富士フイルム「GFX 50R」の価格は約4500ドルで発表は9月25日?

Fuji Rumors に、富士フイルムの新しい中判カメラ「GFX 50R」のスペックと価格、発表日に関する信憑性の高い情報が掲載されています。

Fujifilm GFX 50R Coming September 25 for Around $4,500

  • 富士フイルムGFX 50R は、9月25日のニューヨーク時間で午前7時30分に発表される。GFX 50Rの価格は4500ドル前後で、この情報は信頼できる複数のソースによって100%の裏付けが取れている。最終的な価格はまだ判明していないが、4500ドル前後という価格から大きくは変わらないだろう。
  • GFX 50R についてこれまで分かっていたのは次のことだ。

    - レンジファインダースタイル
    - ファインダーはEVFのみ

    そして、いくつかの新しい情報がある。これらは全て信頼できる情報だ。

    - 2方向チルト式モニタ(GFX 50SやX-T3のような3方向ではない)
    - デュアルSDカードスロット
    - ボタンレイアウトやジョイスティックなどはX-E3に似ているが、X-E3と異なりMCSスイッチがカメラの背面にある
    - 冷却ボックスは無い(冷却ボックスとはGFX 50Sのモニタの裏にある四角い部分のことだ)

fuji_gfx50r_002.jpg

GFX 50Rの価格は約4500ドルということで、GFX 50Sに比べると大幅に安くなりそうです。この価格は、フルサイズミラーレスのハイエンド機と1000ドル程度の違いなので、フルサイズミラーレスを検討していた人の一部はこのカメラに流れるかもしれませんね。

GFX 50RのファインダーはEVFのみ(光学ファインダーはなし)で、操作系はX-E3と似ているということなので、X-E3の中判バージョンのような位置付けのカメラになるのかもしれませんね。

2018年9月 9日 | コメント(18)

コメント(18)

GFX50Sのモニタ部分の出っ張りはバッテリーを収めるためと思っていましたので冷却ボックスだったというのは初耳ですが、厚みというか奥行き寸法が小さくなってるなら大歓迎ですね。
コンパクトで安価にするために冷却機能を極限まで削って動画機能がシンプルになるならいくらでも受け入れます。
ハイアマ向けのフルサイズ機と同等の価格ならここに来て中判がブレイクするかもしれませんね。

これはすごい
ニコンZ7+NOCTやキヤノンEOS R+F2通しはレンズがとても高価でしょうから、こちらを選ぶというユーザーも増えるでしょうね

プロセッサーは先日発表されたT3と同じになるでしょうね。
4500ドル前後ということは、ニコンのZ7の価格帯(ボディ)と良い勝負になりそうなので、商業プロカメラマンの人達には良いニュースですね。

すぐには買えませんが、とても夢がありますね。プロセッサーが新型を使っているとすると50Sよりきれいな絵が出てくることもあり得るかもしれませんね。1年ぐらいたって40万円ぐらいになったら、結構こちらに流れる方が増えるような気がします。

何気にAF/MFセレクターが背面に・・・という情報が凄く気になります。
フジはMFが非常にやりやすいし良いレンズも揃ってるので、パナソニックや旧ミノルタのようにAF-ONの周りや近くにあったら鬼に金棒になるのにと常々思ってました。新情報期待しちゃいます。

ソニーがフルサイズミラーレスを先取りしたように富士もライバルがいない内に地位を確立すれば将来の情勢も変わってくるかもしれませんね。

GFXはフルサイズにクロップするモードが追加されましたし、マウント情報も公開されていて各社からマウントアダプターが出てますから、フルサイズのレンズ資産を生かしたままGFXへの移行が可能でしょうね。
レンズも高い高いと言われてますが、CNの高グレードレンズとあまり変わらない値段ですし。

シグマがGFX版のMC-11を出してくれるとありがたいのですが…現状でもArtラインの単焦点はそのままクロップせずで使えますしね。

フルサイズミラーレス、予約しているものの熱が冷めかけてるところですので、自分もこちらに移行するかもしれません。動きものは撮らないし、この価格で中判デジタルが手に入るならむしろいいかも。

風景撮るのに50S、いいなぁと思いながら価格で二の足踏んでたので、この程度なら買う事を正当化しちゃいそうで危険です。カメラ買ってもレンズも高価なのを忘れたらタイヘンなんだけどね。結局、ボディとレンズ3本で100万円コースなんですよね。現在、SONYα7RⅢで満足してたはずなんたけど。NikonとCanonのミラーレスには購買欲が湧かななかったから良かったのに。大きくない望遠ズームが出たら、一気に買ってしまいそうです。

67 645レンズの母艦にいいね

50R、50SのX-E3バージョンとのことでかなり期待します。
後ろの出っ張りがない、走査計がE3系統とのことで、これで600g台の軽さがあれば、価格的にも、フルサイズミラーレスを回避して50Rに傾く人もおおいのではないでしょうか?
かくいう自分は傾いています。

GFXはFF相当の画角へのクロップモードもありますし、オールドレンズの母艦として最適だと思っています!
ただ、世の中の興味はIBISなんですよね~。
中判とオールドレンズを切り替えて使える軽量ボディとして唯一無二の存在はかなり貴重かと思うのですが…

中望遠では必要だとは思うのですが、正直、標準域の焦点距離でIBISの効果ってどの程度必要なのでしょう?
その辺り検証した記事やレポートがあったらどなたか教えて下さい。

中判センサーの暗所耐性は顕著ですから
画素を若干抑えてAFと連射性能を高めたモデルが出れば
F4で十分使い物になりそうですし面白いことになりそう。
ボディとレンズのバランスもいい感じでしょうし。

まだまだ価格は高いなという印象ですが、中判センサーのミラーレスカメラの選択肢が増えるのはいいことですね。
本件とは直接関係ないですが、「中判(ちゅうばん)」に変わるかっこいい呼称もしくはキャッチコピーがあるといいなとよく思います。よいものであっても一般受けしないと売れないですからね。

画素数が50Sから据え置きとすると、135フルサイズでクロップすると3000万画素なんですよね。
BISもないですし、135用のレンズ内手振れ補正やAFが正常に動作しないとなると、レンズ遊びの母艦としてはαやZなどの135用フルサイズミラーレスと比べてほぼ意味がない。
漠然と50Sの導入を考えたことがあったのですが、やはり中判用レンズを用いて中判として使って初めて意味があるのかなと思いました。
その点で小型低価格化は大きく存在価値を高めるような気がします。

50sユーザーから一言。
ファインダーはEVFのみ(光学ファインダーなし)の表記がありますが、あれ!50sって光学ファインダーでしたっけ?
むしろ、アクセサリーのファインダー用のEVFチルトアダプターを重宝しておりますので、共通性があるかどうか気になります。

「光学ファインダーはなし」はX-Pro2のようなハイブリッドファインダーではないという意味です。

X-E3と同じ操作系という事は十字キーがないのでしょうか……そこだけが不安ですが、非常に魅力的で気になる存在です……!

NIKONファンではありますが、Z7が期待していたほどではなかったので、私もフルサイズミラーレスを回避して50Rの方にちょっと傾きかけていますが、そうなるとマウントアダプターはどうなるのかという事になって悩みますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年9月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのフルサイズミラーレスは自社製のセンサーを採用?」です。

次のブログ記事は「ソニーのグローバルシャッター搭載の新世代センサーが公式サイトに掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る