ツァイスLoxiaシリーズの広角レンズは今年中に登場

SonyAlphaRumorsで、ツァイスのインタビュー動画の内容が紹介されています。

Zeiss confirms again a wide angle Loxia is coming later this year.

  • ツァイスのインタビューの4分25秒で、ツァイスは今年中にLoxiaの広角レンズを発売することを認めている。現行のZMレンズ(2.8/15、4/18、2.8/21、4.5/21、2.8/25、2.8/28)のうちの1つをベースにした広角レンズの登場が予想される。

 

Loxia シリーズのレンズは、現在、50mm F2と、35mm F2がラインナップされていますが、これにもう1本広角レンズを加えるとしたら25mm F2.8あたりでしょうか。

ツァイスのLoxiaシリーズは、Mマウント用のZMシリーズがベースと言われていますが、比較レビューを見る限りではZMよりも高性能なようなので、今度の広角レンズも期待したいところですね。

2015年4月16日 | コメント(6)

コメント(6)

レンジファインダー機用のZMとは違い
Loxiaは最短撮影距離も短くなっているので
サイズ感や大きなレンズ構成は同じなものの、
個々のレンズは新規設計されているのでは無いのでしょうか。
ベースというよりは、同じコンセプト、同じ構成の別レンズ
という風に考えています。

いよいよ28mmですか
周辺が35mm並に改善されてたら買いですなね

α7はLOXIA専用で使っているので楽しみです。
望遠も今年中にでないかな

さすがにあのサイズで広角側となると光学的に刷新するのは難しいような気もしますがどうでしょうかね。

35、50と歪曲収差のない光学性能を売りにしてきたLoxiaなので、現実的にはBiogon21mmが限界...大口径Distagonはデザイン的にもなさそうな気が。
以前お話させていただいた際は「広角ですか?うーん24、25...」と濁らされたので、そこら辺であまり期待せず待ちたいと思います。

ソニーのDistagon 1.4/35が大きく重いので、
ZMのDistagon 1.4/35がLoxia化されるのか気になります。

ZMのビオゴンで28ミリ以下の広角レンズは、より対称形に近くなりますのでα7S以外だと周辺画質が厳しくなると思います。なのでディスタゴン18ミリf4が無難なところだと考えますが如何でしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年4月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「XF16mm F1.4 R WR」を正式発表」です。

次のブログ記事は「DxOMark にシグマ24mm F1.4 DG HSM のスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る