リコーイメージング(ペンタックス)のフルサイズ機は近い将来出る可能性がある

デジカメWatch に、リコーイメージングの山元康裕氏、小迫幸聖、小林智晶氏、遠藤浩平氏のインタビューが掲載されています。

メーカー直撃インタビュー:リコーイメージング編

  • (レンズ交換式カメラの今後の進化は?)一眼レフカメラのほうは、そのスタイルの良さを守りながら、いままでにない新しい技術革新を模索していく方向だ。ミラーレスカメラは小さなサイズを意識しながら、より一層の高画質化や操作性の向上を狙っていく方向ではないか。
  • (イメージセンサーは大型化や、さらなる高画素化に向かう?)大型化(フルサイズ)は1つの方向性としてあるが、小さいサイズ(APS-C以下)には利点として、サイズが小型化できるということもある。高画素化には向かうと思う。ただし、(具体的な策があるわけではないが)高画素とは違う方法で高画質が得られるようなことにも期待したい。
  • (レンズ交換式のフルサイズカメラの発表は?) 現時点で具体的な話はできないが、開発は従来通り続けている。製品化するかどうかのジャッジは来年ぐらいにははっきりさせたいと考えている。「開発中」ということは近い将来に出てくる可能性があると考えてもらっていい。仮定の話だが、もしやるとすればKマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃える。
  • (APS-Cサイズまたはフルサイズのミラーレスカメラについて) 非常に高い市場性を感じているが、私たちがやるかどうかは別だ。申し上げられるようなレベルのものはないし、まだまだ研究中のレベルだ。
  • (GRのズームレンズ化の予定は?)要望があるのは事実だが、GRの商品コンセプトにもかかわることなので、よく考えなくてはならない。現時点で具体的な予定はない。
  • (Q用のマクロレンズの予定は?)継続して検討をおこなっているが、いくつか技術的なハードル、たとえばAFの高速化、などが残っていることと、Kシリーズや645シリーズで望まれているレンズを含め、開発を優先するレンズを検討しているところだ。

 

フルサイズ機については、これまでリコーイメージング(ペンタックス)は、ずっと研究開発中とコメントしてきましたが、ここでは「製品化するかどうかのジャッジは来年ぐらいにははっきりさせたい」とこれまでよりも踏み込んだ回答になってきますね。

また、「もしやるとすればKマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃えます」と述べられているので、開発中のフルサイズ機はKマウントの一眼レフのようですね。

2014年12月29日 | コメント(93)

コメント(93)

意欲的な姿勢は大変いいと思いますが、果たして長期にわたって維持できるのだろうか?
見てみたいと思う反面うまく行かなかった時の様々な影響が心配されます。

リコー好きでニコンフルサイズユーザーですが、ペンタのフルサイズが出て、性能が良さそうならちょっと揺らぎますね。

ミラーレスはGXRの次世代は諦めたので、リコーUIでコンパクトなものを出して欲しいです。
GRのAPS-C化ができたのですから、GM-1みたいな小型軽量のミラーレスがほしいです。
Qシリーズのせいでなさそうですが・・・

リコーがペンタ買収をしなければ出てきたのではと想像すると、ペンタ買収はリコー好きからすると複雑な心境です。

「もしやるとすればKマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃えます」

“もし”ではありますが、この言葉を信じたい。

フルサイズはマウントが変わるけどこれまで続けてきたKマウントは大切にしていきたいともとれます。

ペンタ好きとしてはフルサイズを期待したいけど、K-3の24Mのソニーのセンサーは今一。
今欲しいのは20Mセンサーでキャノンの7DⅡの様なAF性能を持ったAPS-C機が欲しいです。
(今持ってるK-5Ⅱsが潰れそうだから)

田中希美男氏のtwitterによると、ただ出すだけの代物ではないようです。期待できますね。

「リコーイメージングがこれからフルサイズ判をやるにしても、キヤノン、ニコン、ソニーの大きな壁が立ちはだかっているんだし、いったいどーするの? とぼくは聞きましたよ。そうしたら「対抗できる秘策はあるっ」と。」
https://twitter.com/thisistanaka/status/549479862709137411

Eマウントでいち早くフルサイズミラーレスが出ましたが、あれはaps-c基準で作ったマウントに無理やりフルサイズセンサを押し込んだ形なので、ゼロからフルサイズセンサ専用で規格すれば、eマウントを上回るものが作れる気がするんですよ。

Kマウントはアダプタでいいっすよ。もうねただの筒じゃなくてレフミラーとペンタプリズム入れたマウントアダプター作る、とかね。

Kマウントを維持するのはどうなんでしょう..
いっそのこと新規マウントのミラーレスにして、FAもDAもアダプタ経由でマウントできればいいような気がします。
フィルムからデジタルへの移行が遅れて今のペンタになっちゃったので、そこらへんのスピード感が欲しい。
この機会に完全電子式にしちゃった方が将来的に良いんじゃないですかね。

次のcp+で何かのアクションのあることを切に希望します。

デジタルカメラマガジンの載ってる田中希美男の予想では

「来年2015年中(たぶん後半)に、そこそこの数のレンズも揃えてフルサイズ判センサーの一眼レフが正式発表されるに違いない。インタビュー中に話の端々にそれを感じさせるコメントがあった」となっていますね。

昨年は645D後継機とK-30後継機の発売を予想して当ててるから、今回も当たるといいですね。

フルサイズ機、是非Kマウントで出してほしいですね。楽しみにしています。
そして、ミラーレスでなく、一眼レフで出してほしいですね。
以前、SONYの関係者の方から伺った話だと、α900のファインダーまわりはRICOHが供給していたと聞いています。
その技術をもってすれば、素晴らしいファインダーを持ったフルサイズ一眼レフができると思いますので。

・最新センサーの性能を発揮できるフル用レンズがない

・どうしてもフルサイズが良い人はとっくにキヤノニコに移住した

・フル以上の画質なら中判がある

以上の現状を考えると
完全新規マウントでリスタートするチャンスかもしれません

とはいえ、実際のところトキナーと共同開発でしょうし
ミラーレスのレンズは無理かもしれません

そう思えるからこそ
自社だけでミラーレスレンズまで出して来たら驚きます

645、K、Q、GR、その他コンデジと多岐に渡っていますから、開発リソースの割り振りに苦心しているように見えますね。
ただ、今年に出たレンズは16-85のみでしたし恐らくはフルサイズカメラとレンズの開発にかなりのリソースを割いていたのではないでしょうか。
リコー体制になってからの新規レンズであるHDDA20-40mmが個人的にはかなり良いレンズでしたので、どのような方向へ向かうにしろ楽しみにしています。

