ソニーα7R II はα7 II より高画素だがダイナミックレンジも高感度性能も優れている

dpreview に、ソニーの2機種のEマウントフルサイズ機の比較レビューが掲載されています。

Sony a7R II versus a7 II: Eight key differences

  •  ダイナミックレンジ:α7 II の24MPセンサーは、全てのISO感度でα7R II の42MPセンサーに後れを取っている。最低感度のISO100では、両機のダイナミックレンジには1EV弱の差があり、ISO200-400ではダイナミックレンジは接近するが、それよりも上の感度では再び差が広がる。
  • 高感度性能:α7R II はα7 II のセンサーの2倍近い画素数だが、42MPのα7R II の方が高感度の画質は優れており、RAWのノイズレベルの点で少なくともα7R II が1段分優っている。そして、α7R II はディテールの維持の点において、α7 II に比べて2段分近く優っている。ISO12800でさえ、α7R II のRAWファイルには多くのディテールが残っている。これはα7R II のセンサーの設計が新しく、またBSI(裏面照射型)を採用しているためだ。BSIは読み出しを速くすることができるので、動画のフレームレートやAF速度の点でも有利になる。
  • シャッター:α7Rでシャッターショックが問題になり、α7 II とα7R II では電子先幕シャッターを採用してショックを軽減しているが、α7R II は完全な電子シャッターも使用することができる。α7R IIの電子シャッターはノイズの点でほとんど副作用は見られない。
  • 動画:α7 II に比べると、α7R II は4K動画が搭載されているだけでなく、プロの要求に応えるための様々な機能を搭載している。動画の画質はフルHD同士の比較でも、α7 II はα7R II に比べるとソフトな画質でディテールに乏しい。
  • AF:α7 II のAFは完全に許容範囲内だが、α7R II のAFは段違いだ。α7R II は像面位相差AFの測距点が3倍多く、AFには大いに感心した。α7R II の動体追尾は、ニコンの3D AFトラッキングには及ばないものの、α7R II のEye-AFの追尾は、開放でのポートレート撮影では信じられないほど便利だ(α7 II は瞳検出はできるが追尾はできない)。大口径レンズ使用時の暗所でのAF性能もベストの一眼レフに匹敵する。
  • 動作速度:AF性能ではα7R II が完全にα7 II より優っているが、全体的な動作速度では、α7R II が目に見えて遅く、特に画像の表示やズームはとてもイライラする。α7 II はスピード番長ではないが、α7R II よりもすこし機敏に動く。
  • バッテリーライフ:CIPA規格ではα7 II が少し(60枚分)優れているが、おおまかに言って同程度で、一眼レフと比べると、どちらもバッテリーは持たない。
  • 結論:α7 II とα7R II は見た目は同じかもしれないが、その差は顕著で、α7R II は、画素数が多く、高感度に強く、4K動画が搭載され、AFが大幅に強く、完全な電子シャッターが採用されており、ずっと高性能なカメラだ。もし、スチル中心で、動体追尾がそれほど必要なければα7 II が良い選択肢かもしれない。α7 II の24MPセンサーは最高ではないが悪くはない。

 

α7 II とα7R II は、センサーの画素数と4K動画以外の部分でも、ダイナミックレンジや高感度性能、AFなどの様々な部分で結構大きな差があるようですね。ただ、両機の実売価格の差は2倍以上もあるので、大きな性能差があるのは当然と言えば当然かもしれません。

2016年8月15日 | コメント(11)

コメント(11)

やはり裏面照射型の7RIIは有利になるようですね。
通常の7シリーズや7Sシリーズにも裏面照射センサーを採用して欲しいです。

裏面照射型の優位性が改めて示された形ですね。
単に画素数が多いだけなら40万もするボディを欲しいとは思いませんが、高感度もダイナミックレンジも1段、つまりダブルスコアの大差が付いているのはインパクトが有ります。
画素数が倍近いのにこれだけのアドバンテージが出せるのは驚愕の性能だと思いますね。
7m3が裏面照射型じゃなかったら7RIIを手に入れるつもりです。

裏面照射って高画素で画素ピッチが小さいセンサーで高い効果を発揮すると聞いたことあってような気がしますが、7無印シリーズでも効果あるんでしょうかね。
個人的にローパスフィルターの有無がどれくらい影響を与えるのかも気になります。

両方使っていますが概ね同感です。
自分は動作速度はRⅡのほうが良好に感じています(書き込みスピードは画素数の分だけ遅いですが)。
バッテリーライフは私の使い方ではRⅡのほうがかなり長く持ちます。
外観があまり変わっていないので、画質の面が強調されがちですが、シャッター音など操作面の体に伝わってくる感覚などはまるで別機種です。
実際に使ってみると値段の差はあるなと感じています。

価格が2倍以上ですのでその差はあってしかるべきかと思います、7M2のコストパフォーマンスでは、抜群ですのでプロ級を望まないなら7Ⅿ2で十分かと思います

α7Ⅲ世代は、すべて裏面照射型になるんでしょうね。
サイクルは、2年以上でないとついていけません。(苦笑)

おそらくR2で培ったセンサー技術を無印3で使うのでしょうね。良いサイクルではないでしょうか
R3のセンサーもすごい技術革新がありそうで期待できますね

α7Ⅲは裏面照射型の前にα6300のように銅配線になるのでは?
裏面照射型はまだまだコスト的に無印α7には見合わないと思います。

それはそうとこの結果は値段や力の入れ具合からして当たり前であるべきですね。
α7RⅡは現時点でソニーαのフラッグシップですし、問題はバッテリーの持ちや操作性がより良くなるといいですね。

裏面照射型は7Rシリーズのみ、無印やSには銅配線センサーはじめ他技術をアップデートするのでは?
Rがハイエンドをひた走り、無印は廉価版、Sは動画機能を更に特化、ソニーらしいやり方かと思いますが。

裏面照射の高画素センサーは7Rシリーズ専用でしょうが、
AFなど基本性能の進化はα7Ⅲに還元されると思います。

α7Ⅲに最新AFと最新版5軸手振れ補正をのせて
APSC最新センサーと同じタイプの銅配線センサー3600万画素、
上限1/4000の低衝撃シャッター、タッチパネル式モニタを採用して
α7Ⅱと同価格帯であればソニーα7シリーズはさらに大きくシェアを伸ばせるはずです。

裏面照射の高画素センサーで、静止画に特化する(と、熱暴走やバッテリーの保ちの問題回避が出来ないかな)とかで、価格面で手の届きやすい機種が7M3として来ないかなあと思います。オールドレンズユーザーとして7R2は魅力的過ぎるのですが、予算面で折り合いません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2016年8月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーはAマウント製品の開発を中止している?」です。

次のブログ記事は「ソニーがカメラのメニューシステムを刷新する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る