ソニーが「DSC-RX100M5A」を正式発表

ソニーが、RX100M5の後継機「RX100M5A」を正式発表しました。

ソニー、1型コンパクト「RX100 V」のアップデート版を発売 (デジカメWatch)

  • ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「DSC-RX100M5A」を7月13日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別11万円前後。2016年10月に発売された「DSC-RX100M5」の後継モデル。
  • 画像処理エンジンに最新の「BIONZ X」を搭載し、従来比1.8倍の高速処理とした。これに伴って様々な性能アップや機能追加が盛り込まれている。DSC-RX100M5との機能的差違は次の通り。
  • 基本性能
    ・ディテール再現性の向上
    ・高感度撮影におけるノイズ粒状表現の向上
    ・連続撮影可能枚数の増加(連続撮影Hi時に画質ファインで150枚→230枚)
    ・EVF表示タイムラグの低減(パネル仕様やポップアップ機構は従来通り)
  • AF関連
    ・瞳AFの検出精度、速度、追随性能の向上
    ・フォーカスエリア「ゾーン」を追加
    ・縦横フォーカスエリア切り替えを追加
    ・AF時の顔優先設定を追加
    ・フォーカスエリア登録機能を追加
  • ホワイトバランス・測光・カスタマイズ関連
    ・AWBが「標準」「雰囲気優先」「ホワイト優先」に拡充
    ・測光モードに「ハイライト重点測光」「画面全体平均測光」を追加
    ・RAW+JPEG撮影時のJPEG画質選択が可能に
    ・撮影時のカスタムキー設定が、静止画と動画で独立
    ・シャッターボタンでの動画撮影(録画開始/停止)が可能に
    ・5段階レーティング機能の追加
    ・メニュー画面がカラータブレイアウトに変更
  • DSC-RX100M5にあったが、非搭載になった機能
    ・PlayMemories Camera Apps
    ・マイフォトスタイル
    ・Eye-Fi対応

 

RX100M6はレンズが高倍率ズーム変更され、これまでのRX100シリーズとは別路線のカメラになりましたが、M5までの路線を継承したRX100M5Aが登場したので、低倍率ズーム路線のRX100も継続されるようですね。

今後は高倍率ズームのRX100M6シリーズ、低倍率ズームのRX100M5シリーズになるのでしょうか。

2018年7月 3日 | コメント(27)

コメント(27)

M6のEVFやタッチパネルが搭載されるのかと思ったら、BIONZ X搭載とそれに伴うソフトウェア変更のみでしたね。
PENTAXならM5からアップグレードサービスしてくれそうな内容ですが、SONYにそれを期待するのは無理でしょうね。

Playmemories Camera App何本か購入してしまっているし、わざわざM5から買い替えるほどではなさそうな変更に思いました。

タッチパネルじゃないならM5からの買い替えは見送りだな。
それにしてもRX100M5"A"に違和感。RX100M5"S"の方がしっくりくるのに。

一番気なっていた起動時間は、約1.7秒のままみたいですね。これを一番改善して欲しかった。

アップグレードサービスを行うほど進化でもないでしょう
チップ統一によるソニー内部でのコストダウンの側面も大きいのでは

M6が出たばかりだったので不意をつかれました。
M6の倍率を上げるか据え置くか最後まで迷っててどちらも出すことにしたんですかね?

こうなると、M6のレンズをM5と同じ画角のものに変えただけのM6Aを出してほしいですね。

M6のボディーにM5のレンズを載せてくると予測してたんですが、意外にもバッファ増加とプロセッサの変更だけのようですね。それで11万ですか・・・。

S-Log3, HLG, HLG1, HLG2, HLG3を搭載し、AF性能やファインダもM6と同等にしないと魅力半減です。

どうしたんでしょうね。いささか楽しくない。

RX100シリーズも高値維持ですね。というか高すぎ。
1インチコンデジに10万も払えません・・・

なぜPlayMemories Camera Appsのような便利な機能が無くなったのでしょう。
魅力半減です。

珍しいアップデートです。BIONZの更新がメインみたいです。タッチパネルが乗れば魅力的でしたね。RXシリーズも世代が増えてきたので古い機種の整理をやるんでしょうね。

最新機種でないと買わない層も一定数いるので別路線のM6発売直後にこういうのを出すのもアリでしょう。

すでに言われていることですが、
M6のレンズをM5のものに差し替えたものが
ユーザーが求めているものだと思います。
M5Aにはメーカーの都合が見え隠れして、中途半端さが否めません。

Playmemories Camera Appが無いというのは痛いですね・・・
単にAFや動画撮影性能の向上によるやレスポンスの向上以外に、不正アプリの影響もあるとは思うんですが、α9以降発売された一眼ミラーレスは軒並み外して、まさかサイバーショットシリーズまで外してしまうのはちょっとどうかと思います。