他社のインタビューに比べてちょっと芯の無いのらりくらりとした内容ですね。

正直、今さらフルサイズを出して利益が上げられるのか疑問です。
(利益率が悪いと三度身売りなんて事になるのでは)

一眼レフのシェアが落ちてミラーレスが伸びてる現状ですからフルサイズ一眼レフではごく少数のシェアしか取れないでしょう。

フルサイズミラーレスならライバルはソニーだけなのでペンタックスの得意の耐候性とコンパクト化で良い勝負になるかもしれませんがαは3つのセンサーバリエーションという強みが有るので楽には勝たせてくれないでしょう。

なんにせよ専用の最新レンズがどれだけ揃うかでしょうね。
(現状のKマウントフルサイズ対応レンズだけではちょっと魅力に欠けます)

最新レンズやデジタル対応だけが写真遊びじゃないのでKマウントのフルサイズ良いんじゃないですかね

先日ニコンのD750でフレアの出方が話題になりましたが、海外は綺麗なフレアを出して撮影する技法が一般的にも親しまれていて、そういった用途には多少古めのレンズの方が良い作例が多いようです。
世界最高のカメラやレンズにコンパクトなシステムであるライカか数えられている事から見てもKマウントにはまだまだ可能性があると思います

「出る可能性がある」のなら「出ない可能性も」あるわけで...
煮え切らない態度が続くならフルサイズ待ちのユーザーは多マウントに流出してしまいますよね。
私も曖昧な態度に業を煮やしD800へ流れた口です。

ずっと曖昧な態度でいるのも出来ないでしょうし期待してるユーザーの為にも早く白黒つけて欲しい物です。

エチオピア饅頭大使さん

>α900のファインダーまわりはRICOHが供給
>していたと聞いています。
>その技術をもってすれば、素晴らしいファインダーを
>持ったフルサイズ一眼レフができる

それが田中希美男氏のTwitterで噂されているリコーイメージングの秘策なのかもしれませんね。

将来を踏まえるとミラーレスになると思いますが、KマウントでK―01のFFよりはGXRのFFの方が先発メーカーと重なる部分が少なくて良いと思います。M12アダプタでライカレンズをそのままの画角で使えるのは夢ですからね。

GRのボディをベースに、1インチセンサーの「GX」なんてのはどうでしょうか?換算24-85mm F2.8通し。SonyもCanonも広角側の開放値を欲張って画質に影響を与えているようですし、堅実な素性の良い1インチセンサーの画質をぜひリコーペンタックスの手で提供するのは高級コンパクトに一石を投じられるのではないでしょうか?

1インチズームはGX銘で是非。
Kマウントについては、背負う物がM42スクリューからですから、マウント変更は無理でしょう。
古のMXのようなコンパクトなフルサイズを個人的には望みます。そして、2年に1度買い替えをしたくなるような継続的なモデル開発もお願いします。

まあ、今から完全新規のシステムにするのは自殺行為な気はしますね。
SONYのEマウントが新規で成功したのは世界一のセンサーメーカーであり目的別に最適化したラインナップを揃えられたことや、動画がお家芸で一眼動画が注目され始めたタイミングとEマウントの売り出しが重なったのが何よりも大きかったのだと思います。

大御所である筈のキヤノンのEOS-MやニコンのNikon1がEマウントシステム程の成功を収められなかったのを見ても甘くはないでしょう。

個人的にはフルサイズはいらないような...
特に理由はないですが、APSと645を極めた方がペンタックスらしいと思ってます
手頃な価格の645を出すとか、他社製を寄せ付けない高性能のAPSを出すとか...

フルサイズは望んでおりません。
645デジタルの更なる進化とレンズラインナップに尽力して欲しい。
645Zは装着可能なレンズは数ありますがその多くがデジタルの良さを最大限引き出すまでに至っていない印象。
カメラ内Jpegの画づくりを外部RAW編集ソフトにて更に磨きをかけられると尚良し。

うんぱるんぱさん
huiさん

フルサイズが20MP程度だった数年前までは、風景写真や引き伸ばし出力する業務用写真には、中判デジタルの高画素が必要になる場面がありました。

しかし今はフルサイズでも36MPが当たり前となり、来年には50MPのカメラも登場します。
こうなってくると、重くてフットワークが悪く、さらにAFも頼りにならない...そして非常に高額な中判デジタルをわざわざ選ぶ理由はもうありません。

645デジタルは使用用途が狭くフルサイズの代わりにならないばかりか、その顧客を次々とフルサイズに奪われてしまっているのが現実ですよ。

いちペンタユーザーとしてはどうも全体的にモヤモヤするインタビュー記事でした。

メインにK-5IIsを使ってるペンタユーザーなのですが
フルサイズ待ちでK-3をスルーしたので「来年中にフルサイズ出します」と言って欲しかった…。
こういうインタビューで先んじて発表できないのは当たり前なんでしょうけど、
いい加減待ちきれずに乗り換えを考えている状況です。
今更、コーティングの古いFAを使う気もないのでペンタへの執着も薄れてきましたし。

ミラーレスについては既に見切りつけてサブ機にNEX-7を導入してしまいました。

個人的にはリコーさんに本当に聞きたいのはユーザー流出についてどれくらい深刻に考えているのかです。

APS-Cは高速連写、動き物、望遠が得意ですから、リコペンのKマウント1眼レフはAPS-Cの世界を追求して欲しいです。高速連写、動き物、望遠が得意でないフルサイズは、ミラーレスと親和性が高いように思いますので、フルサイズに限って言えば、ミラーレスの脱Kマウントも悪くない選択だと思っています。でもKマウントアダプターの確保はしないと困りますが。

来年、新型GRは出るでしょうか。2年周期の2年目ですし。
個人的にはEVF内蔵でどこまで小さくできるかチャレンジして欲しいですが、おそらく反発が大きいでしょうから、、外付けEVF対応で、AFの高速/高精度化に期待します。

「もしも私が経営者であれば」という仮定で大胆企画を提案するならば、
「ソニーのEマウントを採用」します。

Eマウントの一眼レフや、ニコンDFのようなダイヤル操作機(LXの21世紀版)、
高価すぎない優秀な単焦点レンズ(絞りリング有り?)などを出せば
既存のEマウントユーザーも吸収できます。

また、ソニーとペンタックスの2社がEマウントを採用することで、
Eマウントが、ユニバーサルマントであったM42やKマウントの後継となる可能性も出てきます。

GXRみたいなデザインのフルサイズミラーレス出して欲しいなぁ

D300s後継機、キヤノン高画素フルサイズ、ペンタフルサイズという永年の三大(?)都市伝説カメラが来年には全て出てくるかもしれませんよね、楽しみです。
「秘策」にはアストロトレーサー内臓、高性能ファインダーで「夜空を撮りたくなるフルサイズ」みたいな展開を勝手に期待してます。フルサイズ素子のSRだけでも大変そうなので、アストロトレーサー内蔵は夢のまた夢かもしれませんけど…。

