ハッセルブラッドが「X1D 4116 Edition」とコンセプトモデルの「V1D」を展示

ハッセルブラッドが、フォトキナでX1Dのブラックバージョンと箱型の中判カメラのプロトタイプ機V1Dを展示しています。

Hasselblad X1D 4116 Edition and V1D Prototype

  • ハッセルブラッドがブラックボディのX1D 4116 Editionと、革新的なコンセプトモデルV1Dを発表した。我々はこれらのカメラについてハッセルブラッドのCEOに話を聞いた。
  • コンセプトモデルのV1Dは100MP機(1:1にクロップすると75MP)で、現代のVシリーズのカメラとなるように正方形デザインが採用されており、グリップ、モニタ、ファインダーなどのパーツがモジュラー化されており交換可能だ。レンズはXCDレンズを使用することになるだろう。しかしながら、現時点ではこのカメラの製品化の計画は無い。
  • ハッセルブラッドのCEOは、富士フイルムGFXについて、サイズの点では、ボディ側にシャッターのあるGFXよりもレンズシャッターのX1Dにアドバンテージがあると述べている。彼は、GFXの登場は、多くの人が中判カメラに興味を持つため、中判市場にとって良いことだと考えている。そして、彼はGFXの価格はX1Dと同程度だと予想している。

 

X1Dはレンズがブラックなので、ブラックボディの4116 Editonは黒一色になって非常にシンプルなデザインのカメラに見えますね。

コンセプトモデルのV1Dは、Vシステムを思わせる箱型のフォルムで、製品化したら人気がでるかもしれません。レンズはX1D用のXCDレンズが装着されているので、センサーサイズはX1Dと同じ44mm x 33mmでしょうか。

x1d_4166edition_001.jpg

v1d_002.jpg

v1d_001.jpg

2016年9月24日 | コメント(11)

コメント(11)

やっぱりハッセルは箱形が格好いいですね。

V1Dはユニークな形状ですね。左下の突起はやはりシャッターでしょうかね。
ライブビューが上面にあることからウエストレベルファインダーのような使い方を想定しているのだと思いますし。

中判で動きモノを撮ろうなんて需要はほぼ無いでしょうから、一眼レフ的な形状で持ちやすく撮りやすくなんて必須じゃないと思いますし、これ良さそうじゃないかと思いました。
ただ屋外で使うのに丸裸の液晶がこの向きだと外光の影響をモロに受けるでしょうね。

一時期はハッセルの経営状態もどうなることかと心配しましたが、
こうやって勢いのある記事を見るとカメラファンとしては嬉しくなりますね。
中判は未だにフィルムを愛用していますが、いずれデジタルへ移行したく思っているので、
ハッセルのミラーレス投入、富士の参入で敷居が下がってくれることに期待してます。

インタビューではスクエア専用機にするために100Mセンサーをマスクするとかすごい豪勢なことを言っていたけど、出たとしたらいくらくらいだろう。

V1Dはグリップを左手側にもできるというのは良いですね。
左手でシャッターやダイヤル操作、右手でレンズとボディを支えるというスタイルも、ユーザーが選べるというところが大事なポイントだと思います。
応援したいですね。

連投すみません。
スクエアで75MPあれば3:2や4:3等を縦位置横位置で構えを変えずに十分な画素数で記録でき、背面モニターもチルト機構でOKでファインダーを付けず180度上に向けられれば自撮りもできるので、そういった形になれば万人に受けそうな可能性を持っていますね。
こういった試みは他社も取り入れてほしいところです。

グリップを左に変更できるって左利きの私には嬉しいですが、
他のカメラメーカにもこういう自由な発想で開発をお願いしたい。
利き手でシャッターが押せるってそれだけで撮影への集中ができるんですよねきっと。

通りすがりさんへ
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

それにしても、何回見ても、X1Dはカメラとして、そのデザインでそそられます。

V1Dはドローンにスタビライザー経由で
搭載する気満々のモデルですね。

http://sorae.jp/030201/2016_07_13_dji.html
おそらくカメラ部はこれの上位機になるのかと。

ハッセルは勢いのある会社と連携できて
よかったと思います。

V1Dのセンサーは100MPを1:1にクロップして
75MPとか贅沢。と言うかもったいない。
H6D-100cに使われている40mm×53.4mmの100MPを
40mm×40mmのスクエアとして使うから、
X1D用のXCDレンズのイメージサークルでも
カバーできると言うことではないでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年9月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーはAマウント機の開発を今後も続けていく」です。

次のブログ記事は「フォクトレンダーが3本の新しいレンズを展示」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る