キヤノンがフルサイズセンサーを搭載した「EOS C700 FF」を正式発表

キヤノンが、フルサイズセンサーを搭載しRAWで5.9K 60fpsで録画可能なシネマEOSシリーズの新型機「EOS C700 FF」を正式に発表しました。

Canon announces C700 FF cinema camera: now with full frame (dpreview)

  • キヤノンはシネマEOSシリーズの最新機種EOS C700 FF を発表した。機種名が示すように、このカメラはC700のアップデートバージョンで、これまでのSuper35センサーに代わってフルサイズセンサーが採用されている。
  • このカメラのセンサーの大きさは38.1mm x 20.1mmで、アスペクトレシオはシネマ向きの17:9、ネイティブの解像度は5952x3140ピクセルだ。解像度は5.9Kで、オーバーサンプリングの4Kによってネイティブの4Kセンサーより解像力に優れている。
  • カメラの背後に取り付けるオプションのレコーダーを使うと5.9K/60fpsのRAWでの録画が可能だ。キヤノンはこの新型センサーは、C-Log2使用時に15EVを超えるダイナミックレンジを実現していると主張している。
  • C700 FFの価格は33000ドルで、EFマウント版とPLマウント版が6月に発売される。現行のC700オーナーは、センサーをSuper35から新型のフルサイズセンサーにアップグレードするサービスも用意されるが、このアップグレードサービスの価格はまだ発表されていない。

canon_c700FF_001.jpg

キヤノンのC700 FFの新型センサーは、18.6MPの横長のフルサイズセンサーで、5.9K/60fpsの高速読み出しと、15EVの高ダイナミックレンジを実現しているということで、かなり高性能なセンサーのようですね。

C700 FFは完全な業務用機なので、このカメラを実際に手にする方は少ないと思いますが、このカメラで採用されている技術のいくつかは、登場が噂されているキヤノンのフルサイズミラーレスカメラにも採用されるかもしれませんね。

2018年3月29日 | コメント(9)

コメント(9)

フルサイズミラーレスは4K/60p実現できそうですね。コンシューマー機だと放熱とかの問題があるかもしれませんが。。。

EVFすごい形してますね。
アイカップも大きくて使いやすそうです。

一瞬タイトルでフルサイズミラーレス機が発表されたのかと思いました(笑)EOSシネマもフルサイズ戦争に巻き込まれている印象です。ソニーのヴェニスの対抗機でしょうか。
キヤノンは1DXmk2ですでに4k60pを達成しています。このC700FFは1DX mk2のセンサーよりダイナミックレンジなど性能がアップしていると感じます。
今後のキヤノンのセンサーに期待ですね。高速読み出しかつ15EVですと高性能なフルサイズミラーレスができるかもしれません。

シネマEOS、こういった製品の物凄さをみると、キヤノンは動画撮影に秀でたフルサイズ一眼カメラなど簡単に作れそうですね。

ただ、高額商品の売上利益の確保のため、一般のカメラについては、敢えて性能を落として製品化されることの繰り返しだと思います。

技術を安売りしない姿勢は、最大利益の確保上、当然だとは思いますが、サジ加減で、もう少しだけ頑張って欲しいです。

SONYのVeniceと似たようなスペックですね。
たしかVeniceは500万円くらいだったと思うので、
120万円くらいSONYよりも安い設定ですね。
ただ、私程度の業者ではいずれにしてもペイ出来ない。
2000年頃、HDはHDCAMでないと撮影出来なかったから1500万円くらい投資しても私程度の業者でも回収できましたが、
今の時代は差別化が本当に難しいので、このクラスを持っていても、インパクトを普通のクライアントさん程度では与えられないので、電通絡みとかの超一流法人相手の仕事くらいかな。
本当に差別化が難しい時代になりましたよね。

ヒエラルキーを重んずるキヤノンですし遥かに小型軽量になるであろうフルサイズミラーレスにはそう簡単に転用できないのではと思いますが下準備を出してきている感じはしますね。

時々、「メーカーはプロユースを想定してのに、販売を開始したら、アマチュアユーザーが多数を占めていた」なんて情報を聞きますが、さすがに今回はそうはならないでしょうけど、世の中の映像表現がアップデートされるのは素晴らしいことだと思います。

CN-E20mmT1.5も発表されていますね。
ということは・・・EF20mmF1.4 Lも発売される・・・?

楽しみに待っております。

ある意味超弩級ミラーレスですね
民生機への技術展開期待しています


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年3月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新製品に関する噂のまとめ」です。

次のブログ記事は「タムロンは小型化と高性能化の両方を追求する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る