DxOMarkにシグマ12-24mm F4 DG HSM Art のスコアが掲載

DxOMarkに、シグマArtシリーズの超広角ズーム「12-24mm F4 DG HSM Art」のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 12-24mm f/4 DG HSM A (Nikon) lens review 

 テスト機はD800  SIGMA
12-24F4Art
SIGMA
12-24F4.5-5.6II
TAMRON
15-30F2.8VC
Nikon
14-24F2.8G 
DxOMarkスコア 25 17 28 28
解像力 17P-Mpix 10P-Mpix 15P-Mpix 17P-Mpix
透過 4.6T 5.8T 3.4T 3T
歪曲 0.3% 0.9% 0.5% 0.4%
周辺光量落ち -1.1EV -1.8EV -1.2EV -1.6EV
色収差 10μm 15μm 9μm 10μm

  • DxOMark の総合スコアは25で、これはD800でこれまでにテストした広角ズームで5番目のスコアだ。
  • 17P-Mpixの解像力は、ニコンの14-24mm F2.8と互角だ。シグマは12mmから20mmでは均一性が高く、24mm 開放では中央は良好だが、隅は少し甘くなる。解像力のピークはF8で、F8とF11ではズーム全域で非常に均一になる。
  • 歪曲は12mmではわずかなタル型、24mmではわずかな糸巻き型だ。歪曲は広角ズームでは問題になることが多いが、このレンズは良好な範囲内に収まっている。
  • 周辺光量落ちの-1.1EVは12mm F4での値だが、F5.6に絞れば大きく改善する。広角端以外では-0.33EVから-0.66EVの周辺光量落ちが見られるが、これは問題はない。
  • タムロン15-30mm F2.8 VC、ニコン14-24mm F2.8Gとの比較では、F4では3本のレンズの解像力は非常に近いが、シグマは望遠端の隅だけは少々甘くなる。歪曲は3本の中ではシグマがベストだ。
  • 周辺光量落ちはF4ではタムロンが若干リードしているが、その差はわずかで、F5.6以上ではどのレンズも良好だ。色収差はタムロンが若干良好で、ニコンとシグマは広角側で色ズレが少し目立つ。
  • シグマ12-24mm F4 Art は、これまでに見てきたシグマのArtシリーズの単焦点レンズに匹敵する解像力ではないが、広角ズームとしては際立って良好な性能だ。

 

シグマ12-24mm F4 Art は、さすがに単焦点のArtレンズほどのズバ抜けた性能ではないようですが、ズームとしては高い評価になっているようで、特に広角側はかなり優秀なようです。

望遠端では、周辺部の甘さが指摘されていますが、これは、以前に取り上げたdpreviewのレビューと同様の指摘ですね。

2017年3月 5日 | コメント(9)

コメント(9)

このレンズ発売してすぐに手に入れました。
発売前は高評価だったので期待して購入。実際に使ってみると12mm域しか良さがなく、24mm域では描写が甘いので12mmの単焦点のような使い方に偏っています。
このような使い方なら次に発売される14mmF1.8単焦点の方が良い気がします。

このレンズの比較対象は15-30とか14-28ではないと思う。
撮れる範囲が違い過ぎるので。

比較対象は、旧12-24か値段もサイズも別次元だがEF11-24か。
単焦点を除けば唯一無二の選択肢になりそうですね。

12-24ART2型に期待しますというのが本音です。各レンズにはベストな焦点距離があるとはいえ、超広角をズームでディストーション抑えながら作成するのは難しい様ですね。
解像より、ディストーションを優先して作られた感じですかね。
建築写真にとってはありがたいですが、風景写真では、解像を求められるので、合わないかもしれませんね。
14mmARTは解像優先の仕様であってほしいな。星野写真をメインで考えるなら、ディストーションはあまり気にらなら世界なので。あくまで星を点で写すことが大前提ですから。

前から思ってたんですが、artのズームレンズは全然性能第一じゃないですよね
純正より大きく重く写り良くがartのあるべき姿だと思うのですが

この手のレンズは広角端に価値があると思うので、特にズームじゃなくてもいいような気がします。
12mmの単焦点はLAOWAやVoigtlanderにありますが、あえてシグマの12mm単焦点を見てみたい。

相変わらず高スペックですね。
12ー24無印は、暗かったのと、2の後がまが来そうだったので、
手離してしまいましたが、これは、いいですね。

欲を言うと1~2万下がると購入ラインになるので、
もう少しだけ、静観。

元記事の比較ツールで見てみたら、解像力がD800では17P-MpixでD750では20P-Mpixと上回ってるのが不思議なんですよね。

>てらさん
物によっては悪くないと思いますけどね、24-105mmなんてキヤノン純正を僅かですが超えてますし
このレンズは16mm以降の画質が微妙ですね、なんでこの状態で発売しちゃったのか疑問に感じます
新型の24-70F2.8も大きさや重さが普通だったので画質大丈夫なのかな?とちょっと不安

14mm F1.8 Artの描写を見た限り、どうせなら12mm F2.8 Artみたいな単焦点の方がより良い物ができたと思うので、単焦点に挑戦して欲しかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーイメージングはAPS-Cのフラッグシップ機を検討している」です。

次のブログ記事は「ソニーは広角のFEレンズを優先して開発する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る