画質比較ツールに「LEICA X typ113」のデータが追加

dpreview の画質比較ツールに、ライカのAPS-Cのコンパクトカメラ「LEICA X Typ 113」のRAW&JPEGのデータが追加されています。

Leica X (Typ 113) added to our studio comparison database

  • LEICA X Typ113 はライカの最新のレンズ固定式APS-Cカメラだ。このカメラは引き続き16MPのAPS-Cセンサーを採用している。レンズは換算35mm F1.7で、旧型のX-2のF2.8よりも大幅に明るくなっている。我々は新型のLEICA X をしばらくの間使用する機会があり、そしてスタジオ比較データベースにデータを追加した。
  • RAWデータは、Adobe Camera RAW(ACR)の標準設定で現像している。

 

LEICA X Typ113 は他の国産のハイエンドコンパクトと比べると、シャープネスのかけ方が弱いためか、かなり柔らかい描写に感じます。

高感度はJPEGでは色ノイズはよく抑えられていますが、輝度ノイズは意図的に残しているようで、かなりザラザラしていますが、フイルムっぽい雰囲気を求める人には向いているかもしれませんね。

2014年11月13日 | コメント(2)

コメント(2)

コンパクトカメラの高級化が進むと、こういうニッチな感じになっていくんですかね。先駆けがSIGMAなのがやや意外ですが、ソニーの路線もこんな感じになるんでしょうか。もっともライカ以外はなかなか、スペック至上主義から抜け出せないと思いますが。

RAWで比較してみてもLeica Xのほうが柔らかく見えるのでレンズの性能でしょう。
高価なカメラなので、もう少し解像感のあるレンズだと嬉しいのですが・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年11月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE16-35mm F4 ZA OSS は画質ではAマウントの16-35mm F2.8ZAに負けていない」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにパナソニックGM5のセンサースコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る