ニコン18-140mm f/3.5-5.6G ED VR はズーム全域で良好な解像力

ePHOTOzine に、ニコン「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」のレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor AF-S DX 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR Lens Review

  • 鏡筒は大部分はプラスチック(マウントは金属製)で、比較的軽量だ。使用されているプラスチックはハイクオリティで、造りはまずまず頑丈だ。このレンズは防塵防滴ではないが、マウント周囲はシーリングされている。
  • AFはまずまず速く、いつでもMFで調整可能だ。フォーカスリングは、スムーズで十分な重さがあり、微調整も容易に行える。ズームリングも十分な重さがあり、下に向けても自重落下しない。
  • 手ブレ補正は、1/13秒で半分前後のシャープな画像が得られた。これは、約4段分の効果だ。
  • 解像力は18mmでは中央は開放から際立った値(outstanding)で、隅も良好な解像力(good)だ。絞ると隅の解像力は改善し、F5.6で素晴らしい値(excellent)に近い値になる。
  • 50mmでは解像力は落ちるが、中央は開放からとても良い値(very good)で、隅も良好な値(good)だ。絞ると解像力は全体に改善し、ピークのF8では中央は素晴らしい値(excellent)、隅はとても良い値(very good)になる。
  • 140mmでは、中央の解像力は開放からとても良好(very good)で、隅も良好(good)だ。F8に絞ると、中央は素晴らしい値(excellent)になり、隅もとても良好(very good)になる。
  • 倍率色収差は非常によく補正されており、色ズレがが問題になるのは、18mmでF22に絞ったときだけだ。
  • 周辺光量落ちは、広角端で1.83EV、望遠端で0.59EVでよく補正されている。F8以上に絞ると、ズーム全域で見た目に均一になる。
  • 高倍率ズームにはよくあることだが、歪曲は広角端で5.02%のタル型、望遠端で1.5%の糸巻き型で、ズームの両端でとても顕著だ。歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理での補正は比較的容易なはずだ。
  • フードは付属していないが、幸いなことに、逆光でもフレアやコントラストの低下はそれほどみられない。
  • 価格は500ポンド前後で、あと35ポンドだせば、もう少し造りがよく望遠側が長い18-200mm VR II が買えるので、かなり高いように思われる。
  • このレンズはズーム全域でしっかりとした解像力で、色収差や周辺光量落ちも少なく、十分な性能だ。しかし、価格はかなり高く、そしておそらくニコンの18-135mmなどの似たようなレンズからのアップグレードには十分な性能ではない。もし、適正な価格でキットレンズとしてハンドルされるなら、多くの人に選ばれるはずだ。
  • 良い点: ズーム全域で良好な解像力、軽量、効果的な手ブレ補正、便利なズーム域。
  • 悪い点: 歪曲が特に18mmで大きい、価格が高い。

 

解像力はズーム全域で良好で、大きな落ち込みもなく、高倍率ズームとしては立派な性能という印象です。このレンズは、望遠端が200~300mmのクラスの高倍率ズームよりもズーム全域で安定した性能のようなので、望遠端が140mmで十分なら、よい選択肢になりそうですね。

2013年11月25日 | コメント(9)

コメント(9)

これなら16-85買うよなぁ・・・

一時は18-200が大ヒットで品薄だったりしましたが、最近はどうなんでしょうね。
カメラ趣味の人が増えて、目が肥えた結果、「便利ズームは便利ズームでしかない」という認識が広まってる気もします。

>d2さん

便利ズームはパパカメラマンに大人気ですよ!
私の周りの家庭持ちのカメラ好きなパパは、
2本目のレンズに大体便利ズームを買ってますね。

いやいやニコンでも、この手の記事は盛り上がらんですな!
でも、しかし、中々良いレンズらしいですね。

最新24MPセンサーを意識してるようで、解像だけなら16-85より中央は良いなんて誰か言ってましたが・・(雑誌かな?)
確かに周辺や歪曲は悪いかもしれないが、ソコソコ使えれば越したことないから、良いのでは??
16-85ではズーム領域足りないし。18-300ではファミリー層にはデカイし・・案外ちょうど良いかもね。
その辺はメーカーも考慮してるし、最新ボディには最新レンズがマッチング的には良いかも・・

同じサイトで 18-105mm の評価は 230ポンドで星4.5、今回の 18-140mm は 509ポンドで星3.5。 よくよく見ると 18-105mm の方は発売から2年経過してからのレビューなんですよね。発売間もない 18-140mm の星3.5 という評価は (比べると) ちょっと気の毒ですね。2年後に再レビューしてほしい (笑)。

この 18-140mm は十分な光学性能と最新のVRをエントリー機のキットに耐えるコストに収めた (と思われる)、なかなか戦略的な商品だと思います。

最新鋭ボディに組むには良い選択肢なんでしょうが、正直言えば、この辺りの標準ズームには食傷気味なんだと思いますよ。
写りの定番16-85が普及し、高倍率なら18-200、コストなら18-105。出来あがっている上での類似品なんですよね。

単焦点を充実させるとか、大口径ズームを作る(更新)とか、DXの魅力アップにはもっと他の攻め方でお願いしたいなぁ、と。

似たようなレンズばかりでなく、
DXにベストマッチするパンケーキレンズとか欲しいな。

似たり寄ったりなズームの拡充より、DX単焦点の充実を期待したいですね。特に広角、35mmf1.8でもまだ狭いですし。
望遠系はFXのを使えば済みますが、中央解像度で劣る広角系レンズはDXクロップの旨味はあまりないですし(特に最新の24MPセンサーだと尚更)、ナノクリスタルコートありで各種収差補正も完璧な、本気のDX向け広角単焦点が一つぐらいあってもいいと思います。

D7100に検討しているので参考になりました。
歪曲はCNX2で補正すると気にならないかな?と思います。
ただ17始まりとかで差別化して欲しかったです。光学的に無理なのかな・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年11月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが2014年の上半期に4K動画機を含む3機種のAマウントカメラを発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンのデュアルピクセル技術がAF以外の機能に利用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る