キヤノンのミラーレス機に関するいくつかの噂が掲載

Canon Rumorsに、キヤノンのミラーレス機のレンズとボディに関する噂が掲載されています。

Canon Mirrorless Information [CR1]

  • キヤノンのミラーレス市場への進出が間近に迫っていることに伴って、少しだけ追加情報が入ってきている。

    レンズ: ミラーレス機は新マウントになると聞いており、これは多くの人の予想通りだと思う。このカメラは、少なくとも2本のレンズとEFアダプタと共に発表される。レンズのうちの1本は広角のキットレンズで、もう1本は望遠レンズになる。EFアダプタがEF-Sに対応するか否かということについては情報が無いが、そうなるように願っている。

    キヤノンが発表した24mm、28mm、40mmの新レンズが、最初の小型単焦点シリーズになっているのは、これらのレンズがEOSとミラーレス機で威力を発揮するように意図されて造られているためであることが示唆されている。

    ボディ: ミラーレス機のボディに関する噂は漠然としている。今でもなおG1 X の1400万画素CMOSセンサーの採用が示唆されている。高感度性能は良好で、動画性能は平均的なものになる。動画に焦点を合わせた機種も、将来、登場するかもしれない。

 

裏付けは取れていない情報のようですが、EFレンズのマウントアダプタが同時発表されるという噂は、先日取り上げたNortilight Imagesの噂と共通する内容ですね。ミラーレス機で、EFレンズの性能がフルに引き出せるような仕様になることに期待したいところです。

また、キヤノンが暗くコンパクトな単焦点(24mm・28mm・40mm)を続けざまにリリースしてきたのは、確かに、ミラーレス機での使用を考えてのことかもしれませんね。

ボディに関してはあまり華々しい(?)スペックの噂はありませんが、G1 X ベースの堅実なスペックになるんでしょうか。

2012年7月 3日 | コメント(28)

コメント(28)

「24mm、28mm、40mmがミラーレス機で威力を発揮する」ということは、フルサイズなんでしょうか。G1Xのセンサーサイズでは全然美味しくないし、APS-Cにしても(初期ラインナップとしては)刻みが細かすぎます。

EFレンズのマウントアダプタでどの程度AFが期待できるのか…像面位相差&コントラストAFのハイブリットで自由自在なAFや高速化は可能か、ソニーのように「何か」が内蔵されているのか…専用レンズ発表は、やはりEFレンズでの高速AF厳しいのか…興味があります。
そして、センサーサイズがAPS-Cキヤノンサイズなのか、G1Xサイズ(ほぼ4/3と同じ)なのか…EFレンズの焦点距離も変わるので興味があります。
APS-Cサイズエントリー機をミラーレス化するのか、レフ付きのまま進化させるのか…この発表で見えてくるかもしれないので注目しております。

OM-D&新センサーで「4/3クラスのセンサー&コンパクト単焦点でも通常使用で十分な高画質」と感じる層が大幅に増え、流れが変わりつつあるような気がします。実際に20mmf1.7パンケーキや45mmf1.8の安価なシリーズでも相当な高画質で、更に12mmf2や25mmf1.4、75mmf1.8、45mmf2.8マクロなどがあり、広角ズームも7mm始まりや9mm始まりが揃っています。果たして「(自分に)フルサイズが必要なのか」考えさせられることが多くなりました。
結局「真の」高画質を望むならば、センサーサイズに対して、大きさに余裕のある、それなりの重量のレンズが複数必要なので、その辺りをどう考えるか。ボディ&レンズ・トータルのシステムで「どの程度のサイズが使用者の理想か、許容範囲か」は、個々に違うと思うので、メーカーの判断も難しそうです。あとはマウントの普及状況次第…

個人的には、撮影目的でない旅行やちょっと出歩くときに携帯するためには「複数のパンケーキ単焦点の組み合わせで標準ズーム域が揃う」「パンケーキ標準ズームがあること」辺りが大切だと思っています。更にポケットに入る程度の気軽な交換レンズ&気合いの入った明るいズームが揃っている…この辺りをクリアしつつ、一眼レフ並みの使いやすさと高画質を両立してくれれば、言うことなしです。
今はどこも発展段階…キヤノンのミラーレス進出で、いよいよ「役者が揃う」と思うので、どのマウントが実現してくれるのか…期待しています。

若干の願望を交えて推測すると、
フルサイズボディ、G1Xからの流用ボディ・・・2モデル
EFマウントより直径・フランジバックともに適切な小型化
レンズキット、EFアダプター付属キット、他Wキット等
2~3回に分けてフォトキナまでに順次発表でしょうか?