古いと言われてしまうかもしれませんが、Mレンズ以前のレンズはやっぱり絞り連動で使えて欲しいですね。
自分がカメラを始めたのは七年ほど前の新参者で、完全にデジタル世代なのですが、絞りとピントを目盛りを見ながら合わせて、目測と被写界深度で写真をばしばしとる、昔のカメラでは当たり前に出来た事が今はほとんど出来るカメラがないのはつらいです。いまだに液晶見ながらのダイヤル操作に慣れないんですよね。少数派アナログ人間なのは分かっています。
ライカだと勿論可能ですけど、いかんせん値段が。

ミラーレスはフランジバックの個体差からか、マウントアダプター経由でも機種によってピントがずれたりするのです!アダプターの精度も、基本オーバーインフだし。
フランジバックがきちんと設計かつ統一されている、伝統的なマウントだからこそ出来る事があるはずです。レンズは中古かよ!と思われる方もおられるでしょうが、その為にボディが売れるというのもありと思います(ニッチかもしれませんが)

フルサイズ機用の幾つかは、Aレンズ仕様で、最悪AFがなく、安く仕上げてくれないかなとも思いますし。
ボディに関してもですが、安めの素体みたいなのがあって(手ぶれ補正、AFなしみたいなの)、それにつけたい人はカスタマイズしていくみたいなのもありかなぁと勝手に考えています。

長文になって失礼しました。

>ぬこpenさん
>ミラーレスはフランジバックの個体差からか、マウントアダプター経由でも機種によってピントがずれたりするのです!

センサー面でピントを合わせるミラーレスなのに、そんなことがあるんでしょうか? むしろ、センサー以外でピントを合わせる一眼レフなら在り得る現象だと思いますけど。

検討中とか研究中というコメントが多く、フルサイズ出します的な内容以外は、ちょっとモヤっとした感じですね。やはり1番危惧してたフルサイズに開発ソースをとられてAPS-Cや645の開発が後手になっている印象ですね。個人的には現存レンズのアップデートやAPS機のKー3やKー50の後継機のコンセプトなどが知りたかったです。

フルサイズ一眼レフでインパクトがあるとすれば、超低価格ですかね。時代と逆行しますけど。

ミラーレスなら話は別ですが。

夢のフルサイズですが、フルサイズがPENTAXの全ての夢を打ち砕くなんて事にはならないでほしいので、慎重に検討するのは大いに結構な事だと思います。

どなたかもおっしゃっておられますが、フルサイズ機はミラーレスで、Kマウントレンズにはウントアダプターで対応・・・しか道はないのではないでしょうか。
フルサイズを必要とするユーザーがほぼ他社機へと流れてしまった後に出すフルサイズ機です。現代設計の新マウントを望むユーザーと、既存レンズを生かせるKマウントを求めるユーザーの、その両者を取り込めるシステムでなければ生き残れるだけのシェアは望めない様な気がします。
私は市場の支持が得られずに消えてしまったGXRとK-01の両方を使いましたが、そのどちらもがとても良いカメラでした。
そうした方向性で個人的に妄想するならば、本体はシンプルでコンパクトなフルサイズミラーレス機で、それに高精度のEVFを内臓したKマウントアダプターユニットを用意する、という形態もありではないか、とか思います。

投稿してから皆さんのコメントを読み直して、ふと思ったのですが・・・
ソニーと提携して、シンプルかつコンパクトなEマウント機と、フルスペックでEVF内装のKマウントアダプターを出す・・・という形であれば、ソニー機と直接に競合することなくその裾野を広げる形で、Kマウントユーザーもフルサイズを堪能できることに。
・・・すみません、妄想の続きですねw

フルサイズ、とても楽しみにしてます。いや、待ちくたびれました。必ず来年出してくださいよ~
ペンタでフルサイズを使いたいと云う人って、FAlimitedを使いたいと思ってる人が多いと思うので(私もその一人ですがw)新規マウントにはなってほしくないです。。。

>CRさん

 ソニーEマウント参入は難しいと思います。Eマウントの仕様はレンズ、マウントアダプターメーカーに対して開示されています。

Sony Japan ニュースリリース
2011年02月08日
レンズ交換式一眼カメラのマウント「Eマウント」の基本仕様を無償開示
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201102/11-018/

 ペンタのフルサイズが出るのであれば楽しみですが、他社ミラーレスへの移行を検討しているのでこれ以上引きずらずできるだけ早く判断してほしいという感もあります。
 業界的にまだしばらくベイヤー方式センサーで進むのであればますます高画素化へ進むと思えますが、そうなると画素ピッチ等の問題もあり、より大きいサイズのセンサーが有利ですが、カメラそのものが肥大化するのはイヤなので、元来小型軽量一眼レフをモットーとしていたペンタには小型軽量で頑張っていただきたい。
 Kマウントのまま一眼レフで出るなら、女性にも人気があるコンタックス Ariaのような小型機+バッテリーグリップのような小システムに収まれば大万歳ですが、フルサイズでボディ内手振れ補正とか組み込むと難しいでしょうか。私にはK-3は重すぎて持ち歩く気になれないです。
 まだまだ当分はペンタからミラーレス機は出ないとふんでるけど、フルサイズ機が出るときは同時に何本かの対応レンズも発表になるでしょうし、ペンタがフルサイズを出すと決断したときはレンズの心配までする必要はないのではと思います。シグマからも対応レンズが出ることを期待したいです。

>ぬこpenさん

コメントお読みしていると、とてもデジタル世代の方とは思えませんね。
ただ、ぬこpenのおやりになりたい事は、過去にフィルムレンズで行われていた事であって、それを市販化したところで、販売台数は1000台にも及ばないのではないでしょうか。
なにせ、オールドレンズを積極的に使って撮影している人というのはごく少数であり、メーカーもレンズのサポートをしていない、コーティングも劣化してきている、レンズ内の曇りカビ、バルサム切れの問題...。そして防塵防滴レンズではないわけでして、それではK-3,645Z等との製品バランスもとれない。
私もM42、Kマウント、Y/C、OMマウントのオールドレンズをK-5やQ10につけて撮りますし、大判、中判、35mmも使いますが、それぞれの時代に合ったもの、そしてその先を見据えた製品を作っていかない限り、採算取れずにメーカーの消滅しか無いと思います。

何年もフルサイズ発売の明言ができなかったリコーペンタックスに、先を見通した力があるのか甚だ疑問しかわきません。
発言が2年くらい前なら、まだ面白味あったんですけどね。

遅かったなぁ…
と言うか明言してないので例のごとく期待はできないのでは?

