トキナーがフォトキナでAPS-C用の11-20mm F2.8とフルサイズ用の24-70mm F2.8を展示

トキナーがフォトキナ2014で、APS-C用の広角ズーム「AT-X 11-20 PRO DX」とフルサイズ用の標準スーム「AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX」を展示しています。

Tokina 11-20mm f/2.8 And 24-70mm f/2.8 Lens Shown At Photokina 2014 

  • トキナーがフォトキナ2014で2本の新しいレンズ、11-20mm F2.8 PRO DX ASPHERICAL(IF)とAT-X 24-70mm F2.8 PRO FX ASPHERICAL(IF)を展示している。24-70mmは以前にCP+でも展示されていた。これらのレンズにはSD(超低分散)レンズ、インナーフォーカスが採用されている。

 

フルサイズ用の24-70mm F2.8はオーソドックスなスペックですが、APS-C用の11-20mm F2.8 は他社にはないスペックのレンズですね。現行の11-16mm F2.8 は望遠端が少し短かったので、20mmまで伸びればずっと使い勝手が良くなりそうです。トキナーの広角レンズには、評判がいいレンズが多いので、このレンズの光学性能にも期待したいところです。

tokina_11-20_24-70.jpg

2014年9月18日 | コメント(34)

コメント(34)

出たら嬉しいな、でも70-200F4みたいに純正に迫る値段だったりして。あと逆光耐性も心配です、

PENTAX標準ズームいよいよ来ましたか!?

トキナーのニューレンズ、いいですね。OEMで良いので、ペンタクッスも、よろしくお願いします。

やはりペンタの標準ズームはこれなのかなぁ・・

DX11-20mmF2.8は、ぜひともペンタックスにOEMをお願いしたい。

おおおおお!
11-20/F2.8が来ましたか!!
広角を10ミリからだとさらに嬉しかったけど、こういうレンズが出るだけで嬉しいですね。

他を買わずに良かった〜
悩んで決めれなかったのが吉と出た(笑)

これがペンタックスのフルサイズ用標準ズームになるのだと思います。
以前トキナーの社員が、リコー側からKマウント用に製品化できるレンズについての問い合わせがあると漏らしていましたし。

トキナーとしても、24-70や70-200はキヤノン、ニコンの純正が手強すぎるのでペンタックスとは相利共生できると思います。

11-16/2.8を使っていますが、なかなかに良いです。
確かに望遠よりに少しシフトしたほうが一般的には使いやすいでしょうけど、星景狙いでとなると、あと1mm広角よりにシフトしてほしかったなぁと思います。

噂によると、トキナーはフルサイズ対応の14mmf1.4を開発しているとか。もし本当なら楽しみです。

以前の噂で、リコペンがトキナーにフルサイズ用の標準ズームの準備を依頼したとあった気がします。おそらくこれがペンタックスのフルサイズ標準ズームになるでしょうね。そして今回の70-200㎜がDFAだとすると、ペンタックスフルサイズは24-200㎜まで(場合によっては120-400も?)準備完了といったところでしょうか?最近トキナーも動きが出てきましたね。このレンズの画質が気になりますね。11-20㎜も是非ペンタで出てほしいです!

11-20はPENTAXからOEMで出して欲しいですね。
今のレンズラインナップだと、広角ズームはDA12-24mmF4しかないし、広角域にスターレンズが全く無い状況で手薄。

APS-Cの方も確かペンタのロードマップにありましたよね・・・。

ディムラーさん

ペンタックスのロードマップにあった広角ズームは、12-28mmくらいの帯で表記されているので、トキナーの11-20mmのOEMではなさそうですね。

OEM歓迎ですが、そのせいでWRとQSFが付かなかったら興味薄です。
最近のニコンレンズなら、防滴をうたわないかなりの安レンズでも、マウントに防滴リングを付けているものがあります。

ペンタの他社OEMと言われているレンズにはこうしたものが無いものが見られます。ボディの防塵防滴を売りにしているペンタにこの種のレンズがまだまだ少ないのは大きな問題です。

