DxOMark にキヤノンEOS 7D Mark II のセンサースコアが掲載

DxOMark に、キヤノンEOS 7D Mark II のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Canon EOS 7D Mk II review: Low ISO performance lags behind rivals 

 

  7DMarkII         7D           70D         Kss X7   
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
70 66 68 63
Color Depth
(色の再現域と分離)
22.4 22 22.5 21.8
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
11.8 11.7 11.6 11.3
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
1082 854 926 843

  • 7D Mark II のスコア70 は、いくつかの旧機種やより小型センサーの機種に後れを取っており、これは少し期待はずれだ。
  • 色再現の22.4bits は良好なスコアだが、このクラストップの機種には及ばない。ダイナミックレンジは、最低感度では11.8EVで予想よりもいくらか低い。しかしながら、高感度のスコアは1082で、このカテゴリでは7D Mark II はライバルと互角の性能だ。 
  • 7D Mark II のダイナミックレンジは低感度では改善されていないが、高感度では改善が見られる。キヤノンは低感度ではダイナミックレンジが狭いが、ISO400以上ではソニーのセンサーと容易に肩を並べる。
  • 7D Mark II は、スペック的にはスポーツやアクションカメラマンには揺るぎのない選択に見えるが、センサー性能では、少なくとも低感度では、クラストップの機種にいくらか後れを取っている。しかし、高感度ではこれはあてはまらず、7D Mark II はライバルと同等か、若干しのぎさえする。

 

7D Mark II は最低感度のダイナミックレンジが従来とほとんど変わらないので、DxOのスコアはあまり伸びていませんが、ダイナミックレンジのグラフを見ると、高感度のダイナミックレンジは大幅に改善されていて、ISO400以上ではライバルのAPS-C機と同等か若干上回る性能となっているようです。

高感度ノイズに関しては、大きく改善とまではいきませんが、これまでのキヤノンのセンサーと比べると着実に改善しているようですね。

[お願い] DxOMark のスコアの信憑性やデータの読み方などに関するコメントは、引き続きDxO全般のページでお願いいたします。

dxo_7d2_dynamicrange.jpg

2014年11月 6日 | コメント(42)

コメント(42)

シャッタースピードを稼ぐのに感度を上げて撮影する事を前提に考えれば、この結果で良いかもしれないですね。

Low-Light ISOだとα6000より低くα77Ⅱとあまり変わらない位。
Overall Scoreだとα77Ⅱにもα6000にも追いつかないのですね。
少し以外でした。

な全体のDR向上より高感度のDR向上に努めたんですね。動体を撮ろうとするれば、やはりシャッタースピードは稼ぎたいので、高感度使用の機会は増えるので、DR性能の向上による高感度使用時の諧調表現の向上は評価出来るんじゃないでしょうか。センサースペック的にも動体撮影に特化していることが明らかになった感じですね。

逆に言えば、低感度時のDRを考慮すると風景やポートレートとなどは、6Dや5D3なんかがやっぱり有利ですね。

低感度のソニー、高感度のキヤノンって感じですね

低感度でのダイナミックレンジなどは相変わらずの状態ですが、着実に改善していて好ましく感じます。
ダイナミックレンジは一貫して11~12弱なので、最近はわざとそういう風にチューニングしているんじゃないのかと思ったりもします。(性能の違いももちろんあるでしょうが)。

センサーサイズが他社より小さい中でも高感度スコアが良く、DP CMOS AFもあると考えると総合的にはなかなか良いと感じます。

DxOのスコアは「最大値」しか評価されないので誤解されがちですが、この高感度のがんばりはなかなかだと思います。

「最大値」が強いカメラに魅力を感じないかと言われれば、それはまた別の問題ではありますが。

あ~、予想してました。これからもずっとこの傾向だと思いますよ。DxOMarkのセンサースコアでは、いつもキヤノンのセンサーはダメダメですから。
でも、他社機と一緒に使っていて画質が悪いとか、他社に劣っているとは感じないので、自分にとっては、DxOMarkのセンサースコアが、逆に不思議でしかないんですよ。
もし、スコアーが本当なら、余計に映像エンジンの優秀性や、トータル的な仕上げのセンスが良いとしか思えません。

ISO400以上ではソニー超えてるんですね。
このカメラを用途を考えればそれで十分では?

