BCNランキングに2015年の写真関連製品のシェアベスト3が掲載

BCNランキングに、2015年のカテゴリ別の販売台数シェアベスト3が掲載されています。

BCN AWARD2016(2015年1月-12月合算)

  • デジタルカメラ(レンズ一体型)
    1. キヤノン: 30.5%
    2. ニコン: 21.0%
    3. カシオ: 14.8%
  • デジタルカメラ(一眼レフ)
    1. キヤノン  56.2%
    2. ニコン     36.7%
    3. リコーイメージング  6.7%
  • デジタルカメラ(ミラーレス一眼)
    1. オリンパス  34.5%
    2. ソニー  24.8%
    3. キヤノン  13.6%
  • 交換レンズ
    1. キヤノン  24.1%
    2. ニコン  15.2%
    3. シグマ  13.5%
  • アクションカム
    1. GoPro  33.9%
    2. ソニー  25.4%
    3. パナソニック  20.5%

 

一眼レフに関しては今まで通りキヤノン・ニコンが強いですが、ミラーレス機ではオリンパスとソニーが2強になっていて、一眼レフとはずいぶん状況が異なるようですね。

コンパクトカメラでは、ネット上でよく話題になっているソニー、パナソニックがどちらもシェア3位までに入っていないのは少し意外な感じもします。交換レンズでは、シグマが3位でニコンに迫るシェアを獲得しているのはすごいですね。

2016年1月28日 | コメント(55)

コメント(55)

ミラーレスのシェア3位がキヤノンなのは意外でした。
交換レンズは一眼レフが強いんですね。

ミラーレスでキヤノンがベスト3に入ったことってありましたっけ?
EOSM10も発売して、M一桁もライト層に気を遣わなくても良くなったわけなので、ハイアマチュア層に受けるとがったミラーレスを出してほしいです。

一眼レフのシェアでリコーイメージング(PENTAX)が6.7%もあるなんて感動です。

一眼は去年と代わり映えしないですが、ミラーレスは去年トップだったソニーが10%近くシェア落としてますね。キヤノンはパナを追い出して初ランクインのようです。EOS M、本気出してない感ありありなのにさすがキヤノンというか・・・。
ニコキヤノが本気のミラーレス出してきたらシェアはどうなりますかねー?

アダプター愛好家さんへ
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

私もペンタ使いなので3位は嬉しいですが、
よく考えたらレフ機はこの3社だけのような?w
でもビックリ。

一眼レフはキヤノンとNikonでほぼ90%なんすね…
今年はペンタにもう少し頑張ってもらいたい。

あんな(と言っては失礼ですが)ミラーレス機しか出していないのにキヤノン恐るべしです。
ミラーレス機のシェアはキヤノン、ニコンが出るまでは暫定でしかないですね。

PENTAXはフルサイズ投入で一気にシェア10%目指して欲しいですね

ミラーレスのシェアでPanasonicはいつの間にかキヤノンに抜かれてしまったんですね。
レンズ一体型でカシオが3位とは思ってもいませんでした。
なんとなくRX100シリーズが売れているように感じていたのでSONYかなと思っていました。

ミラーレスのシェアはこれからまだまだ大きく動くでしょうね。
とくに「17年までにミラーレスでもトップシェア獲得を狙う」キヤノンと、「5年後にカメラのシェアでトップ3に入る」という目標を掲げた富士フイルムは、目標達成に向けて大きく動いてくると思います。

