ソニーFE90mm F2.8 Macro G OSS は開放から並外れた高解像力

DxOMark に、ソニーのFE90mm F2.8 Macro G OSS のスコアとレビューが掲載されています。

Sony FE 90mm f2.8 Macro G OSS lens review 

 テスト機はα7R   FE90mm F2.8   FE55mm F1.8   FE70-200mm F4 
DxOMarkスコア 40 42 27
解像力 32P-Mpix 29P-Mpix 23P-Mpix
透過 2.8T 1.8T 4.7T
歪曲 0.2% 0.4% 0.3%
周辺光量落ち -1.4EV -1.6EV -1.3EV
色収差 2μm 9μm 4μm

  • 36MPのα7Rによる40のスコアは極めて高い値で、光学性能は際立っている。解像力は開放から並外れて高く、画面全域でとても良好だ。周辺光量落ちと色収差は、概ねよく補正されている。
  • 性能のピークは1段か2段絞った時で、このときの解像力は画面の隅を含む画面全域で極めて均一で、色収差は少なく、周辺光量落ちもごくわずかだ。解像力はF8か落ち始めるが、均一性はF22まで維持されている。
  • FE90mm F2.8 は光学性能の点で最高で、唯一の欠点は、このレンズがそれほど小さくも軽量でもなく、ボディが小さいというミラーレスの利点とそぐわないことだ。それはともかく、FE90mm f2.8 は光学性能にほとんど欠点がなく、大きさ重さが気にならなければ、容易に推薦することができる。

 

ソニーのFEレンズでは、FE55mm F1.8 が非常に高性能なレンズとして知られていますが、このFE90mm F2.8 は解像力でそのFE55mmを軽く上回っているのはすごいですね。透過や色収差などのその他の項目も非常に優秀で、全く問題はなさそうです。このレンズは、Eマウントの目玉レンズの1つになりそうですね。

2015年7月28日 | コメント(8)

コメント(8)

ある意味困ったレンズですね。撮り手のセンスや技量の差が如実に出てしまいそう。

FE90の発表の記事で「デカすぎる!」と苦言を書きましたがサイズに見合う性能を備えている感じですかね。
ぼちぼちと購入者の写真を見かけるようになっていますが解放付近でも甘さを全く感じませんでした。
ただ、これをカメラバックに仕込むにはオールド単焦点を2本外さないと無理なんですよね。。
もう一点気になるのは、Batis/85もこれに迫る(あるいは超える)実力なんでしょうかね

購入して先日の日曜α7Rで使ってみましたが解像力は凄まじいです。
DP3と遜色ない位、解像します。
センサーの底力が初めて実感できました。

参考程度としかなりませんが、他社の評判の良いマクロレンズもスコア上は上回っているのは凄いですね。
今までレンズが揃っていないのがα7のネックとされていましたが、このままのペースで増やしていけば逆に後発のマウントだからこそ最近の技術で設計した粒ぞろいのレンズが揃ったマウントとなるかもしれませんね。

7R IIで撮影すると、32P-Mpixよりもっと解像度が高いのでしょうね。

このレンズの解像力の高さはテスト結果の通りだと思いますが特筆すべきことは前後ボケのスムーズさと美しさ。
ミノ100マクロとシグマ70マクロ、SONY DT30mmマクロを売却することを決め、F8での近接解像力が信じられないくらい高いマクロエルマリートR60とオークションに便利で売却価格に期待できないシグマ50mmマクロだけ残すことにしました。

Gレンズらしい柔らかさを期待して買いましたが、いい意味で裏切られました
それでいてボケはスムーズで、ちょっと欠点のないレンズですね
大きさの割に重さは感じません
アダプタかませて100マクロをマウントしていたのに比べれば、快適そのものです

こういうのをみると
FE 50mm F1.2 G OSS とか
FE 50mm F1.4 G OSS とか
欲しくなります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年7月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが200-500mmのF5.6クラスの超望遠ズームを準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF11-24mm F4Lは極めて高性能なレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る