M5AよりもM6買うか、中古でM5を買うかという選択肢を選ぶ人が多くなりそうな感じがします。

>DSC-RX100M5A
深読みすると、M5AのあとにはM5Bが来たりするんでしょうか?
私ならば、低照度に強いM5Sが来て欲しいですw

プレステの型番みたいですね<M5AのあとにはM5B

α7Ⅲ系でも言われているんですが、PlayMemories Camera Appsが削除されたことによって、タイムラプスや比較明合成といったカメラ内で出来た方が絶対に便利な上に、他社も当たり前のようにカメラ内に搭載している機能が省かれてしまったんですよね。
アプリ追加機能を省くなら省くで、せめてタイムラプスや比較明合成のような機能はカメラ内に標準で搭載すべきだったと思います。
α7Ⅲは各方面でベタ褒めされていましたけど、レビューしていた人達の中にこの点を指摘していた人は殆いなかった気がします。

てっきりM6のようなスイッチ一発で使用可能になるポップアップEVFや背面モニターをタッチパネルにする為にM5AとしてM5路線ユーザーに応える為に出してきたのだと思いましたが正直これはガッカリですね。
内部的にM5AとM6じゃないと対応できないアップデートが今後あるのでしょうか。
そのときM5路線がM6の高倍率路線に大きく引けを取ってしまう為に救済措置として一先ずM5Aを出したのかM5のままでも十分優秀なのでM5以前の併売を続けるならソニーの狙いが今一わかりませんね。

RX100M4を今まで使っていて、Rx100M6を予約注文して入荷待ちです。
タイムラプスアプリは持っていますが、非常に使いにくく、4Kにも対応していないので、結局インターバルタイマーの連写でタイムラプス撮影しています。
電子シャッターで連写できるので、インターバルタイマーの方が使い勝手がいいです。
他のアプリも幾つか購入しましたが、結局使わずじまいです。
PlayMemories Camera Appsをなくすことは理解できます。

失礼、比較明合成ではなくインターバルタイマーですね。
そもそもインターバルタイマーを追加アプリとしたこと自体が疑問です。
α7Ⅲ使っていて、星を撮ろうとした時に非搭載なのを知ってびっくりしました。

わざわざこういう機種を用意したということはソニー自身も、
24-200mm F2.8-4.5と24-70mm F1.8-2.8は別路線という認識なのでしょうね。
それだけに24-200にRX100M6という型番を与えたことで、
今後の機種展開が分かりにくくならなければいいのですが。

要はソニーさんとしてターゲットとする顧客層がある、ってことなんだと思いますね。言い換えると、D850や7RⅢなんかを狙う顧客層ではない。まあ、一概には言えないとは思いますが。訴求ポイントが違うような気がしています。

RX100M6の暗いレンズと高倍率ズーム&NDフィルターは、仕様的にRX100シリーズじゃないような気がして違和感がありましたが、このRX100M5Aも中途半端ですね。
せめてポップアップEVFとタッチパネル液晶の機能は、M6に合わせて兄弟機として今後は2路線で行くことを明確にするべきだったような気がします。

マイナーチェンジといったところですね。
少ない開発費で需要を喚起しようといった意図なのでしょうか。
今回も全ラインナップ販売継続の方針でしょうかね。
そろそろラインナップの整理も必要かもしれません。

記録用のお手軽高画質カメラを探し出た時にM6を知り衝撃を受けて欲しくなったものの、店頭で試してみてやっぱり手が大きい自分にはちょっと持ちづらくて、

「あー、標準域は問題ないけど200ともなると手振れしやすいなー、下手な自分には宝の持ち腐れだなー、
このEVFのワンタッチポップアップとタッチパネルのあるM5があればなー、来年以降のM7に期待かなー」
とか思ってたら目に飛び込んできたM5Aの文字。

まじか!さすがソニー!買う!と思ってよくよく情報見るとタッチパネルもワンタッチポップアップEVFもなし。
しかも半分くらいはソフトウェアアップデートレベルなのではという内容ですよね。
既存の100M5無印ユーザーにも何かしらのアップデートがかかるといいですねぇ。

ハードウェアは据え置きでソフトウェアを更新したといったところでしょうか。
過去モデルも併売するRX100シリーズだからこそ、こういった製品展開が出来るんですね。

結構初代もしくはmk2を現代の機能にアップグレードしたRX100 ⅡA(仮称)の需要はあると思うんですけどね。
75㎜相当では足りなくても100㎜相当ですと寄りが足りなくても諦めが付きますので。

M5のままレンズ据え置きより、換算1635バージョンも出して欲しかったな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新製品に関する未確認の噂」です。

次のブログ記事は「ニコンの新しいミラーレスカメラは24-28MPのBSIセンサーを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る