レンズ交換式でシェア出して欲しいですね。

シグマの交換レンズ市場での存在の大きさは凄いですね。
単価・利益もかなり高いと察します。

非上場ですからどれぐらい稼いでいるか判りませんが、
凄い高収益企業へ突き進んでいると思います。

コシナも高収益だそうですから
現状は交換レンズにキヤノン・ニコンだけでなく
カシオ以外すべてのメーカーが
注力していることを裏付けるデータだと思います。

>m2cさん
シ、シグマを忘れてもらっては困ります。
まあ…忘れますよね。シェア0.001%とかじゃないでしょうか>シグマの一眼レフ。

コンデジは廉価モデルを出しているメーカーがシェア高めですね。台数ベースなので。

金額ではなく台数のシェアなので、
低価格機や型落ち機の充実度が大きく影響しそうなランキングです。

以前から言われていますがBCNランキング参加会社ではカメラ専門店が少なく、PCパーツやネットディスカウントショップや、
エディオンやケーズデンキなどのハイエンドカメラや一部メーカーを扱わない店舗が大半を占めています。
また、参加店舗のAmazonてはタイムセールやディスカウント価格に集約しているため
タイムセールに多く挙がったメーカーがランキング上位に入ってしまう事が多いですね。
より多くのPOSデータを扱っているGfkの国内デジカメランキングではペンタックスやフジもランキングに入っているなど、
売れてる機種の乖離が大きいので他のリサーチ会社のデータも見たいところですね。

BCNランキングPOSデータ提供店の23社見ると、カメラ専門店というより量販店が多いので(ヨドバシないけど)、客層的に偏りはあるかもしれませんね。ご参考まで。

http://bcnranking.jp/info/index.html

レフ機は売れる入門~中級機を揃えてる上位2社は強いですね、リコーイメージングはリニューアル為てきてるので3番目に入ってますが機種が少ない、ソニーは動き無しなので今年α99後継が出ても入門機がリニューアル為ないとこのままでしょう、シグマも動きなしですし。
コンデジは3万以下の機種を多く出してる上位3社が入ってますね、購買層の多くがここなのだと思います。

α7ユーザーとしてはレンズ展開も改良も遅いソニーが2位に落ちたことでもちっと危機感もって頑張ってほしい。。。と思いつつ、交換レンズのランキング見ながら「シグマがいつになったらFE出してくれるのか」と改めて思ってしまいました。

ちなみにGfkジャパンによるデジタルカメラのランキングはITメディアで確認することができますね。
バックナンバーも合わせてみますとBCNとはまた違った結果が見られますので興味深いですよ。
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1601/25/news030.html

一眼レフの上位3社を足すと99.6%になりますが、ソニーAマウントは0.4%以下という事でしょうか。それともレフ機には入ってないだけなのか。
ミラーレスでは本気を出してないキヤノンが3位まで上がってきたので、そろそろ気合いの入った製品を出しても良いタイミングかも。

台数ベースゆえ廉価機が多い方が有利なランキングのようですね。
昨年のソニーはAPS-C機種の更新がなく、FF機種も高額商品ばかりだったので不利なデータですね。新商品が40万円オーバーばかりなので、そりゃあおいそれとは買えません。
今年はα6000系の更新があるので、また変動するかも。

ソニーにもっと危機感を持ってほしいという意見には同意です。
全部入りとも言えるα7RⅡを出したにも関わらず…という結果はつまりボディ連発戦略の限界だと思うのです。
例えばゲーム機を沢山出されてもソフトがなければ遊べないように、そろそろレンズに本腰を入れる時!だと思うのですが…

ソニーが落ちたことには驚きは無いですね。去年でたカメラの殆どがハイエンド志向の強いハイアマチュア向けの製品ばかりで、エントリー向けの商品が出ないのですから当然です。むしろ2年間動きの無いα6000でミラーレスシェア2位を堅持している事に驚きました。まぁこれに危機感をもって、α6100と、APS-C用Eマウントレンズの拡充に力を入れてくれれば嬉しいですが。

意外だったのは交換レンズも載ってるんですね。
ミラーレス陣営の名前が全く無いのですが、ミラーレスユーザーは追加でレンズを買わないのは本当のようですね…。
レンズ交換式ミラーレスを作っているところはもう少し危機感を持った方がいいかもしれませんね。

むしろ本気を出してないキヤノンでも3位取れるのでしばらくMのままでいいと思ってたり…
やっぱり大半の人はとっつきやすさとブランドイメージでモノ選んでるってことがよくわかりますね。

