キヤノンEF35mm F2 IS USMはとても良好な性能だが開放付近で四隅のシャープネスが不足ぎみ

Photography BLOGに、キヤノンEF35mm F2 IS USMのレビューが掲載されています。

Canon EF 35mm f/2 IS USM Review

  • EF35mm F2 ISは、それほど大きすぎず、重さも335gでそれほど重くはない。価格から予想される通り、L レンズではないにもかかわらず鏡筒の造りは非常に良い。鏡筒の外側とフィルター枠はプラスチック製だが、手にするととてもしっかりとした感触だ。
  • このレンズには距離目盛りと被写界深度目盛りがあり、後者はF11とF22しか印字されていないが、もちろん無いよりはマシだ。赤外指標の赤いドットもある。
  • フォーカシングはフルタイムマニュアルフォーカスが可能で、フォーカスリングの感触は素晴らしい。フォーカスリングの幅は狭いが、両端(最短と無限遠)で機械的に止まるので、無限遠にもセットしやすい。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • AFは高速で、テスト機の6Dとの組み合わせでは0.15秒前後で被写体にロックする。光量が豊富な場合でもそうでない場合でも、ほとんど全てのケースで正確に合焦し、AFの迷いはあまり見られなかった。AFは静かで動画に最適だ。
  • 色収差は素晴らしくよく補正されている。
  • 周辺光量落ちは、F2では非常に目立ち、完全に解消するにはF5.6以上に絞らなければならない。
  • 絞り羽根は8枚の円形絞りで、キヤノンはボケ味には気を使っている。サンプルを見る限りでは、ボケ味は大いに成功していると言える。
  • 中央はF2.8からF11の間では高い解像力で、F16とF22では回折の影響が見られる。隅はF4-F5.6で最もシャープになるが、中央ほどシャープではない。F8以上では隅の解像力は急激に落ちる。
  • 画質は概ねとても良好で、色収差はよく補正されており、歪曲は広角レンズとしては極めて小さい。逆光ではコーティングがフレアによるコントラストの低下を上手く抑えている。問題は開放で周辺光量落ちが目立つことで、また、より重大なのはF2-F2.8とF8以上で四隅のシャープネスが不足していることだ。
  • もし貴方がこの高い価格を払う余裕があり、L レンズではないことと、四隅のシャープネスの低下を気にしないなら、EF35mm F2 ISを推薦する。もし、大きさ・重さより光学性能を重視するなら、同程度の価格のシグマ35mm F1.4 DG HSMを推薦する。

 

周辺光量落ちと開放付近の周辺部の解像力が今一つのようですが、全体としてはまずまず良好な評価になっています。サンプルは曇天で条件が悪いので、もう少し良い条件のサンプルも見てみたいところです。

結論でも触れられていますが、安価で高性能なシグマの35mm F1.4との選択に迷いそうです。明るさと開放付近の解像力重視の場合はシグマ、携帯性とIS重視の場合はキヤノンという選択になりそうですね。

2013年1月19日 | コメント(18)

コメント(18)

広角気味のレンズなので、周辺に関してはやはり厳しいものがありますね。
影響が出ているのかはわかりませんが、ISもついてますし、ある程度は許容せざるを得ない部分でしょう。

それにしても、35mmはシグマといいキャノンといい、銘レンズになりうる物があり、選択に迷うところです。
1.4の明るさはほしいし、ISは1段の差を補うだけの性能がありますし・・・。
うれしい悲鳴であることは間違いありませんね。

Nikonにもこの仕様のレンズほしいです。
F1.4だと普段付けとくには大きいし。
手ぶれ補正付きだと暗い室内でもフラッシュなしで撮れるし。

手ぶれ補正の機能はF1.4よりも絶大です。F2プラスIS機能というのは非常に魅力的なレンズだと思います。APS機の標準レンズとしても良いのではないでしょうか。

そもそも広角レンズで、、、、
四隅までシャープに、解像するレンズってあるんでしょうか?
存在してても、買えない値段じゃ仕方ない気がします。

期待していたレンズだけに四隅のシャープネス低下は残念です。
価格が価格だけに悩ましいレンズになりましたね。

TAKAさん>
ですから、35mmならシグマ35mm F1.4 DG HSMがそれにあたるのですが。。。。
私もシグマ35mm F1.4 DG HSMのニコン用を購入しましたが、かなりスゴいレンズですよ。

開放で四隅までシャープに写るレンズが欲しい人は、そもそもこのスペックのレンズは対象外でしょう。もっと暗いレンズかマクロを探すべきだと思いますね。
開放で周辺が柔らかい雰囲気を出し、絞ればシャープになるという描写を期待する人が多いのではないでしょうか。

APS-Cにも重宝する画角で旧製品を愛用していますが、もう少し価格が下がればなぁ・・・。

APS-Cで使うなら四隅関係ないし良いかも。

キャノン純正の強み?DLOに早く対応して欲しいです。

シグマ35mm F1.4 DG HSM
重量665g

キヤノンEF35mm F2 IS USM
重量335g

焦点距離は同じでも似て非なるレンズかと思います。

価格も結構違いますよね。

シグマ35mm F1.4 DG HSM
価格.com最安価格(税込):¥85,110

キヤノンEF35mm F2 IS USM
価格.com最安価格(税込):¥64,168

広角なんて高いレンズでも周辺光量は多少は落ちるもんだと思うが。。。
で、その光量の低下を味として上手く使うものじゃないかなぁ、と。

digital picture comのiso1223cropsだと、シグマより良さそうですね。

TAKAさん

PLマウントのレンズ以外だと、フォーサーズの広角レンズは良いんじゃないでしょうか。
SIGMAの35mm/F1.4は他社よりは優れているとはいえ、マダマダですね。
現状のライカ判サイズデジイチでは、画面周辺で画質が気になるような構図はとらないという方法しかないですね。

>はいささん
シグマ35mm F1.4 DG HSMも、開放F1.4では四隅はモヤモヤですよ。
ただキヤノンの場合には、デジタルレンズオプティマイザーが適用出来るので、殆ど変わらい結果になりそうな気がします。

>ポロ&ダハ
オリンパスさんとトキナーさんは、周辺解像度も考慮したレンズ設計をしてますよね。

普通に撮っていて35mmなら
手振れはしない。
と、思うんだが。
前F2の光量落ちはソフトの
必要がない懐かしい味わい。

広角に力入れる前にキヤノンには
是非135mm等長いレンズを
リニューアル&IS付けて欲しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年1月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがCP+でFX用の交換レンズAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF24-70mm F4L IS USMは価格は高いが素晴らしい標準ズーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る