ツァイス「Milvus 1.4/35」は高解像力でボケも非常に滑らかなレンズ

ePHOTOzine に、ツァイスの新しい一眼レフ用の広角単焦点レンズ「Milvus 1.4/35」のレビューが掲載されています。

Zeiss Milvus 35mm f/1.4 Review

  • 鏡筒は金属製で、ニコン用は1174グラム、キヤノン用は1103グラムと重く、そして非常に大きいが、テスト機の5Ds Rとのバランスは素晴らしく良い。鏡筒の造りはハイクオリティで、しっかりとしている。
  • フォーカスリングは完璧なまでに滑らかで、ピント合わせは極めて容易だ。以前にツァイスのこのシリーズのレンズは、フォーカスリングにゴミが付きやすいと述べたが、このレンズには、そのような問題は見られなかった。
  • 中央の解像力は、開放からとても良好な値(very good)で、F2からF8では解像力が上がり素晴らしい値に(excellent)になる。隅は開放では良好な値(good)で、F2ではとても良好な値(very good)、F2.8からF8では素晴らしい値(excellent)になる。

milvus_1435_mtf.jpg

  • 倍率色収差は、おおむね0.5ピクセル未満で、色ズレは非常に少なく、後処理による補正は必要ない。
  • 歪曲は-1.29%の妥当な大きさのタル型で、要求の厳しい建築写真を除けば、後処理による補正は必要ないだろう。
  • 逆光耐性は良好で、ほとんど問題は無い。太陽が画面内に入った場合は、わずかにフレアがでる可能性があるが、これは極端な条件でのことだ。
  • 極めて高解像力のレンズではボケがうるさいことがあるが、このレンズはボケも非常に滑らかだ。
  • 価格は1699ポンドで、F1.4の明るさであっても35mmとしては極めて高い。
  • Milvus 1.4/35は、それぞれの項目が非常にバランスの良い特性で、滑らかなボケのハイクオリティな光学系だ。仕上げは美しく、使っていて楽しめる。使い勝手がよく、高品質で、伝統的な焦点距離の極上のレンズだ。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が少ない、フレアが出にくい、滑らかなボケ、F1.4の明るさ、正確なマニュアルフォーカス、防塵防滴、見事な加工の品質。
  • 悪い点:価格が高い、マニュアルフォーカスは万人向けではない、重くかさばる。

 

サンプルを見る限りでは、Milvus 1.4/35 は非常にシャープで、かつボケも発色も綺麗で申し分の無い描写という印象です。以前からツァイスのレンズでよく指摘されていた「フォーカスリングにゴミが付く問題」も解決されているようですね。

このレンズはMFレンズで価格も非常に高いので、万人向けではありませんが、大口径の35mmレンズが好きな方には気になる存在になりそうです。

2017年7月12日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年7月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロン「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD」は隅が甘く絞る必要がある」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T2の後継機はX-T2S?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る