シグマ135mm F1.8 DG HSM Art は開放から極めて高い解像力

LensTip に、シグマの望遠単焦点レンズ「135mm F1.8 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma A 135 mm f/1.8 DG HSM

  • このレンズは面白いことに、シグマの85mm F1.4よりも若干小さい。フォーカスリングは十分な重さがあり、滑らかに回転する。最短から無限遠までの回転角は150-160度で、AFレンズとしては理に適っている。
  • 解像力は、正直言って言うことがない。私の感嘆の針はシグマ85mm F1.4 Art で振り切れてしまっているが、この135mm F1.8 は、その85mmを更に上回る解像力だ。このレンズは、F2.8で51.6lpmm(良像の基準は30-32lpmm)のレコードを記録している。
  • 軸上色収差は、高いレベルではないが目に付く。倍率色収差は、ピークでも0.02%未満の見事な値だ。
  • 球面収差の補正には全く問題はなく、フォーカスシフト(絞りによるピント位置の移動)は見られない。
  • 歪曲は+0.57%のわずかな糸巻き型で、これはキヤノンの135mm F2Lよりも小さく、サムヤンとツァイスの135mm F2よりは若干大きい値だ。歪曲は、実写では全く気にならないだろう。
  • コマ収差は素晴らしく良く補正されており、フルサイズの隅でもデフォルメは見られない。ここではキヤノンやサムヤン、ツァイスのライバル達と同等だ。
  • 非点収差は4.9%の低い値だが、サムヤンとツァイスは3.5-3.8%で、135mm F2の中ではそれでも最も大きな値だ。
  • 玉ボケは非常に均一で、縁取りも見られずほとんど不満は無い。口径食は目に付くが、サムヤンやツァイスよりは目立たない。
  • 周辺光量落ちは、開放で42%(-1.56EV)の大きい値ではあるが、それでもより暗いキヤノンやサムヤンよりも良好だ。ツァイスはF2開放でシグマよりも若干良好だが、シグマをF2に絞ると周辺光量落ちは31%(-1.08EV)に改善し、ツァイスの開放時よりも良好になる。F2.8に絞ると周辺光量落ちは12%(-0.37EV)になり、問題はなくなる。
  • 逆光では、時折、いくらかゴーストとフレアが見られるが、激しいものではなく、不満はない。このレンズの逆光耐性はキヤノンよりもずっと良好で、サムヤンとツァイスよりも少し優れている。
  • AFは、最短から無限遠まで0.8-0.9秒でそれほど速くはない。AFの作動音はほとんどしない。スタジオテストでピントを外したのは2%未満で、AF精度の問題はなかったが、屋外の撮影では、端の測距点を多用したので、少々異なる結果だった。大きなAFミスはなかったが、F1.8-F2の撮影ではわずかなピントのズレでも気になる。F2.8以上では問題はなかった。前ピンや後ピンの傾向は見られなかった。
  • 崇拝されているキヤノンのEF135mm F2L の中央の解像力はせいぜい43.2lpmmだが、シグマ135mm F1.8 Art は、隅でも開放で44.1lpmmに達している。これ以上言わなければならないことがあるだろうか? 我々は、シグマ135mm F1.8 Artにエディターズ・チョイス賞を贈る。
  • 良い点:しっかりしたスタイリッシュな鏡筒、中央の卓越した画質、隅のセンセーショナルな画質、球面収差の問題が見られない、倍率色収差がほとんどゼロ、歪曲がわずか、コマ収差の補正が素晴らしい、非点収差が少ない、静かで正確なAF。
  • 悪い点:開放で周辺光量落ちが目立つ、軸上色収差が少々目立つ。

 

シグマ135mm F1.8 DG HSM は、開放から中央はもちろん隅まで極めて高い解像力で、ピークの解像力は、これまでのレコードホルダーだったシグマ85mm F1.4 Artを更に上回っているようです。

また、フォーカスシフトも見られず、逆光耐性も良好なので、使い勝手も非常によさそうですね。

2017年4月17日 | コメント(6)

コメント(6)

これは文句無く魅力的。現行品と入れ替えたい気持ちは山々だが、やはり噂の「EF135mm F2L IS」の動向も気になる。

大きく重いレンズですが最高画質を求めるならば必要ならば持って行かざるを得ないレンズですね。
シグマのレンズを使っていると安物買いの銭失いのように見られ兼ねなかったのが、今ではシグマを使うのが見るの目のある人だという逆のイメージにまで押し上げた、着実に積み上げてきた技術と努力が実っていて素晴らしいですね。
それでいて「高価なのだから良いモノ」ではなくコスパも優れているのですから、純正メーカーは純正ならではの付加価値をもっと提供していかないと、光学性能だけでサードパーティと競うのは厳しくなったようにも思いますね。

素晴らしいですね^ ^
手にするのが非常に楽しみなレンズの1つです。
最近のSigma Artはキレッキレですね^ ^

ヨドバシで触りましたが85mmよりも好印象でした。D7200で使用しましたがそれほど重く感じませんでした、またフォーカスリングのスムーズさに惚れました
ただ鏡筒が太めなのでバッテリーグリップ付けてると微妙かもしれません…
開放画質・合焦速度ともに良好です。資金があるなら買って損は無いレンズだと感じました

シグマの勢いが止まりませんね。
描写性能は純正と互角以上のものを連発して頭が下がります。
とはいえシグマだけでなく、レンズが肥大化する一方なのはちょっと困りものです。
近代レンズは高画素化に応えるべく肥大化せざるを得なかったのかもしれませんが、次世代は性能を維持しつつ、ダウンサイジングの方向で革新して欲しいものですね。

シグマのArtは強力な単焦点が勢揃いしましたね。
Aマウントで出ていたら間違いなく買い揃えてました(^^;;汗


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年4月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーGRの新型機は製品化に近いところまで進んでいる」です。

次のブログ記事は「パナソニックが4月19日に8-18mm F2.8-4とTZ90を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る