パナソニックが国内で「42.5mm F1.7 O.I.S.」と「MACRO 30mm F2.8 O.I.S.」を正式発表

パナソニックが、海外で先行発表されていた中望遠単焦点レンズと標準マクロレンズを国内で正式に発表しました。

美しいボケ味の中望遠ポートレートレンズを発売

  • パナソニック株式会社は、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-HS043」(LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.)を4月23日より発売。
  • 42.5mm(35mm判換算 85mm)の中望遠ポートレートレンズで、非球面レンズ1枚を含む8群10枚構成により、美しいボケ味で被写体を印象的にとらえることが可能。
  • 希望小売価格は5万円(税抜き)。

幅広く使える標準マクロレンズを発売

  • パナソニック株式会社は、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-HS030」(LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.)を4月23日より発売。
  • 本製品は、30mm(35mm判換算 60mm)の標準マクロレンズ。非球面レンズ1枚を含む9群9枚構成で、風景撮影から等倍マクロ撮影まで幅広く使用可能。
  • 希望小売価格は5万7000円(税抜き)。

 

2月に海外で先行発表されていたパナソニックの2本の単焦点レンズですが、国内でもゴールデンウィーク前には入手できそうですね。どちらのレンズも既に海外のレビューで高く評価されているので、描写性能には大いに期待できそうです。

2015年4月 6日 | コメント(12)

コメント(12)

パナソニックは頑なにF1.7なんですね。1.8のほうがしっくり来ますが。オリンパスの45mm F1.8と価格が倍近いですが、肝心の写りが気になります。

42.5mmはO.I.S.があるのでパナユーザーにはいいですがオリユーザーには45mmがあるのでどれほど売れるのか。それを見越しての価格設定なのかもしれませんね。
逆に30mm macroは売れそうです。

42.5mmは手振れ補正もですが、最短撮影距離も含めてどう見るかですね
寄れるのはとても嬉しいのでかなり惹かれていますが、こっちはしばらく様子見かな
30mmはすぐ買います

今回の売り出し価格は非常に残念です。42.5mmの方は最終的に6掛の20mmF1.7と同程度の3万円程度の値付けになると思いますが、製品寿命の長いレンズでこのような価格設定は非常にまずいということを、ここを見ているパナ関係者に向けて苦言として呈しておきます。

42.5mm/F1.2 Noctiと45mm/F2.8マクロがあるので、今回の2本は悩みますね。30mmはまだ画角が違うので検討の余地はあります。


momo0258さん:
0.5段刻みで真面目に計算すると、

F1.000
F1.189
F1.414
F1.682
F2.000

ですから、ある意味F1.7で正しいと思うけど。

30㎜マクロは使いやすそう。
このレンズのためにボディが欲しくなります。

両レンズとも非球面レンズ1枚のレンズ構成でこの価格設定は高く感じますね。
30mmマクロは以前ZD35mmF3.5を愛用していたので、似た感覚で使えそうで楽しみです。

m4/3レンズ安くていいなあ。
こういうところで新規ユーザーを取り込んで行くという作戦なんでしょうね。

本日、某通販サイトで42.5mmを予約。税別30000円。GM1のキットレンズでデジスコしています。レンズ径及び全長共に置き換え可能。少し長くなって明るい筈。楽しみです!!

30mmマクロが欲しい

一年くらい待つと価格下がりますよね
待ち遠しいです。

30マクロはPOWER O.I.S.だったら、あるいは防塵防滴だったら買ったのに。
と思ってましたが、とても使いやすい焦点距離なので結局買っちゃうかも。
とりあえずは様子見で。。

僕も42.5mm予約しました。先日の「価格以外欠点の無いレンズ」のレビューがありましたが、こんなにリーズナブルな値段で良いんでしょうか(笑)確かにオリンパスの方はさらに安いですが・・
中望遠はマクロでまとめてしまいたい気もしましたが、パナだと値の張る「ライカ」だし、この42.5もかなり寄れるとの事なのでこれで良いかな。
カリカリの高解像を期待したいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが国内で「T* FE 35mm F1.4 ZA」と「FE 28mm F2」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーがAマウントの高画素機とRX100M4を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る