EOS Kiss X6iのセンサーはX5と比べてダイナミックレンジが改善している

techradarのKiss X6iのハンズオンに、解像力テストと高感度ノイズ・ダイナミックレンジテストの結果が追加されています。

Hands on: Canon 650D review

  • 解像力テストでは、最高クオリティのJPEGでISO100では、Kiss X6iは24(2400本)前後まで解像している。
  • (DxO Analyzerによるテストでは)JPEGの高感度ノイズはKiss X5とほとんど同じで、ソニーのα37が両機(X5とX6i)を若干上回っている。
  • RAWの高感度ノイズは、ソニーα37とKiss X6iはほとんど一致しているが、低感度ではα37がわずかに優れており、高感度ではKiss X6iが低ノイズだ。
  • JPEGのダイナミックレンジは、X6iに改善が見られX5を超えているが、D5100とα37の方が大部分の感度で上回っている。
  • RAWのダイナミックレンジではKiss X6iはX5よりも広くなっているが、JPEG同様、D5100とα37が大部分の感度で上回っている。

 

DxO Analyzerのテスト結果はテキストだけではわかりにくいと思うので、元記事のグラフを参照してみてください。なお、元記事で一部グラフの機種名が間違っている(両方とも650Dになっている)のでご注意ください。青の折れ線が650D(Kiss X6i)、紫が600D(Kiss X5)です。

これまでキヤノンのセンサーはDxO Analyzerではあまりよい値がでませんでしたが、Kiss X6iは、RAWのダイナミックレンジがX5よりも大幅に改善(低感度では2.5EV以上)されていて、ソニーの16MPセンサーに迫る値になっています。またRAWの高感度ノイズも、これまでより一回り改善されているようです。

この結果を見る限りでは、Kiss X6iの新しいセンサーは像面位相差AFが採用されているだけでなく、画質面でも改良されている可能性が高そうですね。

2012年7月 8日 | コメント(10)

コメント(10)

ほとんど進歩を感じられなかった5D3のセンサーを見てキヤノンは終わったと残念な気持ちでいたけど、まだ希望が持てそうな気がして来た。
5D3の高画素版ではD800を越えるセンサーになることを期待したい。

低感度側のDRの伸びが凄いですね。これが本当なら、これまでのCanonセンサーとは全く異なる素子なんでしょうか(Phase AFが付いたという点だけじゃなく)。

嬉しい反面、最高画質を謳う新型5D3のセンサーが早くも一世代前になったとすると、Canonの保守的な姿勢にちょっと疑問です。


まあ、後の詳細な検証を待ちます。

キヤノンもとうとうオンチップADCを搭載したのですかね。

撮像素子の評価じゃ無くてカメラの性能評価なんだから後処理でも何でもOKでしょ。

どちらにしてもX6iがX5より改善しているならばよしではないでしょうか?

SONYの16MPセンサーはいいですよ(笑)
本当によいセンサーなのに中級機に積まれることはありませんでしたけど。

キヤノンのダイナミックレンジの考え方ってどうなんでしょう?
DXO(overall)スコアではPower Shot S~1Dまで11EV越えから12EVなんですよね。それとキヤノン公表ではC300と1DCも12EVみたいですね。

文句言ってる人が多いけど、X6iがX5より大きく改善しているのに何がいけないんでしょうか?

僕も、skytreeさんと同意見です。
あくまで、X6iの記事であり、性能が上がっているなら、それで良しかと・・・
余談ですが、D2H処分後D800にする自分には、APSサイズは、キヤノンにする予定(D7000は家内に、D300Sも処分)だった僕には、今回の記事は明朗です。
管理人さんも気を使ってタイトル打ち出してるようだし(キヤノン使いみたいだし)AE-1P以来のキヤノン機だし。
数字に出ない諧調とか、DRを楽しみたいと思ってます。。。

NIKONのRAWデータは、オフセット値がゼロだというのは、どの計測しているサイトでも指摘していますし、他者の技術者も指摘するところです。ニコンの考えは別な言い方でいうと、ノイズの「マイナスのノイズデータはどうせ現像しても見えないから、足切りしましょう。」ということを意味します。そのほうがノイズフロアーも低くなります。

CANONのRAWデータは、ダーク減算に対応するために「マイナスのノイズ」データもRAWに記載してあります。つまりRAWの最小値はマイナスデータをプラス側にシフトさせてオフセットしてあるのです。
このためCANONのノイズフロアーはNIKONより倍高く示されることになります。またダイナミックレンジも見かけ上小さくなることになります。フルウェルキャパシティは底上げしないわけですから。
ニコン以外のほとんどのメーカーは、マイナスのノイズを記録するためにオフセットしたRAWとしています。特に工業・学術用の正確なデータ取得のためには必須のマイナスデータです。

Dxoがそのあたりを勘案しているかどうかは知りませんが、見かけのデータと実質がこのように異なる場合もあるということは知るべきで、見掛けのデータのみに囚われてしまうのは、誤った考えです。

新しい機種が出るたびにダイナミックレンジが大きくなったと考えたくなりますが、「実質」は5年前と比べてフルサイズセンサーでさえ1EVいくかどうかくらいの差しかないと知っていても良いと思います。
しかし製造工程は改善されているでしょうから平均値は上がっているだろうと思います。それが一見した改善となって見えてくるというのは考えられます。センサーの個体差は大きいわけですから。

天体写真をやっている人たちの大部分はCANON製のカメラを使いますが、理屈よりもなによりも、「実際に」使うとNIKONより低ノイズでかつ画像の鮮度が高いためと、「足切り」の弊害でもある偽色やダーク減算エラーが少ないためです。

ユーザーが実際に享受するのは撮像素子単体ではなく撮像素子と画像処理エンジン等の総合的な実行性能なので、撮像素子単体の性能って多くの人にとってどうでもいい気がしますが。っていうか、仮に撮像素子単体の性能を表していなくても、機種毎の検証方法が統一されている限りは、「スコアの信頼性と中立性」は保たれますね。まあ、オーバーオールスコアが要らないという意見には賛同しますけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがIS付きの24-70mm F2.8の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「シグマMACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMはこのクラスのレンズを探しているなら真剣に検討すべきレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る