キヤノンEF35mm F2 IS USM は欠点の少ない高性能なレンズ

photozone に、キヤノンEF35mm F2 IS USM のフルサイズ機によるレビューが掲載されています。

Canon EF 35mm f/2 USM IS - Review / Test Report

  • 鏡筒はハイクオリティなプラスチック製で、造りのクオリティは非常に高い。フォーカスリングはスムーズに回転する。フォーカシングでレンズの全長は変わらない。
  • AFはリングタイプUSMで、ほとんど無音で極めて速い。フルタイムマニュアルフォーカスが可能。
  • 手ブレ補正は公称では4段分だが、割り引いて受け取ったほうがいい。実写では1段分程度低い効果だった。
  • 歪曲は1%をわずかに下回っており、とても穏やかだ。
  • 周辺光量落ちは、開放で2.3EVで非常に目立つが、F2.8に絞ると大幅に改善(1.29EV)し、F4以上では問題はなくなる(F4で0.63EV)。
  • 解像力は、中央は開放からとても良好(very good)で、F2.8に絞ると素晴らしい値(excellent)に、F4とF5.6では際立った値(outstanding)になる。
  • 外側(周辺部と隅)の解像力は、開放では良い(good)~とても良い値(very good)だが、コントラストが比較的低いので、よりシャキッとしたハイコントラストの画像を得るには絞るのが望ましい。周辺部の解像力はF4からF5.6では、とても良い(very good)から素晴らしい値(excellent)になる。F11以上では回折の影響が見られ始める。
  • 倍率色収差は、周辺部で平均0.3ピクセル前後にとどまっており、無視して良い値だ。
  • ボケは、前ボケは若干うるさいが、より重要な後ボケは極めてスムーズで、旧型よりも顕著に改善されており、大部分のズームレンズより良い。このような良好なボケは、非球面レンズを使っている広角レンズでは極めて異例のことだ。ハイライトの描写(玉ボケ)は、若干縁取りが見られるが極めてクリーンだ。隅では若干状況が異なり、ハイライトの形が崩れ、縁取りも強くなる。
  • 軸上色収差(ボケの色ズレ)は、開放では中程度で、F2.8ではまだ若干の色収差の痕跡が見られるが、F4以上に絞れば解消する。フォーカスシフトは見られない。
  • キヤノン35mm F2 IS は、同じ焦点距離のシグマの35mm F1.4とは、思いの外異なるレンズで、シグマは(開放同士で比べてさえ)解像力で優るが、キヤノンはボケ味で優っている。そしてキヤノンはより軽量コンパクトだ。
  • このレンズは欠点の少ない高性能なレンズだ。周辺部は開放ではいくらかコントラストが低いが、少し絞れば非常にシャープになる。旧型で見られたボケ(特に後ボケ)の問題は改善されており、ボケ味は、このクラスの大部分のレンズよりも良好だ。この高性能を考えると、旧型と比べて高い価格にもそれほど大きな不満は無く、躊躇なくこのレンズを "大いに推薦" する。 

 

光学性能の評価は5点満点中4点で、とても高い評価になっています。このレンズは、SLRGearのレビューでは、開放付近が甘いということで、そこそこの評価でしたが、今回のphotozoneのテストでは開放から十分な性能が出ているようです。

このレンズは、解像力ではシグマ35mm F1.4 には及ばないようですが、ボケ味と軽量コンパクトさで優っていて、加えてISが付いているので、両者の選択はなかなか悩ましい問題かもしれませんね。

2013年10月29日 | コメント(13)

コメント(13)

RICOHのFA35mmF2ALは195g 価格も半値
リングタイプUSMや手ブレ補正ISなどで
重くなり、高くなるのでしょうか?

広角レンズで後ボケをよくするのには、全体的に解像を上げるより設計ノウハウが必要なので、伊達に値段が高いというわけでもないのでしょう。

フルフレームで使用するなら純広角としてシグマのような特性、APS-Cにも流用するのであれば標準レンズ的に使っても美味しい純正でしょうか。

このレンズ、シャープ感とコントラストにエッジが無いので単焦点というよりちょっとズームレンズっぽい描写ですね。小さいので常用広角レンズとしてはいい選択だと思います。

>このレンズ、シャープ感とコントラストにエッジが無いので

レンズというよりキヤノン機のディフォルトってこんな感じですよ。5D2ですしね
もちろん設定を変えれば違うのですけど。

どちらにしろEFレンズはL含めてカリカリ仕上げではないので、その手の描写を選ぶならシグマかツァイスでしょうか。

28/1.8からの買い替えで、8月下旬に購入してから5D2の常用レンズとして使ってます。見た目の割に軽いのですが、もう少し小さいと良かったかと。旅行で夜のスナップなどには最も使いやすいレンズだと思います。少しあっさり目なので自分は忠実設定にコントラスト、濃度、シャープを+1くらいがちょうど良い画になります。旅行を単焦点だけで行く方には特にオススメだと思います。

なんのかんの言っても、フルサイズ単焦点ワイドレンズで24mm-28mm-35mmと揃えてしまったキヤノンはすごい。
着々と、プロだけでなく、一般アマチュアユーザーがフルサイズで良画像を得る方策を考え支援してくれている・・・
続いて、標準マクロ単焦点レンズとポートレート用単焦点レンズのIS化を急いでほしい。

価格以外は高評価のレンズですな。
欲しい1本ですが、他に欲しいレンズもあり手がまわりません。
息の長いレンズになりそうなので価格が手頃になったら購入しようかな。
カリカリ描写じゃ無いのがCanonユーザーを続ける理由ですな、おいらは。

このレンズのデザインが可愛くて好きですわ。
ボケも溶け込むように美しいです。

ニコン派ですが、このスペックのレンズが本当に欲しい。旧型のf2Dを我慢して使っていますが、、、

写真誌などでもあまり話題になりませんが、キヤノン並単3兄弟はどれも素晴しいと思います。
自分は悩んで28mmだけ購入しましたが、カリカリじゃないのに高精細に描写している、いわゆる階調が豊かな気がします。
いずれは24mm、35mmとも手に入れたいレンズですが、皆さんおっしゃるように価格がこのクラスにしては高いんですよねぇ。

私も、解像力・開放値とボケ味・手ぶれ補正(・価格)でかなり悩んだ末、結局シグマを買ったクチです。使用者がどこを重視するかで決まりますし、買ってしまえば納得してしまうんでしょうが、やはりEF35/f2の性能の高さを見ると今でも隣の芝が青く見えてしまいます^^;

ポーンさん、確かにカメラ自体、解像度優先じゃないですね、いいカメラですが。でも写りだけで言えば、自分だったらすんなり素晴らしいキヤノン松ズーム使いますね、この描写なら。

しかし、シグマは別として、一般的にツアイスはそんなにカリカリという評価じゃないでしょうw。もちろんレンズによりますが。。。

35mmレンズには名レンズが沢山ありますが、キヤノン使いなら、このレンズの購入に迷いは不要です。
価格?
安くて、そこそこのレンズで、普通の写真を撮るのも有りですが、
良いレンズで、「素晴らしい写真の世界」を認識すると、コストパフォーマンスの課題も解決すると思いますね・・・・・・・。

これ一本でセバスチャン・サルガド氏のような世界を切り取ることも可能です・・・・・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年10月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが新型機のティーザー動画の第3弾を公開」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが来年1月のCESでX-E2 とX-Pro1 の中間に位置する新型機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る