キヤノンEF35mm F2 IS は旧型から解像力と透過率が大きく改善

DxOMarkに、キヤノンEF35mm F2 IS USMのスコアとレビューが掲載されています。

Canon EF 35mm f/2 IS USM: A 'fast' wide-angle prime for the 21st Century 

 (テスト機は5D2)   EF35 F2 IS  EF35 F2   シグマ35 F1.4   ツァイス35 F2 
DxOMarkスコア 29 22 30 27
解像力 17P-Mpix 15P-Mpix 17P-Mpix 15P-Mpix
透過 2T 2.3T 1.5T 2.2T
歪曲 0.4% 0.3% 0.3% 0.5%
周辺光量落ち -1.8EV -1.9EV -2EV -1.8EV
色収差  6μm 9μm 6μm 9μm

 

  • EF35mm F2 ISの5D Mark II による総合スコア29は、シグマ85mm F1.4、キヤノンEF100mm F2、シグマ35mm F1.4に続く4位(広角レンズでは2位)のスコアだ。
  • 解像力は17P-Mpixで改善されているが、隅の解像力は完璧ではなく、開放付近ではいくらか解像力が落ちる。周辺光量落ちの-1.8EVは、開放で非常に強い光量落ちがあることを示唆しているが、これは明るいレンズでは普通のことだ。
  • 旧型35mm F2の問題は開放付近の周辺部の解像力で、これは有難いことに新型で修正されている。全体の解像力は旧型よりも15%改善しており、新型は中央は若干、周辺部は大幅なアドバンテージがある。解像力以外では透過率が大きく改善している。歪曲と周辺光量落ち、色収差は旧型と変わっていない。
  • EF35mm F2 ISの価格は高いが、旧型のEF35mm F2以外のより安価な選択肢は用意されていない。明るい広角レンズで、隅々まで最高のクオリティを望むならEF35mm F2 ISを選べば大きな間違いはないだろう。

 

EF35mm F2 ISのスコアはシグマ35mm F1.4と並んでトップレベルで、光学性能は旧型の35mm F2から、かなり大きく向上しているようです。EF35mm F2 ISはここでも価格の高さが指摘されていますが、光学性能とF2の明るさ、そしてISが付いていることを考えると、キヤノンの広角単焦点レンズの中ではなかなか魅力的な選択肢かもしれませんね。

2013年2月 7日 | コメント(5)

コメント(5)

短焦点レンズは全郡繰り出し、距離指標、絞り環が欲しい。
ハイスピードレンズならMFでも問題ない。
でもAFはやはり便利+ISなら更に魅力がある。
新EFかシグマAか悩んでいる。
旧EF35mm F2も表現力の良いレンズだった。

新型、良さそうですね。どのレビューでもほぼ同じ高評価です。ただ、私は逆に、愛用している旧35並単も(やっぱり)そんなに悪く無いんだなあ、と最近のレビューで見直しています(笑)

決してカリカリレンズじゃないですが、使っていて楽しいレンズです。絞りによって表情も変えられるし。

高性能なので価格が高価なのは納得です。でも旧型がディスコンなのは納得できないです。価格の選択肢が欲しい。ニコンは古いDタイプも
かなり併売してるので助かります。

最近のキヤノンの単焦点は透過率がいいですね。旧型は大抵T値が公称F値を下回っていましたが、コーティングが向上したのか設計基準が変わったのでしょうか?上に挙がっていない24・28mmの新型、廉価な40mmパンケーキさえDxOの結果ではF値とT値が一致していますね。

単焦点でF2.8は暗いという意見も耳にしますが、手ぶれ補正も考慮すると手持ち撮影での使い勝手は格段に向上していますね。

DxOはレンズの評価で笑っちゃうような結論を出してることが多々あるのですが、これは個人的な評価とまあまあ近いかな。

このレンズは優秀だと思います。
開放ではシグマのほうがf1.4にもかかわらず若干キレがありますが、絞るとこちらのほうがシャープです。
手ぶれ補正と組み合わせて、絞ってキッチリと写したいときはこれが一番だと思います。
f1.4のカテゴリーでは、シグマがf値全域にわたってLレンズよりキレがあります。ボケ味ふくめて、f1.4が必要ならばシグマを選べば間違いありません。
f1.4がいらなければこのレンズは検討する価値があると思います。なにより軽いですしね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年2月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにニコンCOOLPIX P7700のスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパスが今年中に2本の大口径ズームを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る