ソニーがインドネシアの公的機関にILCE-5000など3機種のカメラを登録 [内容更新]

SonyAlphaRumors に、インドネシアの公的機関のサイトにソニーの新製品が登録されているという情報が掲載されています。

(SR5) ILCE-5000 coming soon too! Two NEX-FF(?) listed on indonesian agency.

  • インドネシアの公的機関Postelに、3機種のソニーの新しいカメラが掲載されている。1つは、現行のα3000の進化バージョンであるILCE-5000だ。

    その上、2つの奇妙な名前「WW328261」と「WW328262」も記載されている。これらは、2機種の新型フルサイズNEXかもしれず、名前はコードネームなのかもしれない。

    もしソニーが本当に、最初から廉価版フルサイズNEXと高価なフルサイズNEXの両方を発売するなら、これは実によいニュースだ。

 

公的機関のサイトに、確かにILCE-5000が掲載されているので、このカメラが実際に登場する可能性は高そうです。この他の2機種は、レンズ交換式デジタルカメラということ以外、詳細は不明ですが、タイミングからするとSARが予想するようにフルサイズNEXなのかもしれませんね(NEX-7後継機の可能性もあるかもしれませんが・・・)。

[追記] SARにILCE-5000はNEX-5Tの名前だったという訂正情報が掲載されています。

 

sony_registration_ilce5000.png

2013年9月30日 | コメント(17)

コメント(17)

rumorsのコメントでフルサイズNEXかもしれない上記2機種も「メイドインタイ」と
記されていることに『orz』となっている人達がいますが、廉価版のフルサイズNEXなら
タイ製もあり得るんじゃないかと思います。個人的には、タイの生産拠点は
実績が十分にありますから信頼できると思います。

ICLE-5000
ILCE-5000
ふーむ、よく似ている
ミノルタCLEを思いだす

インドネシア語の意味が分からないので、リンク先クリックしてみましたら、statusの列の表記が上ふたつはdraftに変わっていますね。balai ujiはそのままでしたが、役所で評価中という意味みたいです。ILCEの方が段階が進んでいるということでしょうか。

ILCEも他の2つもは非常に楽しみです。

5000は、144万ドットEVF、
バリアン液晶、像面位相差、
であって欲しい。

フルフレーム機も型はILCEという記号のようです。

シリーズ名にもNEXは使われていないようです。
果たして商品名はどのようになるのでしょう?

2週間以降が楽しみですね。

>from naganoさん
情報ありがとうございます。

α55の正統なる後継機がついに来るか?と言ってもAマウントじゃないんですよねぇ。折角大きなボディになってAマウントレンズも使いやすくなるでしょうし、LAEA-2のラグを何とか無くして欲しいですね。あと手振れ補正内蔵とバリアングル液晶希望です。

順当に3000がNEX-3、今回の5000がNEX-5相当のαということでしょうか。
チルト液晶がバリアングルになるかもしれませんが、大きなサプライズは無さそう。
性能にこだわるより、欧米版向けNEXと割り切ったシリーズ?

Eマウントからも、α55、57、65クラスのミドルレンジクラス
が出るということは、α77後継機つまりILCE-7が出る可能性が
より高まってきそうですね

ILCEがあの性能だったので5000にも正直期待できないです。
謎の二つはなんなんですかねー

α、NEX、ILCE、Aマウント・Eマウント、APS-C・35FF、2桁・3桁・4桁型番これらの全体的な
相互関係がどうも分かり難く、ご存じの方どなたか判り易く「MAP」にして解説願えませんか?

@暗箱鏡玉さん
α 2桁 Aマウント デジタル一眼トランスルーセント APS-Cと35FF
α 3桁 Aマウント デジタル一眼レフ機       APS-Cと35FF
α 4桁(ILCE)Eマウント 一眼レフスタイルのミラーレス機 APS-C(35FFの噂なし?)
α NEX Eマウント 板状ボディーのミラーレス  APS-C(10/16に35FF発表の噂)
α79と9x Aマウント 一眼レフスタイルのミラーレスという噂 APS-Cと35FF?

