富士フイルムX-E3とライバルとの画質の比較サンプル

Imaging Resource に、富士フイルムX-E3とX-Pro2、α6300、EOS 9000Dとの比較サンプルが掲載されています。

Fuji X-E3 First Shots

  • X-E3は兄貴分のX-Pro2と互角の画質なのか? 答はスタジオサンプルで確認して欲しい。もし、比較好きなら比較ツールで一連のISO感度でサイドバイサイドで比較することができる。
  • 最初の比較サンプルは、X-E3とX-Pro2の最低感度とISO6400の画像で、この2機種の画質は、ほとんど同じだ。X-Pro2は若干ノイズが少ないが、ディテールも若干少ない。これは、恐らくわずかなフォーカス位置の違いか、デフォルトの画像処理の違いによるものだろう。(画像はISO6400で左がX-E3、右がX-Pro2)

x-e3_X-pro2_comp.jpg

  • X-E3とα6300とのISO6400の比較では、X-E3の勝利で、X-E3は若干ディテールが豊富で、ノイズが少なく、ノイズリダクションの影響も少ない。(画像は左がX-E3、右がα6300)

x-e3_A6000_comp.jpg

  • X-E3と77D(EOS 9000D)とのISO6400の比較では、X-E3が明確にリードしており、77Dはこの感度では明らかにノイズが多い。(画像は左がX-E3、右が9000D)

x-e3_9000d_comp.jpg

 X-E3の絵作りや高感度ノイズはX-Pro2とほとんど同じで、併用しても画質的に違和感なく使えそうですね。

また、X-E3の高感度の画質はα6300よりも若干リードしているようで、EOS 9000Dと比べるともう少し大きくリードしているようです。なお、上記の画像は縮小しているので、細かい画質は、元記事のサンプルで確認してみてください。

2017年10月18日 | コメント(17)

コメント(17)

xpro2と同等の画質なのですね。
このサイズで暗所もこなせるなら、e3が非常に魅力的。
他社もローエンドにテコ入れしてますが
ジョイスティックを搭載しているのは現状E3だけ。

FUJIFILMさん、素晴らしいですね。

結構勘違いされてる方も多いんですが、実はEシリーズって富士の扱いではミドルクラスなんですよね。エントリーと思われがちですが。
(性能で差をつけるのでなく使い勝手で差をつけているので、そもそもハイエンドローエンドという区分けもあんまり適してない気がします)

フラグシップ:Pro2・T2
ミドルクラス:E3・T20
エントリー :A3(噂されているT100)

なのでどちらかというと比較されるべきライバル機は80Dなのかなと思います。

あとやっぱり同じセンサー同じエンジンでも、シリーズごとに微妙に(本当に微妙に)違うので、その違いがPro2とE3の微妙な違いなのかなと思います。

Xシリーズはノイズを単純に補完というより点描のような捉え方するので、高感度でノイズがあってもあんまり画が破綻しないのが良いですね。

α6300との比較で、6300の方が解像しているように見えるのが私だけなんでしょうかな…

FUJIのカメラはヒエラルキーを意識してないとフジキナで聞きました。
3枚目は見に感じたことある差です。

APS-Cセンサーでこの画質ですので、フジのフルサイズセンサー機がでれば、ソニー製センサーの上をいくかもしれませんね。フジの中判は高いので、フルサイズ機をリクエストしたくなります。

APCだと富士が頭一つ抜けてますね。
自分も富士にフルサイズ出して欲しいな。

フジのX-PRO2、T2、T20、E3の世代は、α6500(=α6300?)センサーと同等ですよね。
フジセンサーはソニーセンサーのカスタマイズだから、傾向は似ていると思います。

X-E3とα6300は差が無い印象なのですが…。
少なくとも私は機種を隠してどっち?と言われるとわかりません。
キヤノンとの違いは分かります。

元記事の大きなサンプルでみると、α6300のが少しザワザワしてるかなって感じですかね。

ソニー製センサーは何故か富士フイルムやニコンやペンタックス等が搭載したカメラのほうがセンサー性能を発揮できているように見えます。
また斧寺さんのコメントのように富士フイルムはセンサー性能はトップからミドル
まで同じで使い勝手でランクのヒエラルキーを出しているように思います。
なのでE3とPro2は出てくる画は全く同じで見分けがつかないのだと思いますね。
ソニーは画像処理をキヤノンはセンサー性能をもう少し頑張ってほしいですね。

6300との差ってありますか?カープの違いくらいじゃないかと。ソニーはハイライト側をフジより持ち上げてますよね。その差でしかないと思います。

実際のページの方で確認しましたがソニーとフジはほぼ同等か
ノイズは富士の方が若干少ないと言える気がします

他のHPでRAWで比較ができるのですがT-2とPRO2でしたがRAWレベルでもαよりノイズが少ない印象でした
*ちなみにペンタKPが一番少ない気がします

ノイズ処理が相変わらず富士は上手で細かいですね
ソニーもずいぶん上手になりましたが境目がソフト気味になる雰囲気でしょうか
左上の布とかを見るとディテールが消失気味に見えます

基本的に画質はセンサーとエンジンで決まるので、それらが最新のものであるE3とPro2の画質は同じと考えられますね。カメラのクラスが違っても画質に差をつけないフジのやり方は良いと思います。微妙に差をつけるメーカーもありますけどね。

αとE3の画が変わらないとか言ってる人がいるけど、例えばボトルの肩の光の映り込みのディティールとかみると、明らかに違うと思われる。
画の綺麗さだと冨士の一択ってことになる気が。
ただぼくとしては画の綺麗さだけでカメラを決めるわけには行かないので。
αはAFが優秀らしいけど、操作系を考えるとX-T2が良いような気もするし、悩ましい・・・

まさにその光の写り込みを見れば画質の違いではなく、画造りの違い、カープの違いだとわかると思いますが。ソニーは明らかにハイライトをフジより持ち上げているので、ノイズやディテールにも当然影響します。ただこれは画質差ではなく画造りの差でしょう。もちろんフジもリニアではなく持ち上げているわけですが、ソニーがより顕著だと言うことでしょう。このあたりが好みに合わなければ、RAWでカーブを変えればいいだけの事に思います。

私はE3と6300との比較ではE3の方が上に見えます。
が、富士は実効感度が他社と違う傾向があるので、あまり同感度での比較はフェアじゃないかも知れません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが「タンバールM f2.2/90mm」を正式発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新型ハイエンドカメラはGX9ではなくGH5派生機?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る