フォクトレンダーSuper Wide Heliar 15mm F4.5 は軽量コンパクトで素晴らしい画質

Photography Blog に、フォクトレンダーのEマウント用の超広角単焦点レンズ「Super Wide Heliar 15mm F4.5」のレビューが掲載されています。

Voigtlander 15mm F4.5 Super Wide Heliar Review

  • 重さは294グラムとそれほど重くはない。鏡筒は総金属製で見事なクオリティだ。フォーカスリングは遊びが無く、極めてスムーズに回転する。フォーカスリングの回転角は90度と大きく、正確なピント合わせが可能だ。
  • テスト画像では色ズレは見られず、色収差はほとんど問題ない。
  • 周辺光量落ちは開放では目立つ。F8まで絞れば目立たなくなるが、全面が淡い色の場面ではまだ目に付く。
  • 10枚羽根の絞りが採用されており、ボケは、このような超広角レンズにもかかわらず滑らかだ。
  • 解像力は、中央は開放ではごくわずかに低下するが、これはF5.6に絞れば素早く解消する。隅はそれほどシャープではないが、F8-F16に絞ればベストの結果が得られる。
  • 15mm F4.5は、軽量コンパクトで素晴らしい画質のレンズだ。このレンズは、鏡筒の造りが素晴らしく、フォーカスリングが滑らかに動くので、使っていて楽しめる。
  • このレンズには、隅の解像力に加えていくつかの弱点がある。1つは周辺光量落ちで、F8に絞っても目に付くが、実写では、テスト画像ほどは目立たないだろう。2つ目は、一体型のレンズフードのためにスロットイン式のフィルターが使えないことだ。これは風景写真家には問題かもしれない。799ドルの価格は、このような専門家向けのレンズとしては安価だ。大いに推薦。

 

Super Wide Heliar 15mm F4.5は、フルサイズ用の15mmの超広角レンズとしては軽量コンパクトで比較的安価なレンズですが、サンプル画像を見る限りでは、しっかりとした描写で、 コストパフォーマンスは高そうですね。

隅は、開放付近ではさすがに甘いようですが、絞れば十分に改善するので、絞り込んで風景を撮る用途なら全く問題はなさそうです。

2016年7月16日 | コメント(7)

コメント(7)

wodsさん、nakaさんへ
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

これのVMマウント版(III型)をα7で使っています。
画面の大部分はギョッとするほどシャープですが、周辺部は色収差(或いはパープルフリンジ)が目立ちます。(「レンズ補正」アプリで簡単に消せますが)

一方、このEマウント版の評価では色収差/パープルフリンジはほとんど問題にならないと書いてあります。

これはEマウント版ではレンズ側で改善がなされたのか、それともレンズ情報がボディ側にもたらされることで、デジタル的に色収差が消されたのか、どちらなんでしょうね。

>キヤノンユーザーさん

私もA7でワイドヘリア-(1型ですが)使ってます。
A7は広角系を使用するとパープルフリンジの発生すごいですよね。
GR21mmとかも結構転んでた記憶があります。

>どちらなんでしょうね。

たぶんA7R2のボディを使って評価しているせいではないでしょうか?
以下のサイトをみて知ったのですが、
http://tkysstd.com/wp/?p=9355
A7R2は裏面照射になったおかげで、Mマウントの広角レンズでフリンジを出しにくくなっているようです。

やはり15mmは非常に高い評価のようですね。
VMマウント版の時からカリカリ感は素晴しいようでした。
ところで12mm F5.6は当初予定で4月だったのが8月に延期となっていますがその後音沙汰がありません。
かなり注目しているのですが予定通りに出てくるでしょうか?またこの15mmのような解像力を12mmでも発揮してくれるのでしょうか?
大いに期待しています

VMバージョンをライカMtyp240で使っています。
パープルフリンジは少し出ます。歪曲は極小で建築撮影に使えます。中、近距離では全域でおそろしいほど解像します。無限遠風景では絞っても周辺解像度が落ちますが、像面湾曲で周辺のピントが少し手前に倒れているようです。インテリアではむしろ手前までパンフォーカスになってくれます。コントラストや逆光性能はたいへん良好で周辺光量もf5.6以上なら気になりません。先代にあったような周辺色かぶりはありません。
総じて、一眼レフ用の超広角ズームに比べてカチッと写る印象です。MFがしやすいので建築撮影には最高のレンズだと思います。

>虚弱体質さん
>12mm F5.6は当初予定で4月だったのが8月に延期となっていますがその後音沙汰がありません

VM版は12mmF5.6は生産中止となり、10mmF5.6が7月21日発売となっていると思っているのですが、12mmF5.6のIII型が出るのでしょうか?

申し訳ありません。
12mmF5.6のIII型の開発発表がされていました。
失礼しました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年7月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムは中判カメラ市場を注視している」です。

次のブログ記事は「ソニーFE70-300mm F4.5-5.6 G OSSは望遠側で周辺部が甘くなる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る