ソニーα5100の詳細スペックと画像

読者の方から、ソニーα5100のスペックに関する情報と2枚の画像を提供していただきました。
  • α5100のスペックは次の通り

    - センサーは有効2430万画素APS-C
    - 動画はフルHD。XAVC S、AVCHD、MP4
    - XAVC Sでは最大ビットレート50Mbps
    - AFは位相差とコントラストのハイブリッド。位相差AF179点。コントラストAF25点
    - 液晶モニタは3インチ92万ドット。タッチパネル。180度まで開く
    - シャッターは30秒-1/4000秒。シンクロ1/160秒。電子先幕シャッター
    - ISO100-25600
    - フラッシュ内蔵。ガイドナンバーは4
    - Wi-Fi、NFC
    - カメラアプリケーション対応
    - 連写は6コマ/秒
    - メディアはメモリースティック、SD
    - バッテリーはNP-FW50。バッテリーライフはCIPA規格で400枚
    - 大きさは109.6mm x 62.8mm x35.7mm
    - 重さ224グラム(ボディのみ)

 

α5100の外観は、α5000と比べるとグリップのテクスチャが変わっているくらいで、ほとんど変化がありませんが、内容的には大幅に機能強化されていて、EVFの非搭載を除けばα6000に近いスペックになっているようです。また、動画にXAVC S が採用されている点ではα6000を上回っていますね。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
画像&情報を提供してくださいった方、ありがとうございました。

sony_a5100_f001.jpg

sony_a5100_f002.jpg

2014年8月17日 | コメント(20)

コメント(20)

ストロボじゃなくて、ホットシューじゃないのかな、付けるべきは。時と場所に応じてevf付け外しできれば、最小サイズのAF最強のミラーレスなのに…

購入者アンケートなどのマーケティングでストロボを選んだのでしょう。

「NEX3系統を統合している」と言われているミラーレスエントリーの最下位機種なので、
立ち位置的にストロボが正解でしょうね。

個人的にはファインダは付けないがシューが欲しいけど
この機種に求めることではないと思う。

このカメラって、動画がメインで静止画は(悪い言い方をすると)オマケなんですか。できたら、動画メインのデジカメと静止画メインのデジカメをメーカーは作って欲しい。たぶん、そんなカメラを作れるのはソニーだけだと思う。

いいところ探しをするとすれば、バッテリーの機種変更がされてない、ってところだと。

やっときた!APS-Cで初のXAVC S対応!
動画画質次第ではα6000に買い足します!

とりあえずモニターがタッチパネルになるのは嬉しいですね。できれば下方にも稼動してほしかったけど。

4Kはまだまだ高級品ですが、XAVC Sで布石だけ打ってますね。
年末にむけて。3~4万でこればら撒かれたら他のメーカーキッツイですね。
サイバーショットとハンディカムも大分食われそうですが・・・。

ちょっと似たような機種出しすぎじゃないの?

あら、良さげ
カラバリが6000と被ってるのが残念

これぞ、5ナンバーな機種ですね。
こんな機種を待ってました。
6000もいい機種ですか、少し大きいんです。
ごみ取りなど、変にコストダウンされてなければ買います!

フラッシュは、NEX-5の様に外付けでもよかったかな

至れり尽くせりて感じですね。
6000でも大きく感じる方やEVFは必須というほどでもない方には
こっちでしょうね。

久しぶりにおじゃまします。

いいですねー。
いよいよ、我がNEX-5Nも交代の機種が出来た、という感じです。私としてはNEX-5シリーズの唯一の弱点だったストロボが内臓になったのは正解です。
というか、極力ストロボは使わない派でして、その非常時にいちいちストロボをつけるのが面倒でした。

NEXユーザーにはストロボ使わない派が結構いる、とも聞きますので、この方式でいいんじゃないかと思います。

唯一注文をつけるとすれば、5000の「パコン」みたいなシャッター音を治して欲しい、というところでしょうか(^^;

背面も同じなんでしょうかね。
α6000はようやくNEX時代の芳しくない操作系を卒業しましたが、こちらはα5000同様に旧NEX操作系を引きずるんでしょうか。

ズームレバーがあるのはイイですね。
あとは電子水準器があれば言うこと無しです。

頼むから背面(できれば天面も)のボタンは6000並に数多くあってほしい!
5000の決定的な弱点は操作性の悪さにあると個人的には思うので、そこが改善されて6000並になっているのなら、6000と変わらぬ価格でも買います!

マウントが金属かプラかの情報はないのですね。
まぁプラかなぁ…。

シャッター音と、背面液晶に注目!!!
それ次第で買います!

これはコンデジからミラーレスにステップアップしたいと思っているユーザーへとても勧めやすい機種ですね。
AFが6000並みだとすれば撮れるものにほぼ隙がなくなりますし。そのような人はEVFとか不用でしょうからこの構成で正解だと思います。(NEX-5系からの買い変え層の一部には不評でしょうが)

公式発表きたみたいですね。

一番最初の最初に「コンデジからのアップグレードパスでミラーレス」というポジショニングでNEX-5を出したノリをいまやるのだったら、価格帯的にもこんなところで良いのかもしれない。「スマホからのアップグレードパス」って言い方に変わるかとは思いますが。

4K対応はα6100でやるのですかね。それともα7000/α9000?α7の方もα7sみたいな暫定対応だけぢゃだめですよね。RX1も10もあるし、レンズだけカメラも、湾曲センサー機も、と出す方は大変ですね。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年8月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがクラシッククロームという新フィルムシミュレーションモードを追加?」です。

次のブログ記事は「ソニーがExmor RS を採用するコンパクト「DSC-KW1」を近日中に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る