ニコンCOOLPIX P900 は換算2000mmで手持ち撮影が可能

ePHOTOzine に、83倍の光学ズームを搭載したニコンのズームコンパクト「COOLPIX P900」のレビューが掲載されています。

Nikon Coolpix P900 Review

  • P900は頑丈なプラスチック製のボディで、造りは良好に感じる。フロントグリップは大きく、背面のサムグリップも大型で、片手でもホールドできるが、このカメラは大きく重いので、両手でホールドすることを勧める。
  • レンズ鏡筒左側にはスライド式のズームボタンがあり、ズーミングとマニュアルフォーカスに使用できる。
  • レンズ前面には67mmのフィルター枠があり、フィルターが装着可能だ。残念ながらフードは付属しておらず、現在、オプションのフードも販売されていない。
  • 液晶モニタはタッチパネルではないが、視野角が広く、解像力も高くクリアだ。EVFはまずまずのサイズで、他のコンパクトカメラよりも大きいが、ミラーレスカメラで使われているものほど大型ではない。EVFには、アイセンサーが搭載されている。
  • バッテリーライフはCIPA規格で360枚で、これはとても良好だ。
  • シャッターレスポンスは0.05秒以下でとても速く、AFもカメラが迷わなければ非常に速い。撮影から次の撮影までの時間は1.1秒(フラッシュ無し)、連写は7コマ/秒でスローダウンするまでに7枚撮影可能だ。
  • サンプルでは、露出は信頼でき、色と彩度は良好だ。肌のトーンも良く、フラッシュを使用してのポートレートでは赤目は非常に少なかったが、若干フラッシュを弱く補正した方がよい結果をられるかもしれない。
  • レンズは広角端でも望遠端でも隅まで良好だが、画質は若干ソフトだ。太陽や明るいものが画面内にあると時折フレアが見られるが、全体的な画質は、ズーム域を考慮すればとても良好だ。歪曲は広角端では自動補正で良く補正されているが、ズーム使用時に時折目に付く。周辺光量落ちは広角端では目に付くが、実写では目立たない。パープルフリンジは非常によく抑えられている。
  • 素晴らしい効果の手ブレ補正のおかげで、望遠端でも手持ちでシャープな画像が撮影可能だ。
  • ベストのディテールと低ノイズのためには、ISO100とISO200の使用を勧める。ISO400ではノイズはまだとても少ないが、ディテールが失われ始める。暗い環境でISO400とISO800ではまだ良い結果が得られるが、ノイズは増えディテールは減少する。ISO1600とISO3200ではノイズが強くなり、可能なら使用を避けることを勧めるが、縮小してWebで使うなら実用になるかもしれない。ISO6400はノイズが盛大で、ディテールはごくわずかなので、避けるのがベストだ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯では良好で、白熱灯のプリセットも良好だ。雰囲気をより正確に表現するために暖色をキープする"Warm"のホワイトバランスも用意されている。蛍光灯ではオートホワイトバランスは良好で、プリセットはマゼンタに傾く。
  • 自動パノラマモードの結果は良好で、画像を上手くつなぎ合わせているが、生成される画像の解像度が低い(※サンプルは441.6万画素)。
  • P900の価格は499ポンドで、高倍率ズームカメラでは最も高価なものの1つだ。しかしながら、83倍光学ズームを搭載するのは、このカメラだけだ。
  • 動画の画質は良好だが、わずかでもカメラが動くと、画面がぐらついてしまうので、最善の結果を得るためには三脚の使用を強く勧める。
  • 83倍のレンズでも、シャープな写真が撮れなかったり三脚の携行が必須だと、たぶんあまり役にたたないが、P900では、極めて素晴らしい手ブレ補正のおかげで望遠端でさえ手持ちで撮影が可能だ。これだけの機能を持つブリッジカメラは他にほとんどなく、499ポンドの価格は理に適ったものだが、とは言え、少し高すぎるだろう。これまでにない光学ズームレンズで、24mmの広角から2000mmの望遠までなんでも撮影できるカメラが欲しい人にはP900を推薦する。
  • 良い点: 83倍の光学ズームレンズ、大きなゴム引きのグリップ、側面のズームスイッチ、効果的な手ブレ補正、月とバードウォッチングのシーンモード、HDRモード内蔵、良好なEVFとバリアングルモニタ、Wi-Fi・NCF接続、GPS内蔵、0cmマクロモード、電子水準器。
  • 悪い点: 大きく重い、RAWで撮影できない、パノラマ画像にもう少しディテールが欲しい、三脚ネジ穴の位置がよくない。

 

レンズは換算2000mmまでの83倍ズームなので、望遠端の写りはそれなりかなと思っていましたが、2000mmでも思いのほかしっかりとした描写で、十分実用的な画質という印象です。ただ、広角側は低倍率ズーム機と比べるとさすがに少し甘いような気がします。

画像からの動きベクトル情報を併用する新型VRは、換算2000mmでも本当に手持ち撮影ができるようで、P900は手軽超望遠撮影を楽しみたい人にはとても魅力的な存在になりそうですね。

