パナソニックが2016年にGH5やGMシリーズの新型機をリリース?

43rumors に、パナソニックから今後登場する新製品と新技術に関する噂が掲載されています。

What's next from Panasonic? Organic sensor, FF camera, GH5....

  • 2015年にパナソニックはG7、GF7、GX8 を発表した。そして、今年は他のm4/3カメラは発表されないと予想している。来年は何が登場するのだろうか?
  • 2016年に登場する可能性が高い製品
    1) LEICA 100-400mm F4-6.3 が春に登場する
    2) GH5は2016年中
    3) GMシリーズの新型機が2016年中に登場する
  • パナソニックが行っていること
    1) ライカとの協業の強化(ライカSLフルサイズAFミラーレス機用の多くの部品の開発)
    2) 富士フイルムと共同で有機センサーの開発
    3) m4/3用の新しい大口径単焦点レンズの開発
  • サプライズがあるかもしれないこと
    1) 有機センサーを採用したカメラの発表
    2) 独自ブランドのフルサイズカメラとレンズでライカTマウントシステムへの参加
    3) Noctilux F1.2単焦点レンズシリーズの拡張

 

GH5では、現行のGH4からどこまで進化するのか(4k60pが搭載されるかなど)注目したいところです。交換レンズは、LEICAブランドの高性能レンズが中心になるのでしょうか。

あと、まだ推測の段階ですが、ライカの新システムへの参加がもし本当に実現すれば、ライカよりもかなり手頃な価格でフルサイズミラーレスシステムが提供されることになる可能性が高そうなので、大いに注目を集めそうです。

2015年10月 6日 | コメント(13)

コメント(13)

パナソニックが行っていること
1) ライカとの協業の強化(ライカSLフルサイズAFミラーレス機用の多くの部品の開発)

サプライズがあるかもしれないこと
2) 独自ブランドのフルサイズカメラとレンズでライカTマウントシステムへの参加

上記の文面を見るとライカSLはTマウント?とも読み取れそうですが、パナソニックの今後の動向は気になりますね。

Lumix の自然な色合いが気に入っていて、使用頻度はあまり多くはありませんが、保有し続けています。

ゆえに、カメラの更新時期はとても気になります。
独自の路線を見いだすことで、他社との協業もうまくいくと思います。

GM1(1S)の後継機の情報が、なかなか出ないと思ってました。でも今年はGF7が発売されたんでしたね。ちっちゃいのばかり出ても仕方ないか…。2016年の新GMが待ち遠しいです。

来年の早めに、GH5が出る事を、願っています。
出来れば、連写が10コマ/秒が、欲しいですね。

F1.7のラインは、15mm, 25mm, 42.5mmと、いつの間にやら揃いました。
15mmには、焦点距離、描写、手振れ補正と、いささか中途半端な印象が未だに拭えませんが…。
ライカ銘を与えなければ、印象も違ったかと思います。しかし、絞り環がある点は素晴らしい。

Nocticronが、12mm/14mm, 17.5mm, 25mm, 42.5mmと揃えば、システムとして完成度が凄いですね。
50mmは基本にしてメーカーの顔ですし、35mmも競争が激化していますので、この2本は気合いを入れたものを見たいです。
明るさだけでなく、収差も本家ライカのAPO Sumicron相当と言える物を期待します。

大口径としてはやはり25mm/1.2 or 1.0 に期待です。f1.4は外装に高級感がない、ピントリングがユルユル、絞り羽根の作動音がウルサイ、(今となってはですが)ライカ銘なのに絞環がないなど、写りが良いのはその通りなんですがあまり買い戻す気になれず。

超望遠と明るい単焦点には期待しています。
20/1.7を愛用してます。17.5/1.0や20/1.0がでると嬉しいです。
超望遠は300/4も待ってますが、ズームが便利そう。100-400値段が気になるところです。

>ライカSLフルサイズAFミラーレス機用の多くの部品の開発
これはパナソニックブランドで見たら将来的にとても楽しみな噂です。
m4/3だけでカメラ業界に残れるとは思ってなさそうなのも現実的なパナソニックのようで一安心です。

GH4の4K、3840x2160クロップ、実質1インチセンサーサイズは残念です。
16:9全画素読み出し4K30Pと3840x2160クロップ60Pの両対応願います。
4K静止画切り出しは100mbps記録ではビットレートが低すぎと思います。200mbpsもサポート願います。

パナのフルサイズ機にはソニーやライカのデザインとは違う
レンジファインダータイプのデザインを期待してます。

小型化・薄型・軽量がお家芸だったソニーがミラーレス一眼については大型化路線をまっしぐらなので、
パナには向こうを張って小型化に邁進していただけたらと思います。

ついにはライカブランド機がソニーより小型、なんて逆転しちゃったりして。

GMは本当に良く頑張ったと思います。ターゲットは限られるのだろうけど、利益も薄いのだろうけど、売り場で女の子がいじってるのをよく見かけるので、確かなニーズはあるセグメントだと思います。

GH5はやはり4k60pに期待ですね
4k30pのままなら相当な目玉機能がない限りGH4継続するだろうし、
ソニーの最近の4k攻勢みると、ここで30pでお茶を濁して次の機種に持ち越しなんてしてたら、その間に先越されそう。

GM5,GX7,GH3愛用のバナファンです。
自然な色合い、使いやすさ、金属筐体の軽量堅牢が気に入ってます。

GH4次期モデルに期待大です。
Zuikoレンズも愛用中ですが、本体内蔵ブレ防止がないので
もっぱらGX7がメイン。GH5?でブレ防止内臓だといいですね。
もちろんGH3,4より少し軽量化を。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年10月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマはXマウント用のレンズを開発する計画はない?」です。

次のブログ記事は「ツァイスが10月12日にLoxia 21mm F2.8 を発表? [内容更新2]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る