LAOWA 9mm F2.8 Zero-D は欠点はあるがとても楽しめるレンズ

OpticaLimits(旧称Photozone)に、LAOWAのAPS-C用の超広角単焦点レンズ「9mm F2.8 Zero-D(Xマウント版)」のレビューが掲載されています。

Laowa 9mm f/2.8 Zero-D - Review / Test Report

  • 鏡筒は総金属製で、造りはとても良好だ。フォーカスリングはいくぶん重いが、悪くはない。電子接点は無いので、EXIFは記録されない。
  • 歪曲は非常に小さいタル型(0.8%)だ。Imatestでは時々歪曲の数字が大きく出ることがあり、ここではImatestは0.8%という値を出したが、実写画像を見た人はおそらく0.5%を下回っていると思うだろう。
  • 周辺光量落ちは、開放では4EVを超える値で、このレンズの弱点の1つだ。F8に絞ると、周辺光量落ちは2EVまで改善する。周辺光量落ちはかなり酷く見えるかもしれないが、中程度まで絞り込めば、実写ではそれほど悪くない。
  • 解像力はしっかりしており、中央は開放から際立った値(outstanding)で、周辺部は良好な値(good)だが、隅は甘い。F4に絞ると隅の解像力は改善し、良好な値(good)になる。F5.6とF8が性能のピークで、このとき周辺と隅がとても良好な値(very good)になる。

laowa_9mmf28_mtf001.jpg

  • 倍率色収差は、周辺部で平均1ピクセル前後の低い値で、通常は問題ない。
  • 逆光はLAOWAのレンズのウィークポイントで、強いフレアが出る。
  • このレンズは中央は、ズバ抜けてシャープで、周辺と隅も開放を除けばまずまずだ。色収差は概ね問題無く、歪曲はこの焦点距離のレンズとしては極めて小さい。弱点は周辺光量落ちで、開放ではかなり極端だが、実写では中程度の絞り値まで絞り込めば問題は少なくなる。鏡筒は水準以上の出来だ。
  • LAOWA 9mm F2.8 Zero-D はいくつか欠点はあるものの、屋外の撮影では、このレンズはとても楽しめた。

 

光学性能の評価は5点満点中3点で、このクラスのレンズとしては良好な評価となっています。歪曲は、Zero-Dの名前を冠するだけあって非常に良く抑えられていますね。周辺光量落ちが極端に大きいですが、実写画像では、これが良い味になっているという印象です。

2018年3月26日 | コメント(2)

コメント(2)

歪曲が本当に少ないですね。ゼロディストーションの名は嘘じゃなかったみたいです。中華レンズの光学性能はかなりいいレベルに来てるのではと感じます。その反面、硝材以外の部分、例えばゴーストやフレア対策といった細かい仕様についてはまだまだみたいですね。この辺は地道に改善が求められる性能ですから。
個人的にはEXIFに対応していないのも残念です。EF-Mバージョンがあるので少し興味が出てきました。

このレンズかサムヤン8mmかどっちか買いたいけど悩ましいです
まあ魚眼と超広角じゃ似て非なるものではありますが……

というか国内での具体的な発売日や価格はまだ未定かな
この調子でホントに4月上旬に売り出せるのか……?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年3月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ14-24mm F2.8 DG HSM Art は素晴らしい画質で逆光耐性も優秀」です。

次のブログ記事は「近日中に登場するm4/3関連の新製品の噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る