取り敢えず逆光性能を確認したいですね、トキナーの場合。

11-16使ってますが、11-20で更に周辺星像が改善されるなら買い換え検討します。
24-70はかなり安いか、手ぶれ補正付かないと売れないと思うけどなぁ・・・

(^_^)/ はぃ
前玉にSPコーティング その他にHDコーティングを施し
DFA? DB? ★24-70mm F2.8の出来上がり♪

現行ラインナップのトキナーと共同開発の★レンズ
癖などから色々と言われておりますが
独特の立体感と色味は 他社には無い ホント素晴らしいモノです

もし このレンズがOEMとしてPENTAXに降りるのなら 大万歳
ついでにDA11-20mmHDとして広角の大口径も実に欲しいですね~

トキナーの枠ですが なぜだか
ペンタユーザーの集い場になっていて
この一体感は 他所にはない不思議なモノですね (^O^)

おお、すごいの来ましたね

ペンタフルサイズが出たとしたら純正はこれっぽいですが
性能がばっちしなら問題なし^^

PENTAXの☆レンズがトキナーのOEMレンズだったら嫌だなー。
せめてフラッグシップたる☆レンズはPENTAXにて開発して欲しい。

うおおおお!
ペンタのDFA★標準レンズきたーー!
Kマウントフルサイズが俄然現実味を帯びてきましたね!
70-200mmはフォトキナで参考出品されているようですし、あとはとりあえず広角ズームを残すのみですが、広角こそトキナーさんの得意とする分野なので、トキナーの優秀な広角ズームをOEM提供していただいたいところです。


ペンタのコーディングと防塵防滴にしたDA★11-20 F2.8とかめっちゃほしいな。

あばともさんの

>以前の噂で、リコペンがトキナーにフルサイズ用の標準ズームの準備を依頼した

というのは正しいです。
が、結局コンペで他社に決まりました・・・。

AT-X116PRODX初代を使用中です。
AT-X12-28PRODXは解放F値がF4と言うこともあり、なんとか踏みとどまりました。
が、これは正直ついうっかり買ってしまいそうです。
パッと見無さそうですが、もし手振れ補正なんかついてたりしたらそれはもう…

なるほど、ペンタックス用かと思えば納得。

レンズ業界の人さん

修正ありがとうございました。
では、トキナーの今後のレンズもペンタックスにリブランドされるかどうかはわからないのですね。いずれにせよトキナーには頑張っていただきたいです。

12-24 DX2を使ってます。

F2.8もいいですが、個人的にはこの前のキャノンのような軽くて安価な超広角レンズが欲しいです。素人な私にはDX2は重いしかさばりすぎて…。

Kマウントは出るんですか?

トキナーさんは、ペンタックスのレンズ開発パートナーなので、ペンタックスは見捨てないと思います。

ペンタのレンズロードマップに載ってる奴ですかね?
開放から星撮りに使えるといいなー

Kマウントは同じ光学系を使った純正レンズでの発売(OEM)となるといいですね。

ボディ内手ぶれ補正と収差補正が使える純正F2.8広角ズームはぜひ欲しい!

PENTAXはトキナーとレンズを共同開発することが
あったはずなので期待は出来るのでは?

トキナーの現在のラインナップでPENTAXでもラインナップされているものはほとんどない気がします。昔は沢山ありましたが、どんどんトキナー側はディスコンにしています。逆に言えば、トキナーでディスコンになったレンズをPENTAXはまだ売っています。トキナーの最近出したレンズはPENTAXのOEMにすらなっていません。リコーになってからの関係も不明ですし。。。PENTAXのレンズロードマップでワイドズームは12-28mm程度ですので、このレンズとは違いますがトキナーの12-28mmがOEMとして来るだけでも幸いですね。70-200mmも多分は来ないのではないでしょうか。もし奇跡的に発売となったとしても、個人的にはOEMでなくて普通にトキナー社のKマウントで出して欲しい。多分そのほうが価格が安いと思います。(笑)

PENTAXとトキナーの関係って今どうなんでしょうね。以前はHOYA繋がりが有りましたけど。 OEMが、落としどころですかね。

リコー側からトキナーにフルサイズ用にOEM可能なレンズを問い合わせてるという話はありましたよね。

M35のモーター内臓が欲しかったですねえ
APS-Cで標準画角が撮れる1:1のマクロレンズってなかなか無いですし


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年9月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF100-400mm F4.5-5.6Lのリニューアルを明言」です。

次のブログ記事は「フォクトレンダーが「Nokton 10.5mm F0.95 Aspherical」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る