2015年4月 4日 | コメント(10)

コメント(10)

RAWで撮れないという一点が、ほんとうにもったいないですね。
Nikonの高倍率ズーム機は、一貫してRAW撮影の機能がないものばかりだったように思います。 なにか特別な理由でもあるのでしょうか。

センサーの出力信号の直後のファイルはRAWですから、「RAWで撮っている」事になります。それを外部ファイルに落とす時にJPGに加工して出すことになりますが、RAWを出さない理由の候補を山感で列挙すると下記になるでしょう。ただし、Nikonの真意は不明です。

・RAWのファイル容量は大きいから、ハンドリングに能力の高いCPUが必要、消費電力も増すから放熱に留意、かつ能力の高い信号バスが必須→全体として高価。
・ユーザーが直接、時に解像度が低く雑音の多い場合のRAWを見ると、がっかりするから、うまく加工したJPG画像で満足してもらう(私はRAWを加工しても、カメラから出てくるJPGを超えられないので、まずRAW加工はしません)。
・RAWのファイル容量は大きいから、ユーザーにより大容量、より高速のフラッシュメモリ(高価)の購入を強いる。

私が想定できるのはここまで。

私もRAWで撮れないのでスルーしています。メーカーの都合なのかは分かりませんが、撮影後のデータは撮影者に委ねてほしいですね。
2000mmは驚異的なので惜しく思います。

昨年モデルの P600 はレンズの良さがあまり知られてなくて可哀想(?) でしたが、P900 の話題をきっかけに P610 を含めて高倍率カメラの注目が高まりそうですね。 レスポンスが改善されたのも嬉しい。 RAW のない分はブラケットで代用かな?

作例の日食は 3月20日に欧州方面で見られた日食でしょうか。 こんな写真が撮れるのも (ようやく付いた) フィルター枠のおかげ。
(昨夜の月食もだめだったなぁ。金環食以降天気にやられっぱなし)

 RAWがない理由はバッファのメモリーのコストを削るためではないでしょうか。
処理量はRAWをJPEGに変換することに比べればたいしたことはないと思います。
多数売れて要望が強ければ、次機には搭載すると思います。
 動画を見ると、探偵さんにはピッタリですね。浮気ができなくなります。
でも、安くなればおもちゃとして一台買おうと思っています。

ISO200までだと少し弱いですね。他のメーカーは同じ仕様で追従するより、2/3型センサーで換算1400mmなど、より高感度に強い超望遠を出して欲しいですね。

なんで、そんなにRAWに拘るのかなぁ。撮影する事が一番の目的ですよね。データ形式なんて優先順位でいったらず〜と後ろだと思いますし、データ形式は基本機能ではないし…。

おぉ、全部入りだ!
と思ったけど、RAW撮り無しですか

もっともRAW撮りに拘るような方々は、
レンズ交換式カメラを買うでしょうから、
このカメラはこれでいいのかな

撮影することが一番の目的の方は撮れさえすればJPEGオンリーでも構わないのだと思いますが、少なくとも私は撮影した後に微調整したり頭の中にあるイメージに近付ける為にRAW現像が必要だと考えています。
特に速写性を求められる被写体ほど瞬時にイメージ通りの設定にして撮るというのは難しくなってきます。
超望遠があるこの機種だからこそRAWで残しておきたいと私は思います。
ちなみに私はデジタルカメラにおいてデータ形式は基本機能だと考えています。

2000mm相当で本当に手持ちで撮れるのかなと疑ってましたが手振れ補正の効きがかなり良い見たいですね。

ユーザーの使用感を聞いてもAFもそこそこらしいですしレンズ交換式も含めて超々望遠としては唯一無二の機種ですね。

ただ、ニコンのコンデジの悪癖、操作レスポンスの悪さは改善されてないようで連写後の書き込みも時間が掛かって復帰するのに時間が掛かるようです。
(連写後、次のシャッターが押せるまで結構時間が掛かるとの話を聞いています)

ニコンのコンデジは動作が鈍いと手放す人が多いんですからもうちょっと力を入れて改善して欲しいですね。

三脚穴の位置が偏ってるのもちょっと気になりますがレンズ側に重心が寄ってる機種ならレンズに三脚座付けても良いのでは。
(レンズ交換式の大型望遠みたいな感じで)
オプション設定でも良いんですけどね。


RAW記録ですがギリギリの条件での撮影ほど後処理である程度は救済できるRAWでの運用は助かります。
謂わば保険のようなものですし実際、鳥撮りだとRAWで撮っておいて良かったという事は多いです。

ISO感度が上げ難い1/2.3inセンサーなら尚更-補正でシャッタースピードを稼ぎたいしノイズ処理も後から画質とのバランスで調整したい場面は多くなります。

オート+jpegも進化してて大きく破綻する事は減ってますが露出補正だけでは思い通りにはならない事も多いのでRAW記録はしておきたいですね。

使う使わないはユーザーが選択できる方が良いと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フォクトレンダーNOKTON 10.5mm F0.95 の価格は1250ドル」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 IS STMの画像(フェイク?)が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る