DPreviewの比較画像で判断するならISO耐性は他社APC-Sに比べて良好な結果に見えますが僕の目が可笑しいのかな~(・・;)

http://goo.gl/akhKgh

各サンプル画像見て、大体予想していた通りの結果ですね。Low-Light ISOは向上してるのに他の項目は7D殆ど同じなので、RAWでもそれほど懐は深く無さそう。

RAWであれば初代7Dと同等の画質なのかしれませんね。
JPEGは優秀ですが

いやいやすごい改善でしょこれ。高感度メインの自分には最強のAPSセンサーですわ。

他社のAPS-Cサイズの違いで
僅かに負けているという感じでしょうか・・・?

いぬさん
他社と比べて1/3段も差が無いのですから見方によっては良く見えたり悪く見えたりすると思います

>>いぬさん
本当ですね、7d2の高感度すごくいいですね。
ものすごく欲しくなってきました。

Low-Light ISO が1082とは・・・。
ちょっと残念ですね。
ニコンD300からの乗り換えを検討していましたが、今回は見送ります。

ライバルであるD7100と比較してしまうと、
結構厳しい数値ですね。
やはりデュアルピクセルCMOSが悪影響を与えていると
思われます。実ピクセル40MPのセンサーと考えると、
立派な数字だと思いますが・・。
キヤノンがSONYセンサーを導入するという話も
持ち上がってきておりますし、その時に
大きな転換点を迎えるかもしれませんね。

本来、センサーの性能は、DxOのグラフでは直線になるはずのものです。特に、低感度側では。

ソニー製センサーは、何年も前から、そのようになっています。これは、ソニーの製造技術が十分に高くなり、もはやセンサーの性能が「ベイヤー配列のセンサーの物理限界」に近づいていることを示しています。

ところが、キヤノン製センサーは、以前からずっと、低感度側で直線から大きく下にずれてしまっています。

これは、おそらく、プロセスルールが、ソニーよりも何世代も古いために、ADコンバーターの性能(精度)が光電変換セルの性能に追いついていないためだと思います。

かといって、プロセスルールを更新するのは莫大なコストがかかるので、外販をしないキヤノンではコストを回収できない、とう判断なのでしょう。

ですので、内製にこだわらない方がいいように思うのですが…。

すごいですね。DPAFなのにAPSCで1番の高感度じゃないですか。
あとはキヤノン製世界最小の15ナノメートルの露光装置でセンサー作って欲しいですね

>a scientist
Canonは70Dで微細化プロセス導入していますよ。7D2で更に微細化されてます。

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/70d/feature-highquality.html
>CMOSセンサー内のフォトダイオードの開口率向上を目指し、CMOS半導体工程に新しい微細化プロセスを導入

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20140930_667620.html
>EOS 70Dのイメージセンサーとの違いは?
>西沢:高感度特性の向上のために、半導体製造工程で新プロセスを採用しています。

7Dと7DⅡのダイナミックレンジのグラフを見比べて思ったのですが、
落ち方がまっすぐになっているので設計か製造での見直しの結果が出たのだと思います。
とりあえず「AFが良ければ十分だよ」な期待でしたが、スペックだけのカメラでなく総合で運用しやすそうなカメラになったんですね。

まあ個人的にはスポーツ撮影でシャッタースピードは遅めの方を使うので、高感度よりはNDフィルター付けるのサボるために低感度の方がお世話になりますが。

製造プロセスの違いでしょうか。
相変わらずキャノンのセンサースコアは低めですね。
他社APS-Cよりもセンサーが小さいとは言え、
Low-Light ISO以外は2008年9月発売のニコンD90以下で驚きます。

高感度については、ノイズの出方や処理方法の良し悪しもあるので、
Low-Light ISO の数値から受ける印象とは必ずしも一致しませんが、
そのLow-Light ISOにしてもD90に対して1/6段未満の優位性しかありません。

