台湾の公的機関のサイトにキヤノンPowerShot S200と型番不明のズームコンパクトの画像が掲載

台湾の公的機関「国家通訊伝播委員会」のサイトで、キヤノンのPowerShot S200と型番不明のもう1機種のカメラが登録され、画像が公開されています。

NCC 国家通訊伝播委員会

  • 上記のサイトで画面左の「資料查詢」から「型式認證資料查詢」を選択し、「設備名稱」に 「camera」、「廠牌」に「canon」、「請輸入圖片中的文字」に「確認碼」に表示される数字を入れて検索する。
  • 検索結果のPC2057がPowerShot S200、PC2060が型番不明のズームコンパクトで、左端にある「檢視」をクリックすると詳細が表示される。画像はpdfファイルに掲載されている。
  • この2機種に、2013年5月8日付けでWi-Fiの合格書類が発行されている。

 

公的機関のサイトに掲載されているデータと画像なので、本物で間違いないと思われます。PowerShot S200はレンズのスペックがS110と同じなので、S110と同じ1/1.7インチセンサーを採用している可能性が高そうですね。もう1つの高倍率ズーム機(?)は、SX500 IS の後継機か何かでしょうか。
----------------------------------------------------------------------
情報を教えて下さった方、ありがとうございました。

canon_s200_f1.jpgcanon_s200_b1.jpgcanon_sx_f1.jpgcanon_sx_b1.jpg

2013年5月12日 | コメント(12)

コメント(12)

S200…新鮮味がないですね。

S110(ブラック)を使っている立場から
パッと見て良い点。

・コントローラーリングのギザギザが痛くない形状(S100タイプ)に戻っている。
・電源ボタンが大きくなっている。S110は小さ過ぎて押しにくい!
・親指グリップの形状がS100タイプに戻っている。好みの問題ですが…

全体的なデザインもS110より好みです。でも、私はS100が一番洗練されたデザインだったと思います。S100はグリップがデザイン上の問題になりましたが…。グリップを無くしたS100があれば最高だと思っています。

あと、S110(ブラックとシルバー)は表面がザラザラしていますが、これが滑り対策だ思ったら…実際にはサラサラしてしまって滑りやすい!持ちにくい!です。

表面はツルツルにした方が、かえって引っかかりがよくて持ちやすいと思います。

S110の発売からかれこれ半年か
少なくともレンズは同じ
何が違うのか

>何が違うのか

上部の角が落ち、サイドも丸くなってフォルムのコンセプトはS90、S95に戻った感じですね。
最大の違いはエンジンで、当然、DIGIC 6を搭載してくるはずです。それに付随して動画はフルHD 60fpsに対応するでしょう。
レンズは数字上は同じに見えますが、5軸対応のダイナミックISを搭載してくるかもしれません。
ライフサイクル1年のコンパクトデジカメとしては完成度が高いシリーズですから、手堅い正統進化に留めるのは正解と思います。

モックアップか試作品じゃないでしょうか?

あと、モードダイヤルが埋め込まれて、上に出っ張らない形状になっていますね。
全体的にデザインは好印象です。

あとは、「RING FUNC.」ボタンだったところに、何か違うマークが印刷されていますね。どんな機能の変更があるのでしょうか。

バッテリーの持ちが悪くなるとはいえ、GPSを内蔵にして欲しいです。
S110の“スマホ連携GPS”はうっかりスマホアプリのスタートを忘れて後悔することが多いです…

良くも悪くもDIGIC6搭載のS110ですね。
先日のAPS-Cコンパクトズームの報を受け、すわSシリーズ終了かと慌てた身としては
一安心というか、ほとんど変わらなさそうなスペックを見て残念というか。

ところで、モードダイヤルからCモードが消えてますね
今回の写真がモックの可能性があるとはいえ、便利に使わせてもらっている身としては気になります。

ズームコンパクト機、センサーサイズが1/2.33であるなら、レンズ口径が大きいように見えます。かなり明るいレンズなのでしょうか。

野鳥のサイトではSX50HSが評判になっています。この分野に力を入れ始めたのでしょうか。

背面グリップがラバー製になって良いですね。

S110はラバー風?のプラで大いに失望しました。

オートフォーカスが早くなって欲しいな。
Eye-Fi対応も忘れずに。独自Wi-Fiは使いにくい。

センサーサイズもそのままっぽいし、デザインも新鮮味まったく無いし、がっかりです。
G15みたいな高速AFは期待できるけど、たとえDIGIC6であっても絵作りに関しては、画像エンジンにできることなんてたかが知れてるしな。

S100を使っているが、センサーが1600万画素になれば食指が動くかもしれない。
だけど、もう一押し何かほしい。
GPSがなくならないことを祈っている。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年5月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックLUMIX G X 35-100mm F2.8は12-35mm F2.8と並んでm4/3でベストのズームレンズ」です。

次のブログ記事は「EOS M 用のスピードブースター(SpeedBooster)の動画が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る