ハッセルブラッドがRX100M2ベースのコンパクト「Stellar II」を発表

ハッセルブラッドが、ソニーRX100M2をベースにグリップなどをカスタマイズしたコンパクトカメラ「Stellar II」を発表しました。

Hasselblad introduces Stellar II luxury enthusiast compact (dpreview)

  • ハッセルブラッドは、エンスー向けのコンパクトStellar II を発表した。このカメラは、ソニー製カメラ(この場合はCyber-shot RX100M2)のロゴを付けかえたものだ。

    グリップの種類はオリーブ、ウォールナット、シタン、カーボンファイバーがある。価格は1650ユーロ。最近のハッセルブラッドのイタリアのデザイン工房の閉鎖を受けて、このカメラはハッセルブラッドによるソニー製カメラの最後のリメイクカメラになる可能性が高い。

 

しばらく前にLunarやStellarなどのデザインを行っていたハッセルブラッドのデザインセンターが閉鎖されたというニュースが流れたので、もうこのシリーズのカメラは登場しないものかと思っていましたが、Stellar II が発表されたので、まだ続くようですね(dpreviewはこの機種が最後だと予想しているようですが)。

このStellar II ですが、1650ユーロでは価格が高すぎて購入する人はごく一部に限られてしまうと思いますが、ベースとなったRX100M2から数万円高い程度なら、派生バージョンとしてこの機種を選ぶ人も結構いるかもしれませんね。

hasselblad_stellar2.jpg

2014年11月26日 | コメント(18)

コメント(18)

この木のグリップだけ欲しいです

RX100mk3ではなくmk2とは…
α99のハッセル版はかっこよかったです。

165じゃなくて1650ユーロ?
為替が26日時点で147円で計算すると23万9250円

え??
α7s買えてしまうのですがwww
実売価格が幾らかは知りませんが、デザインだけで中身が一世代前のmk2…なんでmk3じゃなくて?
ハッセルブラッドは以前にもα99のガワだけ変えたの発売してましたが
購入層がよくわかりません…

この前ビックでStellarが21万で売られてるのを見てのけぞったんですが、M2ベースならそれより高くなるんでしょうね。
いまなら一つ飛ばしてM3ベースで作れば良かったのに。

デザインとバッヂ代としては高いですよね。中国あたりでは売れるのかもしれませんが。

本家もシルバー出ないかな?
グリップもね^^

正直、デザインとしてのみ考えても何も感じ入るものがないですね。

もはやそこまで強気な値段をつけられるほどのネームバリューも無いように思いますが・・・

木と金属。異質なものが組み合わさって、不思議なインパクトがあると思います。こういう、人とは違うものが欲しい人もいるのでしょうね。ただ、M3ベースにした方が、高くても売れると思います。

以前アストンマーティンのディーラーにハッセルが展示されているのを見ました。そういう層が買うのでしょうね。

前の世代のソニーそのまんまだというのが一目瞭然だから、売るのが難しいのだと思います。
写りと機能が大したことが無くても、出所が分からなければ、正直、日本でも買う人はそこそこ見込めると思いますよ。

このカメラは悲しい。
海外のヤシカブランドのカメラをみたときと同じ印象です。
Hasselnutは、本社で開発して欲しかった。

本家?のRX100もシルバー(ホワイト)モデル出せばいいと思います。私は欲しい。

CP+などで必ず冷やかし(?)にお邪魔して触らせてもらいますが、価格さえなんとかなれば私はこちらの方が欲しいですね。せめて1.5倍に抑えてもらえたら…(^_^; それにしても今M2というのが解せませんが、この流れだと、いずれM3も型落ちする頃に出てくるかもしれませんね?w

ところで、原宿だかにオープンした日本法人のショールームはまだあるんでしょうかね?

グリップ単体だと、おいくらなんでしょうか??

何でもかんでも木目を持って来たら
高級感出るってもんでもないと思う。
グリップ単体では美しいけどね。

グリップはかっこいいですけど、Hのマークはカッコ悪いですね
外観に関しては、価格相応の魅力は感じませんね

B&Hで$999.99ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2014年11月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「αレンズ交換式カメラは小型ボディに圧倒的機能を搭載する」です。

次のブログ記事は「オリンパスED14-42mm F3.5-5.6 EZ は驚くほどコンパクトだが小型化による犠牲も大きい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る