キャノンはLow-Light ISOの上昇率が低いのも気になります。
7Dから7D2までの61か月で1/3段しか改善していません。
ニコンはD90からD3300までの65か月で1/2段改善しています。

センサーはセンサーサイズなり、極めて「普通」だと思います。
7Dmk2は他の部分が魅力的なので、結果魅力あるカメラだと思います。

B747さん

> Canonは70Dで微細化プロセス導入していますよ。7D2で更に微細化されてます。

その、当社比での「微細化」の内容と程度が問題だと思います。

たしか、ソニーから何世代も遅れていたと思います。

それを一気に挽回したのであれば、堂々と数字をあげて宣伝するはずですが、宣伝文にさえ「新しい微細化プロセスを導入」という程度の書き方になるようでは、わずかな向上に過ぎないと思います。

それが当たっていることは、測定値が物語っています。

a scientist さん
SonyはADCがセンサに内蔵、Canonは外付けの認識なのですが、
CanonもこのセンサからADC内蔵になったのでしょうか?
Canonの場合、センサのプロセスとADCは関係ないのでは?

高感度はTLMというハンデがあるα77IIと互角なんですね。

今回ニコンには追いつかないまでもかなり近づくと思ったのですが残念な結果ですね。
ニコンとキヤノンのWマウント利用で一番気になるのはキヤノンのダイナミックレンジの狭さです。特に風景を撮る人はこの差はかなり感じるのではないでしょうか。
JPEGではそれほど差ないのですがRAWでちょっといじるとその差は歴然。
7DMark2はスポーツや動きものメインだろうから仕方ないにしても風景用途が
増えそうな今後の噂の高画素機ではもう少し頑張って欲しいですね。

本当かどうかわからないけどCanonはセンサー出力段階で手を加えるのはやってはいけない事としているという話を聞いたことがあります。
真偽はわかりませんけど多分メーカーの写真に対する拘りとか方針なんかも関係してくるんでしょう。
スコアも参考にはなりますが、写真を趣味にしている以上は自分の目と手で判断したいものです。

期待したよりも大きなブレイクスルーはなさそうですね。
スポーツ専用と考えるなら十分なスペックではないでしょうか。

APS−Cをうたうから過度の期待をしてしまうのかもしれませんね
いっその事4/3より少し大きめの3/2で規格作っちゃえば過度な期待をせずとも丸く収まりそうな気もします。

7d2で満足行く画質であれば4/3や1インチコンデジもバカにできない規格に成長したのかもしれませんね。

実写で比較しているサイトで見れば APS-Cの中では高感度最強なのは間違いないですね。
まあDxOはDxOなりの測定基準があるんでしょう。


先代7Dでiso1600あたりのノイズが良くなればと思っていたので、まあまあの結果です。

7D2とD7100とα6000を比べてみました。
SNR 18%のScreenのISO800~ISO4000ぐらいまでは、
7D2は確かに少しだけしのいでいます。
ISO4000以上はα6000が優っている。
printになるとほぼ3機種同じぐらい…。でも、α6000が高感度側がかなりよい。
後の項目は、やっぱり芳しくないですね。
高感度は他社に並ぶぐらいなので、スポーツ用途では7Dからずいぶんよくなったのかと。
DxO labs、サーバー落ちたか繋がらなくなった(^^)

ののさん

アナログ増幅した信号をチップの外まで電送するとノイズが乗ってしまうので、ADCはできればソニーのようにチップ内に設けたい訳ですが、
http://goo.gl/N9tYyt
にも書いてあるように「列並列ADCは恐らく0.5um世代プロセスでの導入は難しい」ので、やむを得ずアナログ出力(それをチップの外でADC)にしているのだろうと思います。そのために、低感度での性能が他社に比べて大きく劣っていたのでしょう。

それが、7DIIになって、チップ内にADCを内蔵した可能性はあるとの指摘もあります
http://goo.gl/SV4wMF

それが本当だとしても、一気に何世代も遅れていた技術を追いつけるわけではないので、やはりADC周りに問題が残っているのだろうと推測しました。

低感度側で急に性能が頭打ちになる、という測定データを説明するには、アナログアンプからADCまでの間のどこかに問題がある、と考えるのがいちばんわかりやすいからです。

