5の画質は嬉しい驚き」です。

次のブログ記事は「パナソニックが行ごとに露出時間を調整してセンサーのダイナミックレンジ等を改善する特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る