どんなビックリ機構付けてくるのかは楽しみだけど、買うに値するかはちょっと疑問。
いっそソニーのOEMボディでもいいのでは?

フルサイズ一眼レフでは手ぶれ補正ボディは無理で、それではいまさら、キヤノンとニコンに期してフルサイズ一眼レフを出しても新規ユーザーの獲得は難しいだろうと考えていましたが、ソニーがフルサイズミラーレスで手ぶれ補正ボディを出せたということで、ペンタックスのフルサイズ一眼レフ手ぶれ補正ボディの出現にも可能性が出てきた。もし、これが実現するなら、キヤノンとニコンという二大巨頭に挟まれても生き抜けるだろう。
逆に言えば、手ぶれ補正ボディに出来ないならばペンタックスのフルサイズ一眼レフには未来はない・・・

K-5→K-5II/IIs→K-3と、手ぶれ補正ボディという他社にない特徴がありながらそれに相応しい評価を得ているとは思えない今が歯がゆく、なんで?という思いで2014年が過ぎていく・・・ガンバレ、ペンタックス!

センサー大型化に向かうなら、645を他社フルサイズ機並みに小型化した新機を
出す方が良いのでは。
マウント規格を増やすことには反対したい。

私もペンタックス(リコー)のフルサイズは先行他社に埋没するだけと思う。
高利益の高価格帯商品としてなら、645のミラーレスか、マキナのような一体型コンパクトみたいな尖ったカメラが嬉しいですね。
1世代の出しっぱなしに終わったGXRやK-01の不安もあるけど、高感度が使い物にならないシグマDPとは別に、超高画質のレンズ一体型や単焦点のみのミラーレスがあれば、そこそこ存在感出せそう。

すぐに「ソニーのOEMでいい」と言いだす方がいますが、OEM製品は本家よりもかなり割高になります。

しかもKマウントは電子マウントではないため、EマウントにアダプターでつないでもAFは動作しません。
ボディもレンズもまったく売れませんよ。なんのメリットがあるのでしょう。
昔のフジのように自前のセンサーを搭載するとか差別化できる要素があるなら別ですが。


wikitreckerさん

ペンタの645は物理的にこれ以上小さくはできません。

普段は k5-IIs をメインで使っているのですが、こないだ山へ行くのに LX (+RVP-100) も持ち出したら、やっぱりフルサイズの方がいいなぁとしみじみ思いました。

もし、APS-C だけで行くんなら fish-eye じゃない 10mm とかもそろえてほしいところです。

画素で言うなら 6x7 を持ち出さなくてもいいようなフルサイズをがんばってほしいところですね。(そろそろ年なので山に持って行くのはつらくなってきた)

改めて読み返すとこれは他社フルサイズに移行を検討しているPENTAXユーザー対する引き止め策とも取れますね。
このコメント欄でも何人か当てはまるみたいですがリコーもフルサイズ志向が強まる中他社に流れていった数は把握しているでしょう。
フルサイズを出すか出さないか、またそれがいつ頃になるかは別にしてとりあえず今はユーザー流出の流れは止めておかないと行けませんから。
でもそうやって何年もユーザーを迷わせたままというのもいいこととはいえませんよね。
メーカーの回答としてはフジみたいな方が安心できます。

毎年のようにこの手の話題が出て来ていましたが、今回のは明らかに温度が違いますね 間違くなく出てくるでしょう しかも消費税の更なる増税が先送りされたので、その間に出す判断をすると思います

但し、Kマウントを維持することにどれほどの意味と価値があるのか?ゴチャゴチャ言ってても旧来からのペンタ好きはついてくる気がしますし、FAレンズは所詮今のデジタル(特に高解像)には不十分なので、そんなに旧ペンタユーザーへの配慮と自らの愛着を重視せず、性能優先で新マウントとするのが理想だと思います

フルサイズでもO-GPS1対応可能なマウント径など、今持っている他社との差別化要素を維持し、言っているようにレンズ群を揃えて出して来れることを期待します

一方、ミラーレスはその価値を認めながらも、過去の発言を見ても、彼らはレフ機への並々ならぬ拘りを持っているので、研究は続けるが、今の時点での事業判断はしないということも明確ですね

LX-userさん

>画素で言うなら 6x7 を持ち出さなくてもいいようなフルサイズ


来年は50MPのフルサイズが出るそうですから、中判以上のフォーマットのカメラはいよいよ窮地に立たされるでしょうね。
もともと静物しか撮れないカメラでしたから、フルサイズミラーレスに置き換える人が増えるのではないでしょうか?

ペンタックスも645の需要がなくなることは十分見越していると思います。
APS-C一眼レフの市場もミラーレスに奪われつつあります。
一眼レフが生き残れるのは、ファインダーの強みを活かして差別化しやすいフルサイズということなんだと思いますね。

いよいよフルサイズを発表するタイミングが到来したようですね。
いまさら他社と同じような物を発売しても勝算はないでしょうから、他社ユーザーも欲しくなるような新機能を搭載してくるのでしょう。

インタビューでは具体的なことには触れられていませんが、いくつか「おや?」と思わせるキーワードが含まれているように思います。
「ローパスセレクター」「Foveonのような垂直色分離型」「Kマウント」「一眼レフ」などです。
これらをつなぐと「ローパスセレクターの動作を応用したFoveonのような垂直色分離型センサーを搭載したフルサイズKマウント一眼レフ」となるように思うのですが、縦読みが過ぎるでしょうか。

APS-Cとフルサイズのレンズをシームレスで使えるボディー
レンズと本体の手振れ補正をシンクロ出きる技術
AF速度・精度高めるための技術、場合によっては新しいKマウント(現行までのレンズもそれなりに使える)
この3つが実現できれば、十分対抗出きるでしょ

>Yuchanさん

> ソニーEマウント参入は難しいと思います。Eマウントの仕様はレンズ、マウントアダプターメーカーに対して開示されています。

すみません、「参入は難しい」とする根拠が、その説明ではわかりません。
レンズ、マウントアダプターメーカーに開示しているわけですよね。
つまりソニーは、他社も巻き込んで拡大しようとしているわけで、他のカメラメーカー(リコーペンタックス)からオファーがあれば話に乗る可能性は大ですよ。
現に、ハッセルブラッドはEマウントを採用(OEM)してますよね。。

pao5255さんが書いているように、Eマウントを採用しつつ、ソニーでは出さない一眼レフ(OVF機)やダイヤル操作機をペンタックスが出せば、ペンタックス・ソニー両ユーザーを取り込めます。

ペンタックスがレンズ交換式APS-C機や35mm判フルサイズ機で5年後10年後に存続しているためには、Eマウント採用以外、私は思いつきません。このままではAPS-Cからも撤退になってしまいますよ。

それ以外の、「あっ!」というような方法があればいいですが。

自分自身の発言に突っ込みですが、
>Eマウントを採用しつつ・・・・・一眼レフ(OVF機)

Eマウントにミラーを設置するスペースは(よほどのカラクリを設置しないかぎり)ないですね。
発言の主旨としては、ソニー自身はEマウントから出さないようなカメラということであり、ニコンDFやフジX-T1のようなダイヤル操作機など、狙いどころはいろいろあると思います。

秘策?