ただ、この推測が本当に当たっているかどうかは、キヤノンの技術者にでもきかないと判りません。

グラフ見てて思ったのですがiso100とiso200のダイナミックレンジのスコアに変化がないですね
これは基準感度からさらに減感したときと一緒のグラフです
センサーの高感度の上昇は半導体関係でなくカラーフィルタやマイクロレンズによるものだと思われます

 DxOMarkの7DⅡセンサーのスコアーが、相変わらず低めの70という数値ですが、それにしても先行のライバル機D7100の83と比較しても劣勢は明らか。
 キャノンの画像処理エンジンが秀逸なのでそれをカバーしているのだろうと思います。
 どなたかの意見にありましたが、おそらくセンサー製造過程におけるプロセスルールの違いがこのような結果を生んでいるのでしょう。
 かつて、アナログ時代はノウハウが決め手でしたが、デジタル全盛の昨今では例えば、PCの発展がインテルのCPUのプロセスルールの限りない微細化によってなされたことも周知のことでしょう。
 その点で、多少は改善されたとはいってもキャノンはセンサー製造において、APS-Cフォーマットは性能的に限界に来ているといわれている中、まだ、他社に後れを取っていることは否めないと思います。
 
 
 
 

画面に表示したり印刷する限りでは、低ISOでのダイナミックレンジの狭さを感じることはありません。ただ、画像処理ソフトでシャドウを持ち上げると、例えばニコンさんのカメラと較べるとノイズが目立つそうです。逆に言えば、普段はそんなに気にしなくていいのでは。

ショールームでいじっただけですが、この数値はある程度予想してました。

ただ、「フルサイズセンサー+DIGIC5+」で見せているノイズ低減技術からすると、ちょっと肩透かしな面も否めません。
(個人的には1Dmk4を超えてくれたら買いだったんですが・・・)

今後、ファームウェアアップデートで高感度も改善されることを望みますが、やるとしたら、7Dmk2の価格下落が始まる頃に合わせてくると思うので、当分はこのスペックで我慢するか、もしくは、中古で1Dmk4を購入したほうが、ユーザーとしては満足できると思います。

まさか高感度性能でキヤノンがソニーを超える日が来るとは思わなかった。あっぱれです。

センサー単体でテストしているわけではなくRAWデータで検証しているため
絵作りの癖なども結果に反映されるであろうDxOのテスト結果ですから
他社と直接比較しても参考程度と個人的には思いますけどね。

キヤノン同士で比較すると最近発売された同画素数の70Dより確実に改善されて
新プロセスセンサーの効果が出ているのかなと思えます。
実写の例を見るに高感度はもうちょっと改善が数字に出ても良さそうな位ですが
DxOは低感度に厳しいですし仕方がないですね。

うーん、高感度改善されてますかね?
比較サイトのは単にシャープネスとコントラストが高いだけに見えます。
結果線が太く微妙なような・・・

RAWではこの件は改善されますが、
同等のコントラストにしてしまうとノイズ感は他社と大差なくなります。
まぁ大差ないので何も問題ないんですけどねw


個人的には正直画質はどうでもよく、AF精度の方が気になります。
連写性能はぶっちぎりで文句のつけようがありませんね。

生データになるとSONY製センサーと総合評価では10点以上も
離されていますが、SONYの半導体技術のスゴさはどこの差が
最も大きく影響いているのでしょうか。

canon自社センサーだとなかなか追い付けない理由がふしぎで
たまりません。

7D Mark IIとD300SはOverall70です。しかしISO150以上は全て7D Mark IIのデータが上ですね。当然のことでしょうが、Overall Scoreだけでの機種選定は危険ですね。私の撮るスタイルではISO400以上ばかり、400以上から他社以上なら飛びついたのに。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2014年11月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのピクセルごとに露光時間を変更可能なセンサーの特許」です。

次のブログ記事は「ピントを後から変更可能なライトフィールドカメラ「LYTRO ILLUM」の国内での発売が決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る