去年のリコーイメージングはK-3IIとK-S2 これぐらいでしたよね
それで6.7%は凄いですね やはりマーケティングの神髄は価格ですかね?
春にフルサイズが登場して今年はシェアを広げると思いますが
一過性のブームで終わるか? それとも息をふき返すか?
価格次第で将来がガラリと変わりそうですね
ユーザーと温度差が生じたら 逆に数字は減る予感

ミラーレス機でも3位とは、キヤノン、ソツが無いですね・・・^^;
私としては新型ミラーレス機が気になりますが、値段やバリエーションによっては更に上位に食い込みそうな気がします。

交換レンズで3位のシグマも最近の製品群を見れば納得です。

レフ機は風景撮りや子供撮りをしているとリコー(ペンタックス)は割とよく見かけますから、こちらも納得。

意外なのは管理人さんの仰るとおりコンデジでソニー、パナソニックが入っていないこと、ミラーレス機でパナソニックと富士フイルムが入っていないことですね。

個人的には5位くらいまで発表されると全体の動向が掴めそうな気もします。

このデータを見ると、カメラ業界がいかにエントリークラスに屋台骨を支えられているか分かりますね。そんな中、元記事の交換レンズの機種別を見てみると上位は殆ど撒き餌レンズの中に有ってEF100-400mm2が同じように売れたのは凄いですね。

ミラーレス。パナやフジよりもキャノンのほうがシェア高いんだ。開発製造コストはパナ、フジの方が掛かっていそうだけど...。

Amazonでいっつもキャノンのミラーレスはセールかかってますしね。OLYMPUSのPENも。
逆にソニー、パナソニックのミラーレスがセールにかかってることはほとんど無い。
Amazonの影響はかなり大きいのでは無いでしょうか。

アクションカムについてはGo Pro一強のイメージがあっただけに意外です。
日本での入手性の問題でしょうか?

BCNランキングは偏りがあるという意見もありますが、概ねよく見かける順かなあ、と思います。意外なのはミラーレスの3位がキヤノンなくらい。ミラーレスのシェアは今後動きがありそうですね。現状4位以下はパナソニック、ニコン、フジorペンタックス(リコー)の順でしょうか。

sadowskyさん

そこでオリンパスの瑞光レンズにって流れなのかと。

まぁ家電量販店のデータがほとんどですのでエントリーモデルのあるメーカーがシェアが多いのは頷けますね。
田舎の家電量販店はキヤノン・ニコンのエントリーしか置いてないお店もあるくらいだし。
カメラ専門店やメーカー直販が含まれてないなど、正確なデータはわかりませんが、含めてもそんなに変わらないんじゃないかな。
販売金額のシェアだと変わってくると思いますが・・・

レンズ一体型で売れているニコン製品って何だろう?!と思ってしまいました。
ここで話題になってくるハイエンドコンパクトは、台数の出ない機種ばかりで、シェアには貢献せず、実態は1〜3万ラインの型落ち、もしくはエントリー機が売れているのでしょうね。

ミラーレスもレフ機も、ここで売れているのは型落ちのダブルズームキットなのだろうという気がします。
それでも値下げが極端なパナが売れてないのは致命傷のような…

皆さんおっしゃるように、ソニーのα7シリーズは高杉なんでしょうかね?

台数ベースらしいので実質10万以下のカメラランキングと
実質同意でしょう
高級機にヒットがあっても数字に現れにくそうですね

合わせて売り上げベースのランキングがあれば面白そう
台数ベースで順位が低く売り上げベースの方が高い
メーカーがあれば最も効率的に稼いでいるということに
なりそうですね

大半のカメラユーザーは上位機種に関心がなく、安さとブランド名で買ってるってことなのでしょうか?それだったらスマホのカメラで良いじゃんと個人的には思ってしまいますが。。

一眼部門で、リコペンが3位とはなかなか健闘してますね。でも、その差は計り知れず大きい・・・
ただ、リコペンは発売した種類が少ないのにこの数値はやはりカラリバ戦略が功を奏しているのでしょうか? 実際、街中で色付きのペンタの一眼を良く見かけるようになりました。今年はフルサイズとAPS-Cの後継機も来るでしょうから二桁になって欲しいものです。

