キヤノンEF70-200mm F2.8L IS III とEF70-200mm F4L IS II のプレスリリース

軒下デジカメ情報局で、海外でフライング公開されたキヤノンの新レンズのプレスリリースが紹介されています。

軒下デジカメ情報局(ツィッター)

canon_ef70-200f28III_f4II_001.jpg

プレスリリースがリークしたので、間もなくEF70-200mm F4L IS II USM とEF70-200mm F2.8L IS III USM が正式に発表されるのは間違いなさそうです。

EF70-200mm F4L IS II USMは5段分の効果のISとリングUSMが採用され、重さは780グラム発売日は 2018年6月、価格は14990SEK(約18万8000円)となっています。

またEF70-200mm F2.8L IS III USM は3.5段分の効果のISとリングUSM、耐候性に優れた構造を採用し、発売日は2018年8月、価格は24630SEK(約30万9000円)となっています。

2018年6月 6日 | コメント(14)

コメント(14)

F2.8の手振れ補正が現行2型の4段から3.5段に落ちてますね。基準変わったのかもしれませんが、ちょっと気になるところです。

ついに来ましたね。予想より1〜2万円高いですが、許容範囲内です。
グーグルで翻訳すると少し意味がわかりますね。70-200mm f4は最短撮影距離が1mになっているみたいです。あとかなり軽いみたいです。
760gというのはかなり軽い。70-200mm f2.8の方は書いてありません。f2.8の絞り羽根は8枚のままです。これは嬉しい。
両方ともフッ素コーティングがされているみたいです。メンテナンスに便利ですね。
細かい情報の続報をお待ちしております。とにかくやっと出た!という感じで嬉しいです。

見た目は特に変わらないんですね
F4は手ぶれ補正が4から5段へアップしてて良いですね
値段は予想通りかな
あとは写りですね、二線ぼけ治ってると嬉しいけど・・・

F2.8Ⅲ買うつもりだったんですが、現行よりスペック落ちることってあるんでしょうか?もし、そうなら今回はF4Ⅱの方が買いなのかな・・・?

>>んなぁさん

ズームレンズで二線ボケが出ないレンズはズームの構造上はなかなか難しいような気がします。
同クラスのタムロンのレンズの二線ボケはそれなりに出ます

レンズフードにC-PLフィルター用の窓がついてくれたら有りがたいですね。
レンズフードを加工するサービスが終わってしまいましたから。

実売価格はいくらになるのかな?
2.8⑴は継続するのかな?
F4最短撮影距離が縮まらないのは残念でし
た! 三脚座標準装備なのかな?

F2.8の画像を見た感じ、フォーカスリミッタースイッチが1.2mなので最短撮影距離は現行と変わらないですね。。
手ぶれ補正の性能ダウンも気になりますが、見た目もあまり変わらないのでひょっとして光学系はそのままでコーティングを変更して逆光耐性を高めただけとか。。。

写真のF2.8とF4が逆のような気がします。
左の三脚座有りがF2.8で無しの右がF4では?

F4はフィルター径が72mmっぽいですね。
F4はフルモデルチェンジのようですがF2.8の詳細が気になります。

個人的にはF4Lを新型に買い換えたいですが、もしフルサイズミラーレスが新マウントになったら・・・と思うと、ここで買うべきかちょっと悩ましいです。

私もトチさんの言われるように写真が逆のような気がしますね。
手ぶれ補正が5段分もあって780gで収まっているなら三脚座も不要だし、
私的にはF4が魅力的です。

レンズ前玉を見る限り左がF4でしょう。

今だけの情報だとIS効果ダウンは現行2.8ユーザーにとっては???な新型ですので、コーティング以外に何かしら魅力のある機能を持たせるのでしょうか?
例えば今後発売するであろうフルサイズミラーレスとのマルチマウントとか。。。
フルサイズミラーレスを発表してない今現時点では、そこは謳えないでしょうけど。

トチさん>
電脳仙人さん>
右の写真も三脚座のリングが付いているのでf4も三脚座付きになると思います。
マウント部の径から察するに、おそらく写真は間違えてないと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、2018年6月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「RX100M6」を正式発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックGHシリーズの次世代機はGH6・GH6V・GH6Xの3機種がラインナップされる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る