富士フイルムFinePix X100がディスコンになっている?

Photorumorsに、富士フイルムX100が海外の販売店でディスコン扱いになっているという情報が掲載されています。

Fuji X100 is now discontinued, X200 coming at Photokina?

  • オンラインショップのCrutchfieldが、Webサイト上で富士フイルムX100をディスコン扱いにしている。それと同時に、アマゾンではX100の価格が999ドルに下落している。私は今年9月に開催されるフォトキナ新型のX200が登場することを強く確信している。X100はフォトキナ2010で発表された。

 

フォトキナ2012でX100の発表から2年になるので、そろそろ後継機が登場しても不思議はなさそうです。X200(?)のスペック等に関する噂は全く流れていませんが、センサーがどうなるのか気になるところです。16MPや24MPのセンサーに換装されるんでしょうかね。

2012年7月29日 | コメント(25)

コメント(25)

ん〜、今後のFUJIのXシリーズはレンズ交換式を 
指向するんじゃないですかね〜。
(だから、X-100はX-pro系の露払い的な位置付けで
X-200のような後継機は出ないと思っていました)。

もし「X200」が出るなら(ちょっと嬉しいですけど)、
レンズ交換式のX-pro系との併売でどのくらい数がはけるか
ちょっと心配ではあります。

既存の機種にセンサー換装くらいなら、
損益分岐点は低いんですかね?


x200出すなら、X100の使いにくさを改善して出して欲しいです。特に操作性はファームアップでマシにはなりましたが、X100の反省を生かすべきです。
それから激遅AFを何とかして欲しい。

最近はレンズ一体型のカメラに魅力を感じています。レンズ交換式のシステムも一通り持ってますが、スナップは買い物や散歩のついでみたいな感じで撮るので荷物にならないコンパクトなカメラの方がいいんです。何より粋じゃない。そういう意味ではX-proはやや中途半端で、X100やGRD、DPあたりが個人的には丁度良い。だから後継機は大歓迎です。と言ってもX100に不満があって買い替えたいわけではなく、できれば長く使いたいけど壊れてしまったときに買い替えられる機種がないと困るって理由でですけど。
いやしかし、X100は二年も経ちましたか。全然古くならない良いカメラです。

X100は何故、AFが遅いんだろうか。
コンデジを開発しているので、技術はある程度あると思い、単純に疑問に感じます。レンズが重いのか?

X200がX100にPro1のセンサーを載せたものだったら、むむむ。
黒が出たらPro1から買い替えても良いかも。

X100のAFが遅い大きな理由の一つは、レンズが画質優先設計で
ピント合わせが全群繰り出しだからですよ。
AF速度に配慮したレンズと比較すると、駆動しなければならない慣性質量が桁違いに大きいのです。

ごく最近ワイドコンバーターレンズが発売になったから、
同じようなレンズまわりで継続するのかな?
マイチェンかX100Ⅱか?
出すならローパスF無しの機種かな?
最初からシルバーとブラックの2種類があるといいですね。

通りすがりさん
解答ありがとうございます。
理由が分かり、すっきりしました。

さすがにX100の順当な後継機はない気が・・・小改良機ぐらいはあるかもですが。
レンズ交換式が『X Pro』と『X Lite(仮)』に分岐してX100を飲み込みつつ、X10が世代を重ねるのが妥当ですかね。またはX100とX10の真ん中が現れる?それはないか。

X-Trans CMOS搭載してAF性能が良くなっていれば買いたいです。

BayerじゃなくX-Trans配列のセンサーに変えるだけでも、モデルチェンジの価値はあると思います。

X100の後継機はX-Pro1の廉価版に移り変わりに一票!
ただ、あまり売れない海外は生産完了にして国内は継続もありうると思っています。X100には現役でまだまだ頑張って欲しいと思います。

X-Pro1のセンサーを積んだX200(黒)を待望しております。
センサー変更とファームウエアなどの多少の改良だけのマイナーチェンジでいいですから、出して欲しいです。
私には、X-Pro1はデカすぎ。

FUJIFILMとしては本来なら3~4年以上は販売継続したい機種なのでしょうけど、センサーがα550やNEX-5やニコンD90と同等ですしね。日進月歩が著しすぎるデジ物じゃ、仕方ないかも。

このテの高画質がウリの機種のAFが遅めなのは、画質重視で厳密にピント合わせをしているから、ととあるメーカーの方から聞きました。風景などではその方が良いですよね。特に、撮像素子(CCDとかCMOSとかです)のサイズが大きいと、より遅くなる傾向にあります。

逆に、スナップなどでシャッターチャンス優先の味付けの機種では、少々ピントが怪しくても合焦したことにしてシャッターが切れるようにしているようです。写っていなければ元も子もないというタイプの写真もありますから。