くだんの型番WWの2機は、FF-NEXと新しいAPS-CのNEX(NEX-7後継機?)のはずだとSARに噂が出てますね。

>shoot55さん
丁寧な、ご説明ありがとうございます。
かなりスッキリと理解できました。
後は、WWの真相解明ですね。
しかし、それにしてもソニーはいささか手を広げ過ぎなのではないですかね。
C、N共シンプルに(α3桁(A)DSLR&αNEX(E))に相当する2系統に集約している・・・・。

@暗箱鏡玉さん
すみません。七つ前のエントリーを読み飛ばしてた。
α 1桁(ILCE)Eマウント一眼レフスタイルのミラーレス機でAPS-Cと35FFの噂
が出てましたね。α7とα9になると言われてましたね。

どうせなら、ILCEは、α4桁で統一した方が分かりやすいですね。また、いままでソニーは、ミノルタ時代に使われた番号は避けてきたのだから、今後も、それは避けて欲しい気もします。ILCE-5000は、α5000になるのでしょうが、それでは、かつてミノルタで出していた番号とかぶるので、製品名は、α6000とか4000とかにして欲しいですね。上記の7と9も既にミノルタが使った番号だし、本当に使う気なのか、いささか疑問ですね。ひょっとすると噂のα1桁は、Aマウントミラーレス機じゃないかと思うんですが。

>それにしてもソニーはいささか手を広げ過ぎなのではないですかね。

ソニーは、α3桁のDSLRは止めちゃったし、2桁のSLTもやめるようなので、そんなに手広い品揃えじゃないですね。ミラーレスαは、一眼レフスタイルで、4桁はEマウント、1桁はAマウント。NEXは、板状ボディーのEマウントとするなら、すっきりしますね。基本、ソニーはボディー屋さんなので、レンズよりボディーの方が儲かるのかもしれないし、C,Nとは違うビジネスモデルで勝負している気がしますね。

>ソニーは、α3桁のDSLRは止めちゃったし、・・・。
>基本、ソニーはボディ屋さんなので、・・・。
フィルム時代のミノルタ(コニカも)ファンだった皆さんにとっては、一抹の寂しさを感じるのでは?
今ソニーには、光学器械・精密機械の技術屋さんが不足しているのでしょうか?
(かく言う私は、フィルム機はキヤノンで通し、デジタル機ではニコン・ペンタックスに
変わりましたが、ミラーレス機で改めてキヤノンに戻って見ようか、と考えています。)

暗箱鏡玉さん、どうも。

私はフィルム時代からのαユーザーなので、Aマウントを最後まで見届ける気でいます。Aマウント機がなくなるまではマウント替えはしないつもりです。皆さんが指摘するレンズラインナップの貧弱さは、ミノルタ時代からのことで、むしろソニーになって、充実しつつあるのでよいと思います。それに、ミノルタは、SLRは、デジカメに向かないと考えていた節があるので、ミノルタがαを作り続けていたとしても、ソニーと大差ない展開になっていた気がするんですね。それより、次々に新しいボディーが出る方が、買う買わないは別にして、楽しいと思います。

まぁ、確かに一抹の寂しさってのもありますが、一度EVFに慣れちゃうとOVFには戻れないですね。久しぶりに銀塩αを使うと、撮影結果が見えないので、戸惑いますね。銀塩時代からやっていた者でもそうなんだから、EVFで始めた人は、OVFには行かないだろうなぁと思います。もちろん、ファインダーの見えはペンタミラーでさえOVFの方が気持ちいいし、動く被写体を流し取りするのに今のEVFでは、フレームをはずし易いのは、皆さんご指摘の通りなんですが。

5Tのことだったのかぁ〜 残念。ネオ一眼好きなので国内でも一眼レフスタイルのミラーレス機を出して欲しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年9月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが2/3インチセンサーの新型コンパクト(XQ1?)を発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが超小型m4/3機のGM1を10月10日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る