PENTAX K-1 II は優れたカメラだが旧型からの改善幅は小さい

ePHOTOzine に、PENTAX K-1 Mark II のレビューが掲載されています。

Pentax K-1 Mark II Review

  • バッテリーライフは。CIPA規格でK-1の760枚から670枚にダウンしているが、それでも一眼レフとしては、まずまずのバッテリーライフだ。
  • 連写はJPEGで4.5コマ/秒(スローダウンまでに22枚)、RAWで4.4コマ/秒(スローダウンまでに13枚)で、公称のJPEGで70枚、RAWで17枚よりも少ない。
  • AFは24-70mm F2.8 使用時は、ワイド端でもテレ端でも非常に速いが、暗い環境では遅くなる。
  • 画質は色再現が非常によく、色乗りも良好だ。露出は概ね信頼できるが、アンダーになる傾向がある。
  • 手持ちピクセルシフト(リアル・レゾリューションの手ブレ補正モード)は、通常の画像との差が極めて少ないこともあったが、ディテールとシャープネスに若干の改善が見られた画像もあった。このモードを使うと、撮影後に処理に時間がかかる。
  • 高感度ノイズは、ISO100からISO3200までは低いレベルだが、ISO6400では少しノイズが増える。ISO12800ではフィルムライクなノイズが出るが、色ノイズは少なく、まだ満足行く画質だ。この感度ではK-1と較べてMark II は少し良好で、RAWでも良好だ。ISO25600以上ではノイズが強くなるのが、Web用なら使えるだろう。
  • AWB(オートホワイトバランス)は白熱灯では暖色になり、マルチエリアAWBの方が正確だが、プリセットが最も正確なホワイトバランスが得られる。AWBは蛍光灯では良好な結果で、蛍光灯のプリセットは4種類あるが、いずれも色が傾き、より正確なホワイトバランスを得るにはマニュアルを推奨する。
  • 動画のクオリティは良好で、音声のクオリティも良好だ。
  • K-1からK-1 Mark II への改善は小幅で、高感度ノイズが改善されているが、ごくわずかだ。手持ちリアレゾは、三脚を使えない場合に画質を改善できる。AF性能は若干改善しているが、低照度では苦戦した。ライブビュー時のAFは比較的遅いままだ。K-1 Mark II はとても優れたカメラだが、既にK-1を持っている場合は、アップグレードを正当化するのは少々難しいだろう。
  • 良い点:リアレゾでよりディテールが豊富で良好な色が得られる、高感度ノイズが若干改善している、ノイズリダクションがカスタマイズ可能、5軸手ブレ補正、LED照明、フレックスチルト式モニタ、防塵防滴、アクセラレーター内蔵、ローパスセレクター、DNGとPEFのRAWフォーマット。
  • 悪い点:ライバルより連写が遅い、レンズの性能を発揮させるにはAFの調整が必要、オートホワイトバランスが今一つ、USB2 / UHS-I が遅い、暗所でAFが遅い、バッテリーライフがK-1より短い。

 

K-1 II は、旧型のK-1 に較べて高感度画質やAFが改善しているようですが、改善幅は大きなものではないようですね。レビューではK-1からK-1 Mark II への買い替えには否定的ですが、アップグレードサービスを利用すれば5万4000円でK-1 Mark II 相当になるので、この価格なら、高感度の改善と手持ちリアレゾで十分に元が取れそうですね。

2018年4月20日 | コメント(9)

コメント(9)

しばらく前に届いたところですが、確かにRAW連写は何回やっても13枚でストップします。

K–1からの変更点は小さいですからね。アップグレードをするかどうか少し迷う程度です。ただペンタックスユーザーさんにとっては選択肢がこの機種しかないわけなので、バージョンアップを続けていって欲しいです。

「ISO-12800で満足画質 ISO-25600以上でWeb用なら使える」
ここだけでアップグレードサービスの5万4000円は安く感じます
個人的にK-1は上限ISO-5000で止めていたので
薄暗い場所での被写体ブレに悩まされていました
フォーカスポイントは自動でダメなら手動で追えますからね
被写体ブレ(シャッター速度)だけは ど~にもなりません
K-3の時が個人上限ISO-1600だったのでK-1を構えた時は感動しました
その感動をアップグレードサービスで再び味わえると思うと
今から わくわくして落ち着きません さようなら被写体ブレ
 

買い替えならパスしますが、K-1からのアップグレードサービスがあるのが良いですね。
このままずっとK-1が最新機種になればいいのにな。

が~たんさん、同感です。
被写体ブレは、手ブレ補正機構じゃどうしようもないので、
絶対的な感度が欲しくなりますよね。

以前ならISO3200が実用できるだけで感動しましたが、
今ではAPS-Cですら実用圏内ですから、恐ろしい時代ですね。

K-1のAFエリアが広がって、トラッキング機能がしっかりしたら、
もう死角なしでしょうから、このまま頑張って欲しいです。


K-1ⅡはK-1の完全体という位置づけのようですね。高感度画質の向上だけでなく、すべての感度での絵作りも見直されているという事なので、その点が一番注目です。またAFも改善されているのも気になるポイントです。
確かにスピードタイプのカメラではないですが、上記の点の完成度が高められたら静止画撮影カメラとしては魅力的です。可動する液晶やスマートファンクションダイヤルなど、操作性は抜群ですし。せっかくなのでアップグレードサービスを利用したいと思います。

K-3→K-3Ⅱの流れを思い出します。PENTAXユーザーとしては予想通りといいますか、変更点が小さいことには驚かないです。
むしろK-1からのアップデートが可能なことが◎ですね!
アクセラレータ搭載で完全体となったK-1Ⅱに、画質重視の新型50F1.4をつけられるようになるのが楽しみです!

高感度は良好に見えますね。
スペック的には唯一バッテリーライフが気になるでしょうか。

他者のカメラのスペックを調べてビックリしたのが
ニコンD850は1800枚ほど(!)で凄まじい省電力化なのですがカラクリでもあるのかな(汗)

K-1Ⅱでも、ライブビュー時、手ぶれ補正オンの状態での電子シャッターの使用が出来ないです。そこだけがとても不便。理由は下記URL先の通りです。

http://digicame-info.com/2018/03/k-1-ii.html

ペンタックスさんお願いです、なるべく早期に、手ぶれ補正と電子シャッターの併用が可能になるアップデートを出してください。それともハード的に無理なのかな?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年4月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 7D Mark II が近日中に生産終了になる?」です。

次のブログ記事は「Venus Optics が4本のLAOWAブランドのレンズを正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る