DxOMarkにツァイス「Milvus 2/35」のスコアが掲載

DxOMarkに、ツァイスの広角単焦点レンズ「Milvus 2/35 ZF.2」のスコアとレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Milvus 2/35 ZF.2 Nikon lens review 

 テスト機はD800E  Milvus 
2/35ZF2 
Distagon  
2/35ZF2 
Tamron 
35F1.8VC 
Nikon 
35f/1.8G 
Sigma 
35F1.4Art 
DxOMarkスコア 40 36 42 36 43
解像力 29P-Mpix 24P-Mpix 29P-Mpix 27P-Mpix 30P-Mpix
透過 2.3T 2.3T 2.1T 2T 1.6T
歪曲 0.4% 0.4% 0.2% 0.4% 0.3%
周辺光量落ち -1.7EV -1.7EV -1.4EV -1.7EV -1.8EV
色収差  11μm 11μm 4μm 14μm 6μm

  • Milvus 35mm F2 ZF.2のスコアは40で、D800Eでテストした全ての単焦点レンズで20位以内に入っており、35mmの単焦点レンズの中では、シグマ35mm F1.4 Artとタムロン35mm F1.8 VCに続く3位だ。
  • 解像力のスコア29P-Mpixは際立った値で、D800Eのセンサーの解像力を最大限に活かしている。このレンズの解像力は全ての絞り値で画面全域で均一で、開放のF2でも非常に良好だ。F2.8に絞ると、解像力はピークに達する。
  • 歪曲は0.4%でよく補正されており、後処理での補正はそれほど必要ないだろう。
  • 周辺光量落ちは開放で-1.7EV、F2.8で-1EVで、F4以上に絞っても完璧には解消しないものの、一番隅の部分で0.33EV前後のわずかな値だ。
  • 色収差は、F2とF2.8では一番の隅の部分でいくらか目立ち、F4以上では周辺部で穏やかな色収差がいくらか見られる。
  • 旧型のDistagon 2/35と比べると、解像力は新型のMilvus 2/35が高いが、その他の項目は似たような性能だ。ニコンの35mm f/1.8Gとの比較では、開放ではMilvusが若干解像力でリードしているが、F2.8からF11では、ほとんど同じだ。
  • タムロン35mm F1.8とシグマ35mm F1.4との比較では、タムロンとシグマはF2とF2.8では、Milvusと同程度の解像力だが、F4からF8のピークの解像力はタムロンとシグマが若干高い。
  • Milvus 2/35は、隅々まで解像力が高く際立った性能のレンズだ。このレンズは、より高価なニコンやツァイスの35mm F1.4よりも上位にランクされており、タムロンSPやシグマArtの35mmとは非常にいい勝負だ。

 

Milvusシリーズは、50mmと85mm以外のレンズは従来の光学系を踏襲していると言われていますが、テストをすると、どのレンズも旧型よりも解像力がかなり上がっているようで、このMilvus2/35も例外ではないようです。

他のサードパーティー製レンズとの比較では、スコアの数値は若干タムロンやシグマが優っていますが、Mivlusと大きな差ではなく、いずれも非常にハイレベルですね。

2017年3月16日 | コメント(4)

コメント(4)

サードパーティーが頑張ってますね。
純正も底上げ図りますので、
飽くなき競争はユーザーにとっていいことです。
お財布にだけはあまり優しくありませんが。

こうしてみると、パッとしない印象だったTamronのレンズは凄いんですね。手ぶれ補正も含めると実質の画質はかなりいいのでは。
きっちり最新レンズの性能を持っているMilvusと味のある旧シリーズの使い分けも楽しそうですね。

35mmF1.4DGはやはり高性能ですね。

Milvus2/35は非球面レンズ不使用でこのスコアは立派と思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年3月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH5にはテレビの熱分散テクノロジーが採用されている」です。

次のブログ記事は「シグマ「135mm F1.8 DG HSM Art」の発売日と価格に関する情報 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る