キヤノンEF-M11-22mm IS STM の画像

読者の方から、キヤノンEF-M 11-22mm IS STM の画像と情報、EOS 5D Mark III の新キット発売に関する情報を提供していただきました。
  • EF-M 11-22mm IS STM は、レンズ収納機構が採用され収納時はとてもコンパクトになる。EF-M11-22mm IS STM は、ごく近いうちに正式発表される。
  • EOS 5D Mark III とEF24-70mm F4L IS USM のレンズキットが6月13日に発売される予定。

 

信頼できる方からの情報です。このレンズの発表はかなり近いようです。EF-M11-22mm IS STM に採用される「レンズ収納機構」とは沈胴式と同じ意味でしょうか。下の写真ではよく分かりませんが、使用時には鏡筒が伸びるのかもしれませんね。
----------------------------------------------------------------------------------
情報&画像を送って下さった方、ありがとうございました。

 

canon_ef-m11-22.jpg

2013年6月 5日 | コメント(15)

コメント(15)

スマートに収めましたね!
あとは電子補正で誤魔化さないスマートな画作りに期待。

この後に、EOSM新型の発表もありそうですね。

ロック外してズームリング回すとニョキッとなる感じですな。
写真の物はレンズ面と鏡胴のライティングからして、カタログ及び報道資料提供用の写真を粗くした物と思われるので、近々来る事は間違い無いでしょう。

>使用時には鏡筒が伸びるのかもしれませんね。

それが事実なら、割とラフに扱う私には耐久性と
光軸精度の面での不安要素が増えてしまうので
購買意欲が無くなってしまう・・・・・

EF-S 10-22の様に、見かけ上は全長不変としてもらいたかった。
その方が埃の混入の点で有利だし、雨が降った場合にインナー鏡筒に
水滴が付いて、ズーム時に鏡胴の中へと引き込まれるのを無くせるからね。

特にコンパクトモデルは、サブ機や普段の持ち歩き用など、
バックやポーチに収納されて揺さぶられる機会が多い訳だから、
外部からの連続的な力の入力に耐えられる堅牢さが求められる。
 

使用時に伸びる・・・EF-Sでも出たりして,なんて.

フィルター径55mmでしたっけ? コンパクトですね。

EOS5DmkⅢは他社のカメラと比べて価格が高すぎますね。5万円安くすれば適正な価格になりそうです。

EOS Mの弱点はレンズの少なさ、特にスナップショット画角不足でしたから楽しみですね。
持ち運びの問題で小型化は歓迎なので、あとは沈胴機能のスムーズさと写りですね。

これはいい感じですね。
実売5万円くらいでしょうか?

X7にあうように、EF-Sレンズも小型化して欲しい。

5D3のキットレンズにやはりEF24-70mm F4L IS USMがつくのか。いいんだ。24-105F4L売ってEF24-70mm F2.8L II USM買うしかない!!

もう少し先かと思ってたら、もう正式発表なんですね。
ファームでのAF速度向上もあるみたいですし、キヤノンさんも案外力を入れてるのかな?
EOS Mは今安いですし、少し魅力が増してきました。

オフィシャルサイトにファームアップと一緒に情報出ましたね。
価格とMTF特性図はなかなかのインパクト。

52.500円のようですね。レンズキャップ、レンズフードは別売らしいです。

Nikon 1みたいに、ボタンを押して回すと撮影が出来る様なイメージかも知れませんね。
重さは330グラム位なら、今使っているトキナー124の約半分位になるし、魅力が有りますね~♪
標準ズームも同じ方式にすれば、もっとコンパクトになるだろうけど、18-105位の高倍率ズームの方があったら嬉しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年6月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの次のAマウント機にはオリンパスの技術を使った手ブレ補正(5軸SSM)が採用される?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEF-M11-22mm F4-5.6 IS STM を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る