パナソニックGH5の価格はLEICA12-60mm F2.8-4.0とのキットで2900ユーロ?

43rumorsに、パナソニックGH5の価格に関する噂の続報が掲載されています。

(FT5) More GH5 pricing info!

  • GH5の価格に関するより詳細な情報を得た。

    「DMC-GH5のボディのみの価格は、ヨーロッパでは1800ユーロから2000ユーロの間になるだろう。DMC-GH5+新しいLEICA 12-60mm(現行の12-60mmではない!)のキットは2900ユーロ前後になるだろう」

 

GH5の価格に関する噂はこれが3回目で、最初が2000ドル、2番目が1800~2000ユーロ、そして今回も同じく1800~2000ユーロなので、だいたいこの辺りの価格になりそうですね。これは、ヨーロッパではE-M1 Mark II と同程度の価格です。

あとキットレンズは、フォトキナで開発発表されたLEICA DG12-60mm F2.8-4.0になる可能性が高いようですね。

2016年11月21日 | コメント(11)

コメント(11)

GH5の購入予定はありませんが、パナライカの12-60mmF2.8-4はGH5ボディの価格とキットの価格から推測するに1000ユーロ前後と言ったところでしょうか。日本円に換算すると約11~12万という感じなので最安値は11万切るかどうかくらいかな。オリの12-100mmF4よりは安くなりそうですね。ボディとともにレンズの続報も楽しみです。

あのライカズーム、予定通り発売されるんですね!

パナライカ12-35mmより高くなるのは確実ですが、12-35mmを売ってでも欲しいですね…。

パナライカの12-35mmってありましたっけ?

12-35はパナのXレンズですね。
もうXレンズも出さないようですし、デザイン等のリニューアルが必要ではないかと思います。
12-60は便利なレンジでいいですね。

GH系はモデルサイクルが長いことが救いでしょうか…。
オリンピックの絡みもあるのでしょうから、GH5も長いモデルライフになりそうですね。
ただ、私は最近GH4を下取りに出してG8を召喚したのですけれど、技術の進歩の早さと幅!?に驚きました。
確かにGH4もファームウェアアップで延命していましたけれど、ハード面の部分はいかんともし難く、格下のG8にさえ負けている部分がかなりあり、モデルサイクルが長いのもどうかと思う様になりました。
モデルチェンジごとには無理だし無駄だけど、そこそこの値段のモノを出来るタイミングで買い換えた方が善いかと思う様になりました…。

GH5の4K動画が噂のとおりクロップ無しならこのセットが本当に2900ユーロなら相当売れるでしょうね。
試験機による映像が上がってくるのは12月入ってからですかね。

実売35万ぐらいであれば、レンズキットで購入したいなぁ。
何はともあれ後半年程お金を貯めなければ。

なかなかの値段ですね
ボディが20万レンズが10万程度かな?

ちょっと前まではデジイチも廉価になってきたイメージがあったのですが
最近はまた高級指向にシフトしてきて高嶺の花になってきたような印象になってきました(苦笑)

4Kビデオカメラとして魅力ですね。写真用で買うには高いと思います。

業務用のXLRユニットを付けると40万円くらいか・・・。高いですね。
GH4は安さも魅力でしたが、GH5はシネマカメラとしては他社製品に値段的には近づいてしまいますね。

一眼デジタルカメラとしても十分使用可能な機体であり
4Kの長時間撮影機としては未だにアドバンテージがあるとおもいますし、GH5はどう進化してきているのか楽しみでしょうがありません。
TDLなどの持ち込みに制限のかかるような行楽地での動画撮影が捗りそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年11月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LEICA M10はM9やM Typ240よりも倍率の高いファインダーを採用?」です。

次のブログ記事は「ソニーが動画用のFE28-70mm F2を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る