キヤノンEF35mm F1.4L II はこれまでで最もシャープなレンズの1つ

LensTip に、キヤノンの広角単焦点レンズ「EF35mm F1.4L II」のレビューが掲載されています。

Canon EF 35 mm f/1.4L II USM

  • 鏡筒は旧型に比べると大きく重くなっている。フォーカスリングは十分な重さがあり、スムーズに回転する。無限遠から最短までの回転角はおよそ150度と大きく、シグマ35mm F1.4 Art よりもずっと大きい。
  • 35mm F1.4L II の中央の解像力は、開放から39lpmm(良像の基準値は30-32lpmm)で、F2とF2.8で47lpmm付近にまで達する実に素晴らしい値だ(シグマ35mm F1.4 ArtはF2で45lpmm)。F4では48lpmmで、これはOtus85mm F1.4 とシグマ35mm F1.4 Art が持っていたレコード47.4lpmmを超える最高記録だ。
  • APS-Cの隅の解像力は、開放で35lpmm、F2からF8で40lpmmの非常にハイレベルな値をキープしており、最高としか言いようが無い。
  • フルサイズの隅の解像力は、開放では29.4lpmmで、良像の基準値をわずかに下回るが、シグマ35mm F1.4の28.1lpmmを上回る値だ。EF35mm F1.4L II はF1.6-1.8まで絞れば、良像の基準値内になり、F4-5.6では36-37lpmmに達する。これはシグマ35mm F1.4 よりも3lpmm高い値だ。
  • 解像力のカテゴリでは、EF35mm F1.4L II は、これまでにテストした35mmレンズの中ではベストで、これまでで最もシャープなレンズの1つだ。このレンズの開発者に拍手喝采したい。
  • 軸上色収差は、全く問題は見られない。倍率色収差は、絞り値にかかわらず0.04%のごくわずかなレベルで、賞賛に値する。シグマ35mm F1.4 もこれと同程度だが、ニコン35mm f/1.4Gは倍率色収差は0.2%で非常に大きい。
  • フォーカスシフト(絞った時のピント位置の移動)は全く見られない。
  • 歪曲はフルサイズで-0.55%のタル型で、旧型の35mm F1.4L(-1.60%のタル型)や、ニコンの35mm f/1.4G(-1.90%のタル型)、シグマ35mm F1.4(-1.09%のタル型)をノックアウトしている。EF35mm F1.4L II の歪曲の小ささは、このクラスは敵なしだ。
  • コマ収差はフルサイズの隅でも認められず、大口径の広角レンズとしては極めて良く補正されている。このクラスでこれに匹敵するのはシグマ35mm F1.4だけだ。
  • 非点収差はコマ収差に比べると少々目立つが、高いレベルではなく、中程度のレベルにも達していない。非点収差は、シグマがキヤノンに優った最初のカテゴリだ。
  • 周辺光量落ちは、フルサイズでは開放で64%(-2.95EV)で感心はしないが、旧型の35mm F1.4L(70%)や、シグマ35mm F1.4(66%)よりは良好だ。ここではニコン35mm f/1.4G(60%)やツァイス35mm F1.4(55%)がずっと良好だ。
  • 逆光耐性は期待はずれだが、レンズ構成が非常に複雑なので、特別に悪いというわけではない。太陽が画面外のかなり離れた場所にある場合でもフレア・ゴーストが現れるのが、わずらわしい。
  • AFはかなり静かだが、無音ではなく、モーターの音が聞こえる。AF速度は、旧型よりも遅くなっており、シグマと同程度だ。フォーカスリングの回転角が大きくなっているのが理由かもしれない。AFはスタジオ内のテストでは1度のミスもなく、AF精度はわずかな問題も無い。テストに使用した2台のボディで前ピンや後ピンの傾向も無かった。
  • EF35mm F1.4L II は、躊躇なく傑出したレンズだと言うことができる。このレンズは、これまでにテストしたレンズの中で最もシャープなレンズの1つで、テストした大部分のカテゴリで強力なライバル達よりも良好な性能だ。唯一、フレアが弱点で、これさえ無ければ完璧なレンズだったかもしれない。
  • 良い点: とても良好な造り、センセーショナルな中央の画質、良好な周辺部の画質、球面収差の問題が見られない、色収差が目に付かない、コマ収差がこのクラスで最もよく補正されている、非点収差の問題が無い、静かで正確なAF。
  • 悪い点: 周辺光量落ちが顕著、逆光耐性が今一つ。

 

35mm F1.4L II の解像力はこのクラスナンバーワンで、色収差や歪曲も非常によく補正されており、光学性能は極めて優秀と言ってよさそうです。ウィークポイントは逆光耐性で、レンズ構成が複雑なので厳しいのかもしれませんが、高価なレンズなので、ここはもう少しがんばって欲しいところです。

2016年4月11日 | コメント(10)

コメント(10)

確かに素晴らしいレンズなんだろうとは思いますが、数年先に発売してて約半額のシグマが比べられてる対象と考えると、35mmARTのコスパがすごいなと思ってしまいました。

確かに素晴らしい。欲しい…けど高い(涙)けどその価値がある。
何よりも弱点がないというのが素晴らしい。

出るかもしれない50mmとの相談かな

やはりEF35mmF1.4Ⅱは素晴らしいレンズですね。
これ1本のため、専用ボディを準備するくらいの価値がありそうです。
ちなみに、ズミルックス35mmF1.4は専用のM5にセットしたまま使用中です。

わたしは防塵防滴が決め手になりキヤノンにしました。少し大きく重いですが非常に良いレンズだと思います。

知り合いのカメラマン(プロ)がもっていますが、撮った写真を見せてもらうと、濁りのないスカッとした写真に見えます。ボケもきれいで、欲しいのですがなんせ価格が・・・。

光量不足なパーティ撮影には最適なレンズかと思っていたのですが、7Dや5D4につけるにはオーバースペックなのですかね。シグマのレンズで十分なのかも。

素晴らしいレンズなんでしょうが、やっぱりそれなりの値段ですからねぇ。
私のような素人にはシグマで十分かなと。
正直、どちらで撮ったものか見分ける自信ないですからw

色収差は素晴らしいですが、点光源やチャートの文字に対しては若干ボケが煩い傾向がありますね。
5000万画素に合わせて作らなければならないのは画質のバランスが大変そうです。

他社のレンズの高性能化が著しい昨今、値段は高くなるかもしれませんが、キヤノンとしても(特に安価なシグマには)絶対に負けたくないという意思を感じます。

今年はさらにソニーのGMシリーズが際立った性能と価格で出てきましたので、この競争には益々拍車がかかりそうです。

EF35mm F1.4L Ⅱ
実売価格が大部下がってきましたね。
BRレンズを採用してもそれ程、驚くほどの購入価格アップに成らなそうですね。
私の本命はEF85mm F1.2L II USM・EF135mm F2L USMの後継機ですので期待してます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年4月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッセルブラッドが1億画素の中判カメラ「H6D-100c」を発表」です。

次のブログ記事は「ツァイスやソニーから間もなく発表される新製品に関する噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る