個人的にはX100後継機が出るなら、スナップカメラ故に、マニュアルフォーカスを使いやすくしてもらいたい。あのカクカク動く、レンスポンスの悪いのは何とかしてもらいたい、それさえ改善されればホント良いんだけどな。一応理想だけ言えばフォーカスリングをレンズに付けて欲しい、それだけで最高のスナップシューターのひとつになると思う。。。私にとってはAFはほとんど使わないので遅いのは気にならないなぁ。。。けど商業的にダメですかね。

X-Pro1は大きすぎるので、X100ぐらいの大きさがちょうどよかったんですがねぇ

画質は文句なかったので操作性さえよくなれば、と思って後継機を待ってたのですが

このカメラは最新スペックである必要性は小さいので、まだ売ると思っていましたが、
この時期にディスコンになるのであれば、後継機は出すような気がします。
X200ではなく、X100マーク2で。

画質優先のレンズと言うよりは、画質を維持させようとしたんだけどOVFのケラレを嫌がり、画質にもAFにも無理のあるレンズになってしまったように感じます。

厳密なピント合わせとの事ですが何処に対して厳密なピント合わせをしているのかという問題があります。
MFフォーカスモードでのAF、つまり実質親指AF時にはピント合わせの枠がなぜか巨大化します。
AFモードでも枠よりも外に合う事が有ります。(EVF時)
コンラストAFなのにそのような事が有り得るのでしょうか?
枠の中の何処に対してピント合わせを行っているのでしょう…

機種は違いますがX-Pro1の、ピント検出部を強調表示ではなくシャープネス(w はいったいどういう事なのか…

不思議な事ばかりです。レンズの設計やAFの構造は仕方が無いとしてユーザビリティの低さが一番つらいですね。

同時に、元がひどいのでX200は物凄く期待します。
最初のロットはけますがw

年内に(妄想)
X-Lite1  body    ¥79800
LKIT ¥99800 18-55mm set
      TLKIT ¥119800 14mm&18-55mm set
X-pro1の下位モデルが発売されるとおもいます。
来年4月頃に追加で
WLkit ¥129800 18-55mm&55-200mm
set Model
下位モデルの登場は規定路線なので、モデルの乱立は割けるためX100は終了としX-proシリーズに一本化、集約する事によりXFレンズユーザーを増やしシェア拡大を狙いたい処が富士フイルムの戦略と考えます。

X-pro1との違いは(妄想)
 *X-pro1のプロ用カラー ネガフィルム” モード削除
 *約123万ドット液晶->約96万ドット稼働タッチパネル液晶
*49点測距のAFエリア -> 32点測距離AFエリア
 *6コマ/秒の高速連続撮影->4.5コマ/秒の高速連続撮影
 *トイカメラやPOPカラー等のエフェクト機能の追加。
 *マグネシウムダイキャストをトップカバーと本体に採用
  していたPro1と違いボディーは表面金属ボディ採用。
 *カラバリ登場。BK(クロ)RED(レッド)W(ホワイト)SLR(シルバー)
  (キットレンズ購入時のみWとSLRはシルバー色のレンズ付属)
 *フラッシュ内蔵/GPS内蔵/スマホ送信機能。

すべては妄想ですが(w)やがてきっと来ます^^
なのでX200とかは出ないでしょう。

固定レンズによるダストフリーな使用感が便利なので
レンズ交換式だけにシフトされるとしょんぼりかも

もし本当にPro1廉価機が出るなら歓迎します。
好評の35mmF1.4を使ってみたいので。
配色はX100とおなじシルバーを希望。

AFを取っ払ったレンズ交換式だったら至福の歓び!今どき天と地がひっくり返るよーなことは起きないと思うけど、それでもひそかに期待せずにはいられません。

X100からAFを取り払って、レンジファインダーなんてね。そしたらもうほかのカメラはおもちゃだ。。。

X100 Black Limited Edition を愛用しております。

このカメラの唯一とも言える不満は…
レンズの距離環が機械式じゃ無くて、クルクル回ってしまう事。
距離目盛と被写界深度の表示があれば、スナップ用途にAFなんて
使わずに、ササッと距離を合わせて撮れますからネ。
あと一つ、これは無理な注文だろうけど、
昔のレンジファインダー方式のピント調節が出来ればベスト。
いわゆる「二十像合致式」ってのは、結構使いやすいし、
老眼が入って来てる僕ら年配者でも割と合わせ易いと思う。
サイズ的には今のX100位がベストで、それなりの存在感と、
適度なコンパクト性が上手くバランスされたボディだと思う。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーE18-200mm F3.5-6.3 OSS LE はコンパクトな鏡筒が最大のアドバンテージ」です。

次のブログ記事は「Metabonesが新型のNEX-EFレンズ用の電子接点付きマウントアダプタを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る