ミラーレスには動画性能を期待している者としては「動画性能は平均的なものになる」では困る!
STMレンズはKiss X6iのためだけ?
静止画も動画も最高の画質をMake it possible with....でしょ!?

EFレンズが使えてAFが作動して
上着のポケットに入ってくれて
Digic5ならG1Xのセンサーで
普通に嬉しいです。

一般はAPS-Cとかフルサイズって
言ったって分かりゃしないんだから。
そうじゃなきゃ売れないとは考え
ないだろうし、そうじゃなきゃ買わない
って人はどれだけいるかですよね。

ただ問題は発表から発売までの期間が
長過ぎるキヤノンの体質です。

「新しく出た単焦点がすべてフルサイズ対応であること」

これはキヤノンユーザーにとって、改めて素晴しいニュースだったのだなと、
実感しながらこの記事を読んでいました。
当初はAPS-Cかも知れませんが、将来的にもっと大きなサイズも期待できますね。
アダプターのマウント径を見ながら希望が湧いてきました。

いよいよ、登場間近という感じですね。
マウントアダプターが以前の記事にあった形状では、あまり
小型のモデルには成らなさそうな気もしますが、
広角&望遠のコンパクト(多分)なダブルズームに、EF
(-S対応希望)マウントアダプターは、第1弾的に手堅いでしょう。

G1Xベースなら、MFTに対してもセンサーサイズは引けを取りませんし、
画質さえ相応であればEFレンズ資産があるので自分は歓迎です。

ただ、購入するかどうかは迷っています。
噂の70Dや7後継機に加えて、ノンレフ機の上位機を見てから検討します。
近々出るであろうパナのGH3を、後出しジャンケンで蹴散らしてくれれば
御の字なんですがあちらも手強そうで、楽しみ楽しみ。

>G1 X ベースの堅実なスペックになるんでしょうか。

そうなるのが順当のように思えますが・・・。
大きなサイズのセンサーをお望みの方はやはり、一眼レフでしょうね。
これからも発展するであろう、センサーなどの技術開発を予想すれば、ミラーレスでフルサイズというのはどう考えても合理的でないように私には思えるのですが。

専用レンズも出るけど、EFもアダプタ経由で使える、フルサイズセンサーの大型ボディ。
「小さいミラーレスが使いたい人は、他にいっぱいあるからそっち使ってね」
っていうのも、かなり魅力的です。
一眼レフとミラーレスはそもそも使い勝手が違うので、小型にはこだわらないで欲しいです。
小さくするなら、パンケーキを広角から中望遠・標準ズームまでドーンとそろえて!
センサーサイズは1インチでも可。

Aps-cの凡庸なスペックなら、何故もっと早く出せば良いのに。

ミラーレス(Live View撮影専用)とするならば、フォーサーズとマイクロフォーサーズの様にフランジバックをEFレンズより短くし、マウント外径を小型化できるのではないでしょうか。これならイメージサークルも変わらないのでEFレンズと同じくフルサイズまで対応可能な小型のカメラになりそうです。従来のEFレンズを使う場合はマウントアダプタの厚みでフランジバックの違いを吸収すればフルサイズの撮像素子であれば換算もしなくて済みますし、こういう方向で考えてくれないですかね。

将来的にハイエントリーコンデジの代わりにコンパクトにするミラーレスなのか、35mmで行くミラーレスなのか、興味ありますね。

片や、フィルム時代のブローニーやシノゴに替わるフルサイズミラーレス。
片や、レンズ交換式高画質コンデジとしてのミラーレス。

いずれ残るのはこの二つだろうが、キヤノンからは、まず、写真散歩用の(m4/3を凌駕する)レンズ交換式高画質コンデジとしてのミラーレスが出ることを期待しているのだが・・・はて?