ソニーからαマウント譲り受けるとか?

更新ペースはどうであれ自社のレンズ資産があるのだから、
わざわざEマウントに参入するメリットはないでしょう。
一眼レフならなおさら。
ペンタックスには趣味の道具としての選択肢を残して欲しいと思います。

Eマウントならソニーのカメラ使うよ。
ペンタはKマウントじゃなきゃ意味がない。

最初のKマウントフルサイズは、直球勝負の一眼レフカメラであってほしい。ずっと待っているユーザーの声を大切にするメーカーと信じたい。2015年、も期待しています。

「もしやるとすればKマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃えます」っていうのは、Kマウントは見捨てず、フル用のレンズは揃えるという話かと。
個人的には二番煎じだろうが、フルサイズGRと、Kマウントが活かせるAPS-Cミラーレスがあれば欲しいです。
「非常に高い市場性を感じているが、私たちがやるかどうかは別だ」って。いいものなら売れると思うんですけどねえ。

Kマウントレンズへの互換性が必須ならばEマウントの選択肢はないと思います。
Kマウントのフランジバックが45mmに対しEマウントが18mmですので、アダプタ部には差し引き27mmの余裕しかありません。
このため反射鏡は物理的に収まりませんし、Eマウントには機械駆動系がありませんのでAF及び絞り駆動用モータも組み込む必要があります。
そのため、マウントを変更するのであれば独自の新マウントを立ち上げたほうが良い結果になるかと思います。

ミラーレスの既存マウントに参入するならEよりXがいいです。
Kはフルサイズ化の方向で

K-S1はKマウントに拘らずにm43で出していたらと思います。
レンズを他社に依存できるマウントだと思います。
Kマウントに囲い込もうとするのは企業として正しいのでしょうが、
ボディデザインに見合うレンズ、システムの一貫性というか
パッケージ全体としての完成度に疑問を持たないのだろうか?
K-01の時はDA40 XSが1本出ましたが、XSって何でしたっけ?
デザインモノは場当たり的という印象を持っています。
またHD DA Limited化で光学系を変えなかった事で、廉価レンズで
投入できる資産もなく、少し残念な状況に思えます。
レンズ交換を頻繁にはしないだろう層を含めて取り込むなら、
それこそつけっぱなしで良い1本を用意すべきだったのではと。
DA18-55程度で良いなら、DA18-55系とさほど大きさ重さが
変わらない18-135をWR無しのLレンズで出すなど無かったのか。
K-50でエントリー層、ライト層向けまでWRシステムとした手前、
それに反することは難しいという事でしょうか。
コストの見合いで踏み込めないのは理解しています。
レンズを交換することで得られる何かを提供したい、
そういう姿勢も理解しています。
しかし結局のところ、旧来からのユーザーに向けてKマウント、
従来通りのレンズ投入サイクル、シグマやタムロンが
新しいレンズを投入しない、投入しても選別する状況で
新規ユーザーの開拓は果たしてうまくいくのでしょうか。
結局のところ、旧来からのユーザーにしか目がいっていないのでは?
そんな印象を強く持っています。
何よりも、とにかく広告・宣伝が少ないし下手だと思います。
CM然り、インパクトが本当に弱い。
使って欲しいという気持ちが伝わらない。
タバコ屋商売をやめないとペンタックスもリコーも
ブランドが危ないのではないでしょうか。

旧来からのユーザーに向けてという立ち位置、描写の流行を含め
新しいユーザーを獲得するという方向性を両立して
まずはAPS-Cでちゃんとして欲しいですね。

フルサイズでは旧資産が使えるとはいうが、旧来からの
ユーザー以外は新しく投入されるレンズを入手しなければなりません。
純正レンズは高いと思うユーザーが果たしてフルサイズの
レンズ群を簡単に手にできるのだろうか。
ペンタが作れば比較的安い、そういう時代は終わった気がします。
他社と比べて手ぶれ補正がレンズ毎に無い点、ボディ内モーターで
AF駆動する点からしても、むしろ割高感さえある。
そういう意味で、APS-Cの体たらくぶりのままフルサイズ参入は
難しいのではないかと感じています。
それでもフルサイズ製品群を投入するなら、長く使えるだろうと
予想できますから期待したいと思います。

メーカーが一番に考えなければいけないのは、既存ユーザーの引きとどめじゃないんですよ。毎年新たにカメラを購入する新規顧客の獲得が第一です。

これからカメラを趣味にする人々は、小型軽量を重視するならミラーレスを選びますし、ファインダーの質や撮る楽しさを追求するならフルサイズ一眼レフを選びます。

APS-C一眼レフは、サイズにしても画質にしても中途半端で、今後はメインにもサブにも選ばれなくなっていくと思います。

余程AF性能や望遠レンズのラインナップが充実しているなら、動体専用カメラとして生き残れるでしょうが、ペンタックスの場合それは無理です。
フルサイズに切り替えたほうが賢明だと思います。

GRの単焦点レンズには特に不便を感じてませんが、
質問にのぼるということは結構望んでる人は
多いということなんでしょうね。

あれこれ意見が出て賑やかですが
写真を撮る楽しさ、出来上がった絵を見る喜び、レンズを交換する面白さ
ペンタックスカメラの本質は変えませんよというブレない方針に安心しました。

私見であることを断っておきますがニコンなんかはヒエラルキーが強いです
新商品でも上位機種に遠慮して性能を抑えているのが見え見えです。
カメラを扱うお客さんに企業の都合でつまらん物を渡したく無い
開発力が劣るのが1番理由だろうがそんな回答に聞こえました。

どんなのが出てくるか楽しみですね。
Eマウントで出すくらいのインパクトを期待しちゃいますが、
たぶんしないでしょうね。
ペンタの強みはKマウントレンズ群、100%視野率のファインダー、ボディ内手ぶれ補正ですから、そこは『捨てられない』と思います。
でも、そう考えると追加できる差別化要素は限られますよね

購入する心理を追うと、センサーが大きければどれだけ今より高画質になるんだろうかという財布と現実との不安、逆に小さければどれだけ持ち出す機会が増えるのだろうかという期待。
漬物石に置き換えると、重ければよく漬かるのではないか、軽ければまたつけてみようと思うのではないかと。
質量と期待がシーソーゲームなので、落とし所がAPS-Cだったはず。
理想はその石の大小をユーザーが揃えていて、ケースバイケースで使い分けることが出来ること。
やはりメーカーにはセンサーの大小を揃えてもらい、またそれが可能になる価格であることが何よりです。
是非ともリコペンには135フルを出してもらい、中判から135フル、APS-C、出来ればフォーサーズまで一気通貫でやってもらいたいです。

これほど、各社からフルサイズの発売?のアナウンスや噂が出るところをみると、デジタル時代になっても、ライカ判(フルサイズ)は永久普遍なのでしょうか?…ネ。

ペンタプリズムの無いペンタックスはない!とは思いませんが?、やはり発売するとしたら、ミラーレスでしょうね。

一眼レフは C、N 社ががっちり市場を握っているし、もう、重くて大きいカメラを新たに発売する必然性はないので、一眼レフを出してもペンタックスファン+αの需要しか望めないでしょう?

