キヤノンがスピードライト430EX III-RTを正式発表

キヤノンが、430EX II の後継機となる新型スピードライトを正式に発表しました。

大光量多機能ストロボ"スピードライト430EX III-RT"を発売

  • キヤノンは、スピードライト430EX III-Rを2015年10月下旬より発売する。スピードライト430EX III-RTは、「スピードライト430EX II」の後継機種で、ガイドナンバー43の大発光量および焦点距離24-105mm対応(ワイドパネル使用時は焦点距離14mmに対応)の、ポートレート撮影に最適な多機能ストロボ。
  • 従来機種に対してバウンス可動範囲が左右方向に60°拡大しており、バウンス光を拡散させることで被写体に発生する影を抑え、より自然な描写を可能にするバウンスアダプターや、白熱電球下の撮影時に、ストロボ光と被写体の背景のタングステン光との色味を近づけるカラーフィルターを同梱。
  • 電波通信および光通信によるワイヤレスストロボ撮影が可能。電波通信はマスター機能およびスレーブ機能を、光通信はスレーブ機能をそれぞれ搭載。
  • 従来機種と比べて幅1.5mm、高さ8.2mm、奥行き2.8mmの小型化と、約25gの軽量化。

 

以前から、海外で何度も噂が流れていたキヤノンの新型スピードライトがついに正式に発表されました。これでキヤノンのスピードライトのリニューアルは一通り完了ですね。

430EX III-RTは、旧型に比べると多くの点で改良が施されているようですが、電波通信によるワイヤレスストロボ撮影への対応が一番の目玉でしょうか。

2015年7月 8日 | コメント(13)

コメント(13)

デザインは430EXⅡの方が好みですが、画像見た感じ操作性は向上してそうですね。

良いですね新しい430
なかなか発売しないからi40を買ってしまったけど

Canonからのメールで知り、このサイトにきましたが
最初見たとき素でウェッと奇声を発してしまった…
こんなことならゴールデンウィークに買うんじゃなかった…

光はスレーブのみとはいえ電波はマスターにもなれるしダイヤルもついて複数買うには良いかも。

5Dmark2でも使いやすいでしょうか?

ワイヤレス通信やフラッシュのタイミングなど。
これを気にライディングの世界に踏み込もうかと思ってます。

バウンスの角度が大きくなっていたり、バウンスアダプターが付属していたりとなかなか気の効いたモデルチェンジですね。バウンスの角度のためだけでも600EX-RTにする意味があったぐらいですので。それでも150度にとどめるあたりは下克上をしないキヤノンらしいです。
580から大きくなった600EX-RTに対して、小型軽量になったこともよいことだと思います。

いやあ。まいりました。Kマウントからキヤノンに移行しいろいろ買ってしまったので、ストロボは600ではなく430-2にしてしまいました。ううむ、ワイヤレス欲しかった・・・

コンパクトになって背が縮んだ分、横着せずにフード外すのは必須ですかね?

カラーフィルターは嬉しいですね、ニコンにはあるけどキャノンにはなかったので・・・
室内撮影が楽になりますね、上のクラスにはないのかな

>すい。さん
600EXには同梱されてますよ。

http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/5296b001.html

ワイヤレスのスレーブ機能は有難いですね。
バウンスしたり、カメラ本体から離して発光させることが多いため、ワイヤレスは便利です。
キャッチライト用のプレートや付属フィルターなども十分活用できそうで、撮影の現場がよくわかっている方が設計されているのでしょうか・・・・・・・。

おお、ついに来ましたか!
「430EXⅡの後継機がそろそろだろうからまだ買うまい」と思って3年くらい経ちました。笑
あれこれ工夫して撮っていましたが、やはりこれが出たら即買いですね。

発売はまだだいぶ先なのですね…。

待ち続けた甲斐がありました!
カメラ本体に電波通信のトランスミッタを内蔵してくれると、430EX III-RTの汎用性が高くなりますよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが近日中にレンズのロードマップに6本のFEレンズを追加?」です。

次のブログ記事は「Nikon 1 J5 のDxOMarkのスコアは従来の機種から大幅に改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る