将来的にはFFへ移行できる比較的大きなマウントで来そうな予感がしますね。最初のセンサーサイズは、意外とAPS-C(KISS X6iの流用)だったりして(笑

「フルサイズ ミラーレス」
にはいずれ対応するのではないでしょうか。

EFレンズにアダプター対応するとは、
「そういう事」だと感じます。
何しろキヤノンですから。やらない理由は無い。

アダプターを使えば、
とりあえずレンズの心配は全然要らないのは「確定」ですね。
EFレンズが使えるのはありがたいです。

それよりも、気になるのはAFです。
像面位相差か?コントラストか?
その使い勝手がどの程度のものか?
・・・今は心配と期待がないまぜな心境です。
ここが頑張りどころ。

EFマウントこそK01みたいなミラーレスに向いてると思うんだけど。
新ミラーレスマウントに行くのが少し勿体無い気が…
先見性を重視するCanonの会社方針なんですね。

昨夜のうちに書こうかと思ったのですが
流石に最初に書き込むのは目立ちすぎるので
私が聞いた話ではミラーレスはKissX6iを小型化した
イメージだそうです
勿論センサーもそのままKiss……
(だって今出すのにあの位相差測距点のあるセンサーを
使わない理由はありませんしね)

尚、この話はこれ以上詳しくかけませんし誰から何時
聞いたかも答えられません
そもそも確度がどれくらいかも言えませんしね

でもちょっと期待していいと思いますよ

G1Xの画質に不満は無いのだけど、あのセンサーサイズは固定レンズだから許される様な気がします。

G1Xのレンズスペックを見れば35mm換算するのに大体1.87倍だと分かります。
キヤノン的には1番のライバルになるであろうマイクロフォーサーズよりも
センサーサイズが大きい事をアピールしたいのでしょうけど、
レンズ交換式カメラで実際に使う事を考えると1.87倍って面倒臭過ぎる気がします。

実焦点距離ではなく35mm換算での数値を名称にするって手も
今後APS-C等違うセンサーサイズのモデルも出てくるって噂なので使えない。

G1Xと同じセンサーを積んだモデルは量産効果によって単価を抑え、
ユーザーの新規格への参入を促す為のモデルなのでしょう。
そしてある程度のパイを確保してきたらG1Xセンサー搭載モデルは消滅して
APS-C以上のセンサーサイズを積んだモデルに集約されていくのではないかと。

>.さん
「ミラーレスはKissX6iを小型化した」
では肝心のKissが売れなくなりませんか? 稼ぎ頭ともろバッティングするもの出して大丈夫かな?

でも、KissのイメージだとするとVF付きですかね。まさかペンタミラーってことはあり得ないから、EVF???

APS-Cだったら、G2Xが出るのを待った方が自分の用途には合っているかな。
もしくは、MFTにするか。
動きものがメインだと、現状のミラーレスはメイン器材にはならないし、そうなるとマスを食うシステムをサブには出来ない。

X6iの、ミラーレス小型化では?いずれ1~2年の内に例えばX7i(?)あたりをラストモデルに、KissシリーズはDSLRからミラーレス(動画機能強化)に移行しつつ、ついでにコンパクトデジカメもビデオカメラもモデル整理と製造コスト削減を図っていくのではないでしょうか?
キヤノンという会社は平気でこれ位やりそうな気がします。
良い悪いではありませんが、ここがニコンと違う点?
かつて、キヤノネット、AE-1を創った会社ですから(??)

X6iより小型化って事はX50の位置に来るのかな? 光学系機械無しで、もしかして、X50の様に電子先幕シャッターなのかも。

ぱんてのーる 様
>EVF???
細かくは聞いてないのですがNEX-7をそうとう意識して
いるようです

123123 様
>マーケティングのキヤノンらしからぬ鈍足ですね。
実は3.11及びタイの洪水の影響で大幅に遅れてしまっ
たそうです
その間にNEX-7が出てしまって内部ではかなりインパク
トを受けたと聞いております
(つまり、その前後にはミラーレスは出ているはずだっ
たようです)

ST-E3-RTが使えたら面白いなぁ

ひじょうにフランジバックの長さがきになります。

待って待って、待ちすぎた結果価格とタイミングの悪さで
SD1 Merrillの様な事にならないことを祈ります。

キヤノンといえば1800万画素。
サイズはAPS-C。
マウントは別。

で決まりかと。

Kissと競合は…コンパクトな形が一般には好まれるから…キヤノンとして売れりゃいいのかなと(笑)

このあいだ出た40mm のパンケーキはアダプターといっしょに標準装備されてたりして・・。
それはないにしてもいっしょに買うとめちゃくちゃ安いとかね。
すでに一眼持ちのユーザーを取り込むためならやりかねない。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「G5と共に発表されるパナソニックの新しい交換レンズは45-150mm?」です。

次のブログ記事は「オリンパス社長がOM-D E-M5のセンサーがソニー製であることを明言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る