それにしても、新たにフルサイズボディとレンズ群などシステムを構築する初期投資(イニシャルコスト)を回収する見通しはあるのでしょうか?

それとも、デジタル一眼(レフ)製造販売は、それほど「おいしい」のでしょうか?

>漬物石に置き換えると、重ければよく漬かるのではないか、軽ければまたつけてみようと思うのではないかと。

カメラに関するたとえ話で、これまで目にした最高傑作です!

リコーイメージングが「フルサイズはKマウントの一眼レフ」とはっきり明言していて、ミラーレスについては否定しているというのに、
いまだに、「やはり発売するとしたら、ミラーレスでしょうね」というコメントが出てくることが不思議です。

PENTAXをつかって5年が経ちました。いつからかフルサイズを待ちこがれるようになりました。で、思わせぶりな発言でいつもやきもきしてます。
PENTAXリコーフォトコンテストでは2回賞をとらせていただきました。でも今はα9が気になってます。手ぶれ補正と品のないシャッター音が何とかなればそっちにいこうと思ってます。2015年中の発表が「出しません」ならあきらめがつくものの、「来年中に出します」とかだったらあと最高2年は待たないといけなくなります。そんな酷なことはやめてくださいね。CP+でせめてある程度の進捗は発表してほしいです。ただただFA31と77と100をフルサイズで使ってみたいのです。多少大きくなっても構いません。ただそれだけなのです。APS-CはK5ⅡSでもう充分なのです。
あるブログでは真実はさだかではありませんがもう優秀なレンズ技術者が残っていないと。メーカーさんは適度な頻度でワクワクさせてくれないと。シータなんてニッチなところじゃなくて、純粋に。底力期待しつつ、あと少しだけ待てるかな。頑張ってくださいね。

どうしてこの人たちはK-S1が売れてないか分かっているのかな?
どうしてタムロンやシグマといったサードパーティがKマウントを重視しなくなったのか分かっているのかな?

現状の「ペンタックス」に対する危機感があまり伝わらないインタビュー記事だったと思います。

O-GPS1の簡易赤道儀機能と昔からのレンズ資産のおかげでKマウントから離れることが出来ません。。。
他メーカーと違いそれまでのマウントを大事にしてくれている姿勢からリコペンを信頼しているが、、、
K-01とかGXRとか、それだけ一発で終わるのはやめてほしい。がっかりする。
GXRとかK-01のコンセプトは捨ててしまうのは勿体無いと思う。
現在はレンズラインナップ拡充更新、フルサイズ機の開発に注力されていると思うが一段落した暁にはQではないミラーレスも検討して欲しい。
ミラーレスはGXR後継に統合していくというのはどうだろうか。
K-01の後継はGXR後継のKマウントユニットということで良いのでは。
GXR後継にはMマウントとKマウントのレンズマウントユニット出して欲しいです。
それぞれフルサイズとAPS-Cがあると良いなぁ。
Kマウントのユニットには装着するとビスケットorパンケーキになる専用レンズ数本をお願いします。
GRもGXRのカメラユニットという形に移行では駄目なのかなぁ。ボディサイズが製品コンセプトから外れるのかな。
Qは大幅な性能変化や機能追加できない限り、チョコマカとした変更の為にリソース割くのは止めたほうが良いのでは。
K-5シリーズを複数台保有しているが常時携行するのはきついのでそれよりも軽量コンパクトなミラーレスを製品群に加えておいて欲しいがQのセンサーはチョッとなと思っている。
常時携行用として現時点ではK-01+15mmLimitedで我慢している。CP+2012に出ていたK-01専用レンズにとても期待していたのだが。

>CRさん

 CRさんの話は『会社間の提携』『OEM供給』と『マウント規格参入』の話がごっちゃになってると思います。ハッセルはソニーと提携しましたが、マウント規格に参入したわけではありません。
 その証拠に開示されていないAマウント機、α99ベースのHVやRX100M2ベースのStellarだって出してます。
 ハッセルは提携してボディそのものをごっそりOEM供給してもらってます。カメラの中身はソニー機そのまんまであって、Aマウント用、Eマウント用のレンズも作ってないと思います。
 では、ペンタックスが同じようにソニーからボディをごっそり供給してもらうかと言うと、ものすごく考えにくいし絶対にやらないでしょう。またm4/3のオリンパスとパナソニックは提携しているわけではなく、オリンパスはソニーと提携しました。『提携してOEM供給』と『マウント規格参入』は話が別だと思います。

 ボディを連発しているソニーが欲しいのはあきらかに『レンズ』です。とりわけEマウントはレンズでとやかく言われてきましたし、ソニーは今もAマウントは旧型のリニューアルばかりでEマウント用新型レンズに集中しています。だからこそ、タムロンやシグマのようなサードパーティーのレンズメーカーを巻き込んででも『Eマウント用レンズを強化』したいところでしょう。そのためのレンズメーカーやアダプターメーカーへのマウント仕様の開示だと思います。

 ペンタがEマウント用レンズを作ることはないだろうし、ペンタのKマウントと一眼レフへの思い入れは強く、インタビューでフルサイズを『もしやるとすればKマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃えます』と言っている以上、Kマウントで出してくると考えるのが自然でしょう。ミラーレスのK-01ですらKマウントのままでしたし、さらにQマウントや645がある以上、新規にマウントを起こしたり他マウントに参入することは考えにくいし、これ以上マウントを抱えるのはレンズ開発を考えれば非常にリスキーです。

現状、真面目に写真に取り組むには、晴天化使用時や動態に対してEVFでは弱いです。次から次へと革新的な新製品を出すようなメーカーも魅力的ですが、ペンタックスの魅力は、そういう所では無いはずです。これからも例えばEVFや解像度重視とかの流行には迎合せず、変わらず真摯に取り組んで欲しいです。そうすれば、これからも、そういうファンは必ず育っていくでしょう。