現行Aマウント機はミラーレスですから、一眼レフの残りはシグマでしょうか。

ペンタックスが健闘かと思いましたが過去のランキング2012~2016年を覗くと2013年のソニー以外は定位置でしたね。

EOS Mって意外と売れていたんですねー
本気出しているように見えないのにそこそこ売れちゃうからCanonもそんなに力入れていないのか(真栄田氏の社長就任で一気にシェアを獲りに行くかも)
PENTAXの三位は一見すると凄いですが3社中の3位ですからねぇ
この事業規模で良くやっているってとこでしょうか(もうちょい頑張ってシェア伸ばして盤石な体制になってもらいたい)
コンパクト機でのカシオの3位はなんか納得できます
コンパクト命(ミラーレス何それおいしいの?状態)で次々機能考えて作り込んでますしね

一眼レフのシェアでリコーイメージング(PENTAX)が6.7%もあるなんて感動です。

世界市場で見た場合との差が知りたいものですね。

国内ではキヤノンのブランド力は強いですね。
ニコンは脱落気味でしょうか?
一眼レフ自体がミラーレスにとって代わってゆくのでしょう。

リコーPENTAX、思いの外堅調ですね。
去年はマイナーバージョンアップのK-3ⅱとかつてのラインナップからカラバリが減ったK-S2だけだったのに。フルサイズ前の買い控えでもっと落ち込んでると思ってました。
フルサイズが発売すればシェア二桁台に突入かな?

パナのミラーレスは高級路線に舵をきってるので
台数ベースだと弱くなるかもね

>デジタルカメラ(レンズ一体型)
1. キヤノン: 30.5%
2. ニコン: 21.0%
3. カシオ: 14.8% ☆

ここではいわゆるラージコンパクトも含んでいるのでしょうが、それにもかかわらずカシオが頑張っていますね=ボクはCASIO EX-10
をコンパクトでは使っていますが、性能・機能は他社を上回っていると思います…つまりシゴトで使えるレベル。

フジはあんなに力入れてるのに、3位には入らないのか~

一眼レフについては、子供の学校行事なんかに行くとほぼシェア通りなのかなぁという感じがしますね。
私はPENTAX機愛用ですが、たまに同志を見つけると何だか嬉しくなります。
SONY機はほとんど見かけることが無いですね・・・

世界市場でもニコンとキヤノンが圧倒的ですよ。
http://digicame-info.com/2015/12/flickr2015.html


パナソニックがミラーレスで入ってないのは意外ですね。
オリンパスと層はある程度被ってると思うんですが。

>これは日本だけの話で、世界市場全体を見れば、ブランド力でSonyとPanasonicが上位に食い込みます。

情報源はどちらでしょうか?
2012年頃の世界シェアの統計ではPanasonicは上位でしたが、四季報の2014年のミラーレス世界シェアの統計ではPanasonicは販売を大きく落としてSonyとサムソンの二強でした。
それが2015年は持ち直したということでしょうか。

カシオが売れてるのにビックリ。

BCNランキングにおいて、Amazonの寄与が大きいのは、Amazonタイムセール商品がBCNランキングの上位に登場する事例がある事からも分かります。

ただキヤノンはミラーレス「3位(*)」と自負し、今年は2位(最終目標は首位)を目指しているようです。他社が収益改善のために高級化へシフトしているのに対し、キヤノンは敢えてエントリー機M10を投入しました。M3は好評ですし、M10も一部ショップでは売れ筋になっているので、BCNランキングでの年間シェアは上がると予想します。2位になるのは?ですが‥‥。

(*) AmazonタイムセールではM2が大量に売れました。

・3番手からナンバーワンへ - キヤノン強気の経営計画、「ミラーレスはまだ売れる」
http://ascii.jp/elem/000/001/112/1112509/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2016年1月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS-1D X Mark II は2月1日か2月2日に発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEOS 80D をCP+で発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る