キヤノンがマクロのティルト・シフトレンズを開発中?

Canon Rumors に、キヤノンのマクロ ティルト・シフトレンズの噂が掲載されています。

Macro Tilt-Shift on the Way? [CR1]

  • 登場が近づいているティルト・シフトレンズのうちの1つは、本当にマクロレンズになるという話を聞いた。以前に、キヤノンがニュータイプのマクロレンズをラインナップに追加すると述べた。そして、このレンズがティルト・シフトレンズになると聞いたのはこれが初めてだ。
  • TS-E45mmとTS-E90mmのL レンズの後継機が、いずれは登場するとも予想している。

 

2月の初めにキヤノンが他には無い「世界初」のマクロレンズを発表するという噂が流れましたが、このマクロ ティルト・シフトレンズがその「世界初」のレンズなのでしょうかね。

まだ、信憑性は高くないようなので、あまり期待しすぎない方がいいかもしれませんが、もしこのレンズが本当に登場すれば、物撮りをする方には、便利なレンズになるかもしれませんね。

2015年4月30日 | コメント(13)

コメント(13)

5DSでのパンフォーカスには、やはりティルトレンズを使用しなければ本末転倒になりますもんね。

待ってます新TS-Eレンズ。
外部からMFをリモート出来たらサプライズ。
今も昔もシフトレンズと言えばEOS。
期待してます。

デジタルカメラマガジンの年始インタビューでも、レンズ群に新しいラインを加えると仰ってましたもんね。
新しい技術はどれも楽しみです。

TSレンズに手振れ補正は必要ないでしょう。

ニコンのチルト・シフトレンズのうち45mmのものはMicro Nikkor、つまりマクロレンズなので、マクロということだけでは世界初にはならないでしょう。ほかに何か画期的な機能・機構があるのかもしれませんね。

面白そうですね。買えるかどうかは分かりませんが・・・・
11-24といい、Canonはニッチだけど本当に必要な人には必要なレンズを
値段は高くなるけどきちんとラインナップする。
という方向で進むのでしょうか。

5DSもデュアルピクセルCMOSAFではありませんが、ライブビュー時の像面AFを採用していますからね(LV機では普通ですけど)。
あおりレンズでAFができると画期的だなあと思います。
モーター内蔵すると相当大きくなっちゃうんでしょうけど、機能的にはおつりが来そうです。

さすがキヤノンですね、目の付け所がすばらしい。
T/SレンズでAFが可能でしたら、動画で威力を発揮しそうです。
電動T/Sでしたら動画撮影でさらに可能性が広がりそうに思います。
あらかじめT/Sのタイミングと速度をプログラムする機能とリモートコントロール機能がカメラ側にあれば、おもしろいムービーが撮れそうです。

現在でも、TS-Eの90mmなんて準マクロレンズとしての利用が多いと思うし、この機能が強化されるのは必然でしょうね。
フル電子マウントであるキヤノンのニコンに勝るところになるのかな?

TS-E 90mmはフィルム時代から15年くらいマクロレンズ的に使っています。もう少し贅沢な光学系にして欲しいと思っていました。
TS-EがあるからEOSを選ぶ人、結構いますよね。

> Zealotsさん
> ニコンのチルト・シフトレンズのうち45mmのものはMicro Nikkor
ニコンのチルト/シフトレンズは現行のPC-Eシリーズでは45mm/85mmいずれもマクロレンズですし、それ以前のPC Micro-Nikkor 85mmもマクロレンズですよ。
またSchneiderにもPC TS Makro-Symmar 90mmなどマクロのチルト・シフトレンズがあります。
広角系はともかくとして、中望遠クラスのティルトレンズは物撮りにも良く使うのでマクロ機能はニーズが高いです。むしろどうして現行のTS-E 90mmをマクロにしなかったの?くらいの感じです。

ニコンのチルト・シフトレンズはマイクロとはいうものの、今時のマクロレンズとは違って0.5倍どまりだから、等倍マクロになれば一応世界初かな。

キヤノンのティルト・シフトレンズはニコンのティルト・シフトレンズと比較して安価(それでも一般的には充分高価)ですが、それがマクロでLとなるとニコンのそれらを超える価格になりそう・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカMモノクロームTyp246 は日本では5月1日に発表?」です。

次のブログ記事は「ライカがMモノクローム(Typ246)を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る