APS-Cで満足する人はAPS-Cを買えばいいし、フルサイズが欲しい人はフルサイズを買えばいい。そういう選択肢があるメーカーは強いと思います。
私はフルサイズが欲しいので出たら買います。
レンズだって何もすべて最新のものが必要という訳ではなく、フィルム時代のレンズだって優秀な解像度のものや良い味を出してくれるものがあります。オールドレンズをミラーレス機にアダプター経由で装着するようなマニアには、むしろ古いレンズがそのまま使える方が受けるんじゃないかなと思います。

また新規購入者がミラーレス優位とも限らないのが現実で、ちょっと写真に興味を持った人たちは、ミラーレスから一眼レフにどんどん乗り換えていますよ。ミラーレスで終わっちゃう人は交換レンズも買わないライトユーザーがほとんどでしょう。

色が良いという理由でペンタックスのカメラを選ぶ人も結構周囲にいます、それも若い女性に多いように思います。そういう人がステップアップする際に選べる機種を増やしておくのも、将来のためになるのではないでしょうか。エントリー機種もきっちりやりながら上位機種も用意しておく、それがカメラメーカーのあるべき姿だと思います。ただ上位機種と言っても645デジタルでは流石に金額に差がありすぎて手を出し辛く、35ミリのフルサイズで30万程度であればステップアップもし易いと思います。

インタビューの内容も以前よりは進んでいるように思いますし、2015年には期待したいと思います。

キヤノニコの後追いで参入する価値があるほど、
そもそもフルサイズ市場って儲かるのでしょうか?

インタビューにも業界を外から見ているような、
一歩身を引いた消極的な姿勢が散見されて、
カメラ事業に対する熱を感じませんでした。

celica さん

>これほど、各社からフルサイズの発売?のアナウンスや噂が出るところをみると、デジタル時代になっても、ライカ判(フルサイズ)は永久普遍なのでしょうか?…ネ。

私もよくそう思います。

「対抗できる秘策はあるっ」が K マウントに 645 のセンサー突っ込むとかだったらいいのにとか夢想します。

ライカ版が 36mmx24mm、 645 のセンサーサイズが 43.8mmx32.8mm なのでミラーの挙動によっては干渉する既存レンズが出ちゃうかもしれませんが、不可能ではないような気がします。
(ミラーアップで使えるモードがあればそういうレンズでもミラーレスとして使えますし)

もし実現したらライカS2 のユーザを食えるかもしれません。
FAレンズ、DAレンズはクロップでフルサイズ、APS-Cでも使えますしね。

このぐらい斜め上だとペンタックスらしくて定期解約してカメラ屋走っちゃいます。(笑)

意外とMレンズ以前のレンズユーザーがいなくて驚いています。昔はもうちょっと賑やかだったのですが、α7が出たからかな?

ミラーレス機のフランジバックが微妙に違うのは実際にあって、マイクロフォーサーズの場合、距離指標がなかったのはそのせいもあるはずです。実際、とある機種で距離を合わせたところと、他の機種で合わせたところで指標がが違うなんて事があります。質問したところ、「仕様」とのことですし、像面でピントが合わせられるからこそ、ちょっとした誤差を許容できるのですよ。
一眼レフの場合、ファインダー光路と撮影素子までの光路を合わせなきゃならないのでそこらへんがシビアです。

自分の様なマニュアルで操作したい人であれば、SONYのαを買ってしまえばよいのは分かっています。CANONでも良いんです。けど、折角だからPENTAXを使いたいんですが、みなさんの言われている様に遅すぎましたね。自分もこのままでは他社に流れるかも。と正直思っています。実際今はマイクロフォーサーズにほぼ移行しちゃってますし。
さっさと出しちゃえばよかったのにと思います。正直、ファインダーがすごい!とか言っても売れないのは目に見えてますしね…。

ペンタックスのフルサイズについては他の話題よりコメント数が多いですね。ペンタックスの思わせぶりなコメントにしびれを切らし、他者のフルサイズに乗り換えてもう1年以上。Kマウントの「レンズ資産」を泣く泣くすべて手放しての乗り換えでしたが、今となっては何にこだわっていたのか?資産というほどたいしたレンズでもないという感じです。ペンタックスがフルサイズについて変化のない内容のことを、巧みに言葉を変えて前に進んでいるかのように思わせ期待させる発言を出すのは年に2回ぐらいでしょうか。そのたびに、ついに!という期待と若干の恐れ(今更戻れないし)が生じますが、いつもガッカリと同時にほっとしています(今更戻れないので)。来年製品化の決断をするとは。まだそこでしたか。製品化されて「えー今更戻れないけど戻りたい!」という気持ちになりたいような、もうどうでもよいような。

昨年末にm4/3を買い増しして、Kマウントはよく使ってたレンズのみ残して身軽に…
と思ってたのですが、オリのレンズが余りにも性に合わず、結局小ズミだけ残して全部売り払いました。

今は645zは重いし、落とし所としてフルサイズで我慢してα7IIと単焦点?と思ってます。
しかし、ペンタのレンズでAF使いたいしグリーンボタンが有って大体同じ値段なら、ペンタのものを買いたいなと思うようになっています。

ペンタのフルサイズが出たとして戻ろうと思うポイントは、グリーンボタン、KマウントのAFがとりあえず動く、ペンタらしいボタン配置。といったところでしょうか。

K-S1は非常にボタン周りがとっちらかってているのでアレの系統なら買わない。
ミラーレス化してもEVFが高品位なものを使うならOK。(ピンが来てるか位置の拡大が見ながらできるなどメリットは大きい。)
サードから見限られている以上、レンズは幅広く出してもらう。
と言ったところでしょうか?
フルサイズで軽いシステムが組めればそれはひとつの理想かと思います。

SONYがフルサイズで成功したのは、キヤノンとニコンが手薄な小型ミラーレスに狙いを定めたからで、大型になるAマウントのほうはこれからです。
その点、ペンタックスはどんな秘策があるのでしょうね?
多色展開以外は、APS-Cも正直後手後手だったし、心配になります。

PENTAXの135判フルサイズ機、私は楽しみにしています。
秘策がどんなモノなのかも楽しみです。

外部X接点は必須であって欲しいです。
本体はシンプルで、オプションでシステム拡張ができて夢が広がる・・・いろいろ遊んでみたくなるカメラであって欲しいです。

補間演算技術のON(強)/OFF(弱)切り替えでオールドレンズの楽しみ方に一機能追加するなどできたら面白いのではないでしょうか?(補間演算では、解像感増しませんかね?)

