オリンパスED7-14mm F2.8 PROは開放から際立った解像力

ePHOTOzine に、オリンパスの超広角ズーム「ED7-14mm F2.8 PRO」のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital ED 7-14mm f/2.8 PRO Review

  • 鏡筒はツヤ出し仕上げのハイクオリティで頑丈な素材、マウントは金属製で、マウントにはゴムのシーリングが施されている。頑丈な造りとF2.8通しの明るさにもかかわらず、重さははずか534グラムしかない。
  • 前玉が半球状になっているため、フィルター枠は用意されていない。
  • フォーカスリングを手前に引くと距離目盛りが現れ、自動的にMFモードに切り替わるが、レンズ交換時に簡単に動いてしまうので注意が必要だ。
  • 最短撮影距離はズーム全域で20cmで、クローズアップ撮影や引きのない場所での撮影に理想的。
  • 解像力は、7mm(※原文は12mmになっていますが、7mmの間違いだと思われます)では中央は開放から既に際立った値(outstanding)で、隅は素晴らしい値(excellent)だ。回折の影響のため、この焦点距離では絞っても解像力は改善しない。
  • 10mmでは開放時の解像力は若干低下するが、とは言え、それでもなお開放から画面全域で素晴らしい値(excellent)だ。F4に絞ると、中央は際立った値(outstanding)で、隅は素晴らしい値(excellent)になる。
  • 14mmでは、中央は開放でとても良好な値(very good)で、隅は良好な値(good)だ。F4からF5.6に絞ると、中央は素晴らしい値(excellent)、隅はとても良好な値(very good)になる。
  • 色収差は0.5ピクセルを超えることはほとんどなく、ズーム全域で極めて良く補正されている。
  • 周辺光量落ちは、7mm開放で1.52EV、14mmではわずか1.27EVで、良く補正されている。F5.6に絞ると、ズーム全域で見た目に均一になる。
  • 歪曲は自動補正されるが、未補正の状態では7mmで1.73%のタル型で、14mmで0.61%に減少する。歪曲の形はどの焦点距離でも、画面全域で整っているので、後処理での補正はとても容易だ。
  • 逆光では、太陽のような強い光が画面内に入ると、フレアが発生し、コントラストの低下が顕著だ。
  • 価格は1000ポンド前後で、このレンズのクオリティからすると、コストパフォーマンスは良好だ。
  • このレンズは際立ってシャープで、使い勝手もよく、頑丈で防塵防滴の鏡筒を採用している。若干フレアは出やすいかもしれないが、極めて広い画角とコンパクトなサイズを考えると、多くの人はこの欠点を許すことができるかもしれない。
  • 良い点: 開放時の際立った解像力、比較的小型軽量、頑丈な造り、防塵防滴、MFに素早く切り替えられる、コストパフォーマンスが良好、色収差が素晴らしく良く補正されている。
  • 悪い点:レンズ交換時にAF・MFのモードが容易に変わってしまう、フレアがかなり出やすい。

 

このレンズは、大口径の超広角ズームにもかかわらず、ワイド端では開放から驚くような高解像力ですね。テレ端では少し解像力は低下しますが、超広角ズームでここまで解像力が安定していれば全く問題はなさそうです。

弱点として逆光耐性があげられていますが、これは前玉が突出しているタイプの超広角レンズの共通のウィークポイントなので、仕方がないかもしれませんね。

2015年7月10日 | コメント(5)

コメント(5)

欲しいのにオリンパスの直販では予約すらできません,,,
登山のお供に、防塵防滴は安心感ありますから

M.zuiko9-18,pana7-14、本製品のいずれかを購入検討しています。
値段からm.zuiko9-18にほぼ決まりかけていたが、やはり作例を見ていると7mm(換算14mm)の超広角が自分好み。じゃあ値段順で、写りも素晴らしいと評判のpana7-14かと思ったが、ボディはE-M5mk2。どうやらオリ機と相性が悪いらしいので、pana7-14は候補外へ。結果、m.zuiko7-14proを購入予定です。
…ただ在庫なしで注文出来ない。オリオン、予約くらい受け付けて欲しいなぁ。

運良く駆け込み予約の割に一昨日手に入れました。じっくり撮ったわけではないけれど、やはりすごいレンズ!解像度が半端じゃないことは、他のプロタイプ同様。
フォーサース、特にEM1所有者ならマストレンズ。EOSシステムメインの小生ながら、最近はベタベタOMD(苦笑)。

使ってみた感想としては、広角はZD7-14mm,近接はMZD7-14mmが優れています。
画質の切れは、ZD7-14mmが一枚上手。
個人的によく使う、近接撮影の歪みはデジタル補正している事もありますが
広角のレンズとしては完璧に近いほど抑えられているので、使い勝手が格段に良くなっています。
合焦は静かで速く、軽量で色乗りも良いので、初めて広角レンズを使う人にもお勧めです。
ただ、OLYMPUS Viewer 3でRAW現像すると画像の端の部分が結構大きく削られて
画角が狭くなってしまう事があるのは補正の関係もあり仕方がないですね・・・

7-14mmには、フィルター枠が無いのが残念ですが、youtubeに
「飯島式 フィルターポケットの作り方」
https://youtu.be/_-y5Ux8mWIA
という動画が公開されていました。フィルターを付けたい人は自己責任でどうぞ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE24-240mm F3.5-6.3 OSS は良好な性能だが価格が高すぎる」です。

次のブログ記事は「パナソニックGX8はLX100に近いデザインになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る