DxOMarkにシグマ「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」のスコアが掲載

DxOMark に、シグマのAPS-C用の高倍率ズーム「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM C Nikon 

 テスト機はD7100  Sigma
18-300 F3.5-6.3 
Tamron
16-300 F3.5-6.3 
Nikon
18-300 f/3.5-6.3G 
DxOMarkスコア 13 14 16
解像力 7P-Mpix 7P-Mpix 9P-Mpix
透過 6T 5.8T 5.7T
歪曲 0.5% 0.7% 0.7%
周辺光量落ち -1.1EV -0.9EV -1.1EV
色収差 7μm 9μm 9μm

  • DxOMarkのD7100でのスコア13は、旧型(18-250mmなど)に比べて改善しているが、焦点距離が伸びたことによるトレードオフもある。18-200mm F3.5-6.3 DC OS はピークの解像力は18-300mmよりも高いレベルで、新型(18-300mm)は一貫性に優れている。
  • 18-300mmは、望遠端が長いことを考えると、収差はよく補正されており、特に歪曲と色収差は良好だ。
  • タムロン16-300mmとの比較では、ピークの解像力は同程度で、歪曲と色収差はシグマが若干少ないが、タムロンは透過と周辺光量落ちでは優っている。そして、タムロンは望遠端の中央の解像力で若干優っている。
  • ニコンの新しい方の18-300mmとの比較では、ニコンが望遠端の解像力が高く良好な性能だ。ニコンは3本の中で最も高価だが、200-300mmの焦点距離をよく使うなら、ニコンが有利だ。
  • シグマ18-300mmは、古い世代の高倍率ズームから控えめな改善が見られる。タムロンとの比較では優るとも劣らないが、タムロンは広角側が広いのが無視できないだろう。ニコンは高価だが小型軽量で、200-300mmの解像力で若干優っている。しかし、予算が限られているならシグマは堅実な選択肢だ。

 

スコアの数字ではタムロンがシグマより若干上ですが、解像力チャートで見ると、均一性ではシグマの方が優れているようですね。広角端の16mmが必要ならタムロン以外に選択肢はありませんが、18mmスタートでかまわない場合は、性能以外に価格や大きさの違いもあるので、3本のうちどれを選ぶかは悩ましいところかもしれません。

2015年12月26日 | コメント(5)

コメント(5)

このあたりのレンズは、購入の際に迷われる方も多いと思うので、こういった情報はありがたいです。

ネット上のレビューでは、タムロン16-300よりシグマ18-300の方が画質が良いという話が多い気がしますが、この結果だと明確な差はないということなのでしょうか?

そうであれば、確かに16mmスタートのタムロンも魅力的ですね。

SD1m使ってますがコンパクトな望遠レンズが選べないんですよね。

APO70-300mmF4-5.6DG macroは手ぶれ補正無しですし。
120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sportsはでかすぎる。

なので18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを検討してましたが微妙な性能ですね。

APO70-300にOS入れてもらえませんか、シグマ様。

このレンズを購入した一人です。
タムロンよりも評判が良かったので買ったけど、
私のはピントがあまく周辺光量の落ち込みが結構ひどかった。
この記事を見ていれば迷わずタムロンにしたと思う。
タムロンに変えたいなと思う。16ミリも魅力だし。

タムロン16-300とシグマ18-300の両方を買ったのですが、解像度ではタムロンの方が良いように思い、その後USBドックを買ってピントチェックツールで各画角の調整をしましたが、やはり両者の解像度にはほぼ差はありませんでした。
現在はタムロンとUSBドックだけが残っています。16始まりは便利です。

シグマのレンズを検討してましたが、
解像度の性能では、一長一短な感じなんですかね。
手振れ補正の効果も、ぜひ知りたかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年12月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年はソニーAマウントにとって素晴らしい年になる?」です。

次のブログ記事は「ペンタックス645ZのDxOMarkのスコアは101で全機種中トップ [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る