良いジャッジを期待しています。

フルサイズはどうせレンズ含め重くでかく高くなるのだろうし、そんなもんよりAPS-Cに注力してくれと思っていたけど、もし出すつもりなら秘策とやらを是非見せてもらいたいという気持ちも出てきた。
個人的にはK-S1のような試みをやるところが好きなので、このサイトを利用するような人たちの予想を裏切って賛否両論飛び交うようなものを見せてくれたら応援したい。
勿論インタビューの通りレンズがしっかり揃うこと前提で。いつぞや噂があったFALimitedのHD化くらいはありえるかも?
しっかりとお金を払ってくれた人たちに向けて、645のDAレンズも早めに充実させてあげたほうがいいとも思うけど。

>なんでペンタックスがそれほど35mmフォーマットにこだわるのか理解できません

フルサイズが高額でミラーレスがまだ普及していなかった数年前までなら、ハイエンドのAPS-C一眼レフにも居場所はありました。

しかし今は、フルサイズが10万ちょっとで買えるようになり、より小型軽量でセンサーサイズの大きいミラーレス機も充実しています。
小型軽量を求める人はミラーレスを選びますし、ファインダーに拘る人はフルサイズを選びます。
ハイエンドのAPS-C一眼レフが売れなくなっているんです。
事実K-3は初値13万でしたが、瞬く間に半値近くまで値崩れしてしまいました。

キヤノンの7Dのような飛び抜けたAF性能やAPS-Cの特徴を活かせる望遠レンズのラインナップを揃えたメーカーのAPS-C上位機種でなければ、これからは生き残れないということです。

一眼レフである以上、小型軽量はもはやアピールポイントにはなりません。
センサーが小さく、ファインダーも小さい、おまけに動体撮影にも弱いとなっては、他社と戦えるはずがありません。
APS-Cオンリーでは、Kマウントは消滅すると思いますよ。

ペンタユーザーですが今更マウント変更なんかしたらコンタックスのNマウントの二の舞では?

>K-5にMレンズさん

マウント変更ではありませんよ。フルサイズはKマウントです。
フルサイズ用レンズはAPS-C機でも使えます。ですからコンタックスとは状況が違います。

>襤褸猫 さん

中判センサーというのは数が出ませんから数年間は更新されないでしょう。
645Zも4年というモデルサイクルは変えられないと思います。
しかもまだモデルチェンジしたばかりですよ。

来年にはソニーとキヤノンから50MPのフルサイズが出るようですが、数年間は画素数で並ばれている状況が続くことになります。
ユーザー離れは避けられないでしょう。

K-3とLXで写真趣味を楽しんでいる者です。普段拝読している写真関係のブログで、K-3やK-5を手放してキャノンとニコンのフルフレームSLRに移行した方がいらっしゃいます。マウント移行後のその方達のブログをみるとほとんど更新されなくなったり、されたとしても写真やカメラに関する話題がほとんどなくなったりしていると感じています。「PENTAXを離れたことにより、撮影したり機材への興味が減衰しちゃったのかなぁ?」と感じたりするわけです。私にとっては駄目な時でも応援したくなってしまう、何か不思議な魅力を持ったブランドなんですよ、「PENTAX」というメーカーは。PENTAX製フルフレームDSLR、楽しみに待ちます!

>フルサイズ機は近い将来出る可能性がある
>Kマウントは大切にしていきたいし、レンズはきちんと揃えます

ペンタ絡みの掲示板では「もっとレンズを」のコメントが必ず出て来ますが仮にKマウントのDAレンズを出してもFF機待ちの人は見向きもしないでしょう。そして上記の発言。

アブハチ取らず、全てが中途半端、このままだと衰退の一途でしょう。これを回避するには「ジャッジは来年ぐらいにははっきりさせたい」などではなく年明けの今月中にも方針を明確に示すべきでしょう。一刻も早く。

Kマウントとしては原点回帰となる
35ミリ判の話題だけに、やはり活況ですね。

ペンタが作るなら、やはりEVFではなく、
一眼レフファインダーで期待したいです。
EVF機なら他社でもどこでも作れます。
ペンタの一眼レフファインダーの見え味を堪能しながら
撮影できなきゃ魅力半減です。

なぜペンタックスを選ぶのかと私が問われたら、色が好きだからと答えます。どの機種が好きかと問われたら、視力が大変悪いので眼鏡使用しながら視認性抜群のものが好みで、フルサイズか良質なEVF待ちなんです、と答えます。好きなマウントはと問われれば、広範な他社製レンズが使えるマウントなら何でも良い、と答えます。どうも私は世間の価値観からズレまくっているようです。でもスクリューマウント以来使ってきたペンタックスの進む道に、私は寄り添うつもりです。

リコーとの相乗効果が全く見えない気がするのが心配です。

GXR後継やGRズーム、Qマウント新ボディなどに期待したいのですが...

MZ-3くらいのコンパクトなフルサイズって出来ないですかね。個人的に画素数は1200万画素くらいで十分なんですが。K-MZdとか(笑)
コンパクトと言ってもフルサイズデジタルだとどうしたってレンズが大きくなってしまいますからね…。

秘策…
過去のフィルム機に取り付けて使える、デジタルセンサー付きバックパック。とか?実現出来たらかなりの秘策になると思うのですが。。カメラを買い換える必要もなし!(笑)
⚫︎リコープランドはセンサー含め“カメラの前半分を交換”出来るシステム、
⚫︎ペンタックスブランドはセンサー含め“カメラの後ろ半分を交換”出来るシステム。
もしくは、全てのフィルム機に装着可能なパトローネ型のフルサイズセンサーユニットとか。
何れにしてもKマウントを大事にしつつ、古いカメラでさえも大切に扱えるんじゃ無いかと思いますが如何でしょうか。
後発なのでこれくらいのぶっちゃけ方をしても面白いかな?と思います。

フルサイズが出れば過去のM42からの資産を本来の画角で使えますのでソニーに流れたM42愛好家が戻ってくる可能性もあります。

ただ、ピントに関しては老眼にはEVFが優しいようですのでOVFがどのように作用するかは謎です。

しかし、過去のレンズを使った時のグリーンボタンの素晴らしさは特筆すべき点ですのでぜひともフルサイズは実現させてほしいです。

ただ、すでに待てない時期に来ておりペンタックスはAPSで割り切りフルサイズはニコンへ物色中です。

検討中とか研究中というコメントが多く、フルサイズ出します的な内容以外は、ちょっとモヤっとした感じですね。やはり1番危惧してたフルサイズに開発ソースをとられてAPS-Cや645の開発が後手になっている印象ですね。個人的には現存レンズのアップデートやAPS機のKー3やKー50の後継機のコンセプトなどが知りたかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年12月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014年にニコンが発表した新製品のまとめ」です。

次のブログ記事は「来年のソニーの新製品の予想が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る